.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
Do-Canさん>

>周りの人たち

基本的にほぼ全員が良い人、善意の人でした。
(一部そうではない人もいましたが)

心配なのは東根さんの健康問題ですね、これが悪い方向に行ったら、それが一番優里を悲しませる事になります。
今や東根さんは優里の大事な家族なのですから。

エトセトラの方、是非!
投稿者:Do-Can
>優里の想いを東根さんに通じさせたのは良かったと思います。
もうね、東根さんが一部女性陣とHしたり付き合ったりするたびに優里ちゃんに対し罪悪感を感じてしまう俺としては、嬉しい結末でしたよ(笑)(不倫はアレとして別に悪いことをしてるわけじゃないのですが)
前半の頃は、「この手の話で保護者・父親目線が崩れるわけがない」と、そういう部分では期待してなかったんですけどねー(笑)

優里の母親にそんな情状酌量の余地のある事情が・・・→嘘でしたー(笑)(現地のおばちゃんの気遣いでしたー)というのは、ご都合なだけの世界じゃなくてよかったと思います。優里ちゃんの目にこれ以上汚いものを見せないであげて!
作中では周りの人たちで十分やさしい世界に触れてましたけどー。

>「社畜と少女のエトセトラ」
おおそうでした。読まねば!
投稿者:管理人
Do-Canさん>

この記事を覚えて頂けていたとの事、ありがとうございます。

本作ですが、途中からは掲載誌の電子書籍版で読んでおります(発行後しばらく経つと定額読み放題版が読めるようになる)

優里の想いを東根さんに通じさせたのは良かったと思います。
多少(だいぶ?)都合の良い進行が終盤に有りましたが、それを突っ込むのはヤボってもんでしょう(笑)

なお、掲載誌の方では後日談等の外伝的エピソードも数話掲載されています。
こちらは単行本では本編と別の1冊になっています。
「社畜と少女のエトセトラ」

もしこちらをまだお読みでなければ是非お読みください、周囲の人たちも含めた真のフィナーレが収められています、
投稿者:Do-Can
は〜、やっと読み終わった。空いた時間でちょこちょこ読んでたら3ヶ月ぐらいかかった(笑)

たまたま読み始めたんですが、読み始めてから「そういえばこちらで紹介されてたな」と思い出し、「全部読み終わってからあらためてここを読み返そう」と思っていた次第。

上記記事を書かれた時点では完結してなかったわけですが・・・その決着はいかがでしたか?
俺としては文句のないところですが、賛否ありそうな・・・と、管理人さんが最後まで読んだかわからないので多くは語らず。

終盤の時間経過がさくさくで寂しかったけど、物語として仕方ないか。

優里ちゃんが可愛くてしあわせな1800日+αでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ