.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
ありさん>

ああっ、投稿頂いているのに気づくのが遅れてしまい申し訳ありません!

トリガー作品のレギュラー声優陣は良いですね、特に新谷真弓さんはお気に入りです。

作品としては、まあこの長さで丁度良かったんじゃないかと。
もしこれがもっと長かったりシリーズものだったりしたら暑苦しいです(笑)

冗談はともかくとして、勢いで見せる演出が多いですから短くまとめた方が効果的だと思います。
投稿者:ありさん
こちらもガルパンと同日に見てまいりました。
存在を知らなかったのですが、こちらの記事を見て気になったもので。
内容としてはまさに記事の通り。グレンラガンでもありキルラキルでもあり。
そして女性も多かった!主演の俳優さんのファンなんでしょうかね。ガルパンが男性だけだったので尚の事印象深かったです。

感想としては、割とどの陣営にもモヤモヤしてしまい、作品のテーマとは裏腹に、気持ちが不完全燃焼でした。

良いとこを挙げるなら、戦闘妖精雪風の頃から堺雅人氏のアフレコは好きだったので、今回も堪能出来たなあと。
後、トリガーお馴染みの声優さん達も良いお声でした。
トリガー作品は好きなので、また次回に期待します。
投稿者:管理人
鳥さん>

確認しました。

事の真偽はともかく、たとえば「ある日突然未知の宇宙人が強大な戦力で地球を侵略、地球上のあらゆる軍隊の兵器は全く歯が立たず人類は滅亡の危機に」
こんな設定の作品は枚挙にいとまが有りませんね(笑)

「天国への階段」のパクリ騒動みたいなもんでしょうか?
いや、ZEPは他にもモロパクリ多いし(笑)
そのZEPもパクラレてますしね(笑)

「キーがAmだからこの曲はあの曲のパクリ!」ってなっちゃいかねませんね(笑)

今回も訴訟とかになっている様子も無いですし・・・

情報ありがとうございました。
投稿者:鳥
某漫画家さんが設定を盗まれたとか、盗まれてないとかで……

確かにキャラデや設定が似ているような、似ていないような

でも海外ドラマなんかでは、よくある設定のような気も……
投稿者:管理人
鳥さん>

ええっ?そんなに話題になっているんですか?
この記事にそんなに闇を感じさせる記述が・・・あわわわ、自覚が無いです(汗)

寄せ集めと言うよりも「集大成」ですね。
ある意味で、今石洋之監督+中島かずき脚本だと「絶対にこうなる」と断言できる作品です。
投稿者:鳥
ちょっと待ってください
今色々と話題の映画が師匠のブログを読むと
色々なものの寄せ集めであって、さらに…
闇が深すぎるような…

熱狂的なファンがあれこれしている傍らで、
師匠のブログを読んだら…
やっぱり闇が深い…
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ