動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2008/5/16

ケダマ犬 ケダモノ人間 A  

「歩ける!」横にいたペリさんの目が輝いた。

「なんとかなるかも・・・」

しかし、ペリさんが顔を捜そうと(どこが顔かわからない)被毛を触った瞬間、彼女は激痛な悲鳴をあげた。

収容期限がまだ数日残っている、こちらは譲渡を希望できない。

帰宅後代表と深夜のメール合戦。検疫は絶対無理だ。
体力はもうない。排泄もすんなりいかない。
フロントラインも効かない。
特例でセンターから、期限を待たない引取の許可をもらった。

急ぎ、あんなさんが車を飛ばす。

キャリーに入れるのも大変だろう。どうしたって体は痛い。ちょっと動けばそれは激痛となって彼女の体の痛みになる。キャリーの中には外に這い出た蛆虫がウヨウヨしている。

死なないで欲しい。助かって欲しい。もう一度生きなおして欲しい。
あんなさんは泣きながら車を運転してきた。
クリックすると元のサイズで表示します
今度は私にバトンタッチ。
私は車を飛ばして病院へ向かう。鎮静をかけてもらって丸刈りにしてもうらおう。
  でも・・・
病院へ到着したが、彼女のガリガリの体に麻酔は打てなかった。
麻酔で死んでしまうかも知れないと・・・

代表が急ぎ病院へ駆け付けた。もうこのままカットするしかない。
ハサミも中々入らない毛玉に慎重にカットを進める。ちょっと切るとそこから蛆虫が湧き出てくる。代表はピンセットで蛆虫をひとつづつ取り上げる。私も割り箸で蛆虫をつまみ出す。
塩素を張ったバケツに蛆虫を落としながら、慎重にカットを進めて行く。
クリックすると元のサイズで表示します

続く・・・
24



2008/5/16  23:22

投稿者:マロロ

私もここまでひどい状態の犬は見たことがありません。
人間のやる事じゃありません、ケダモノです。
可哀想で涙が出ました。

2008/5/16  19:47

投稿者:まるママ

小梅さん、勝手ながらこちらのブログをリンクさせていただき、
文章を一部お借りしてこの経緯を私のブログでも紹介させていただきました。
こんな事実があるって事を少しでも多くの方に知っていただきたくて・・・
事後報告ですみません。

でも・・・今だから言えますが・・・
本当に良かった。
触るだけで悲鳴を上げるほどの激痛に耐えながら
殺処分にならなくて、助けてもらえてよかった!!
この姿のまま、ガス室に送られていたとしたら。
考えただけで震えてしまいます。涙が止められません。


http://ameblo.jp/maru-bell/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ