.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

>園田光慶先生の名をここで見るとは!

思わぬ反響の大きさ(?)に私も驚いております(笑)

私自身は「赤き血のイレブン」はアニメを見た事があると言う記憶と、ヒットコミックス版「ワイルド7」単行本の巻末に広告が有るので知っていると言う程度です。
私の中での園田先生は本記事で挙げた「あかつき戦闘隊」での存在がほぼ全てですね。

70年代の少年誌での筋肉描写は川崎のぼる先生が一番印象に残っています。
劇画系の描き込みと漫画のデフォルメのバランスはさすがに巨匠です。
投稿者:飛鳥天平
園田光慶先生の名をここで見るとは!
「赤き血のイレブン」の原作版は、テレビアニメとはキャラ設定もストーリー展開も全くの別物でした。特に理事長の息子が…。
物語後半から急に駆け足&作画崩壊した不思議な漫画でした。

「聖マッスル」は異常過ぎて「地上最強の男・竜」と当時の少年マガジンの二大巨頭でしたね。あんなパワフルな狂った劇画は今では無理でしょうね。少年チャンピオンで連載していた「格闘士ローマの星」がノーマルに見えるほどです。
投稿者:管理人
犬甲子園(ザ・サードマン)さん>

>赤き血のイレブン

アニメ化もされていましたね、見た記憶は有りますが、再放送だったかも?

>大脱線

元記事からして脱線転覆当たり前ですから(笑)
それに元記事で話題にした「あかつき戦闘隊」
(この話題が出て来た時点で脱線です(笑))
作画は園田光慶先生ですので繋がっています、全く問題ナッシングです。
投稿者:犬甲子園(ザ・サードマン)
永井センセのアイアンマッスルは失念いたしておりました、申し訳ございません。 というか存在は知っておりましたが読んでませんでしたの。
ワタクシのリアルタイム園田先生作品は「赤き血のイレブン」でしたね、園田先生がまぼろし探偵(ワタクシの大好きな川崎ゆきお先生の「猟奇王」にマスクが似ている)で有名な桑田次郎先生の代筆をしていたとは知らなかった・・・://www5d.biglobe.ne.jp/~mangaya/kuwatatosonoda.htm

申し訳ない、大脱線です
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

水島監督のギャグ路線だと、「侵略!イカ娘」と「よんでますよ、アザゼルさん」と言った硬軟両方向が印象的です。
しかし水島監督は「硬」に振り切っちゃうとヤバいからなぁ(笑)

個人的には「ウィッチクラフトワークス」の続編を期待しています。
出来ればKMM団成分を多めで、どうせなら100%でもいい!(笑)

犬甲子園さん>

「アイアンマッスル」が永井豪先生でない所が実に貴殿らしい(笑)

「聖マッスル」は確か週刊少年マガジンだったと思うのですが、場違い感の強さは一周廻って強烈な印象でした。
印象は強烈なのですが、内容はサッパリ判りませんでしたし覚えてもいません(汗)
投稿者:犬甲子園
園田先生のアイアンマッスルとふくしま正美先生の聖マッスル(教授的には女犯坊かな)を70年代当時に間違えたのはワタクシです
投稿者:飛鳥天平
水島監督には「ハレのちグゥ」とか「撲殺天使ドクロちゃん」みたいな暴走ギャグ路線で突っ走って欲しいと思う私はもう古いんですかね…。
「監獄学園」も良かったけど、最近の水島さんは落ち着きすぎですね。
投稿者:管理人
Do-Canさん>

嗜好の傾向バレバレですね(笑)

しかし皮肉な事にこの手の「嗜好ドンズバ」と思われる方向性がちょっとズレてツボを外すとたちまち憎悪の対象になったりします(汗)
最近の作品だと「ビビオペ」や「はいふり」がまさにそれです(汗)
「イゼッタ」はむしろ惜し過ぎて怒れなかった(苦笑)

水島監督のオリジナル作品は時々すがすがしいほど外す印象も有りますから・・・キャラデザの雰囲気的には「迷家」を思い出してしまいます(爆汗)

こんなネガな印象を払拭してくれますように。
投稿者:Do-Can
どういう結果になるかわかりませんが、「管理人さんの興味を引くような作品だなぁ」と思ってました(笑)

おもしろいものになることを願ってます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ