.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

「ロードレオン」は忘れた頃にCSで放映していると言う印象です(笑)
当時は何でもOVA化と言う雰囲気で、様々な作品がリリースされましたがそのせいでクオリティに問題がある作品が多かった印象です。
(個人的に「何コレ?」と言うレベルでガッカリだったのは「アウトランダーズ」かなぁ)

「超人ロック」本記事中でも話題にしたコミックウォーカーで最近の作品を公開していました。
ロックが年を取らないのはこの世の理ですが(笑)画風が殆ど変っていないのが凄いな、と。

焔星さん>

レコード、いろいろな作品で有りましたね!
いわゆるイメージアルバム的な作品だと、個人的には「クイーンエメラルダス」が印象に残っています。
比較的頻繁にラジオドラマにもなっていました(エメラルダス役は田島令子さんだ!)

そう言えばエメラルダスも映像化に恵まれない作品だなぁ・・・
TV版の「キャプテンハーロック」では権利関係からエメラルダスの名が使えなかったり・・・

現在ではメーテルの実姉と言う設定になっているんですよね。
CVもお姉ちゃんこと井上喜久子さんですので、これはこれで(笑)
投稿者:焔星
超人ロック、映像化以前に音楽集みたいなレコード(!)があったんですよね。確かグイン・サーガにもあったなぁ。
懐かしかったのでコメントしてしまいました。
投稿者:飛鳥天平
「超人ロック」の映画版は初日に観に行きましたけど、なんだか評価に困る出来でした。観ていて全然盛り上がらないというか、怒りがこみ上げるというか。ヤマキ長官本能に正直すぎるだろとか。
同時上映の「未来少年コナン特別編 巨大機ギガントの復活」が、これまたやっつけ仕事の典型で俺の怒りは爆発寸前。

OVA「ロードレオン」も、なんだかツボを外しまくった演出と劣悪作画で…。

やっぱ「超人ロック」は漫画が一番!まあ、外れエピソードもないとは言えませんが。
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

そうそう「忍者キャプター」はキャラクターデザインにも関わっているんですよね。
あと、ちょっと調べたら「ザ・カゲスター」も描いていたようですが、これはコミックスじゃなくて幼年誌向けの挿絵なのかな?
影男&鈴子の役者さんのイメージが全く反映されてなくて却って潔いかも(笑)

しかし聖悠紀先生、肝心の「超人ロック」は映像化に恵まれない印象です・・・
投稿者:飛鳥天平
「忍者キャプター」は番組自体のキャラデザインもやってますしね。後の「超電磁マシーン ボルテスX」「闘将ダイモス(テレビランド連載)」のキャラデザに繋がる仕事だったんでしょうか。
一話分だけ「快傑ズバット」も描いていて、アニメージュコミックス「忍者キャプター」全2巻に収録されてますが、現在では中古でも手に入りにくいかも。
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

そうです、テレビランドに連載されていました。
連載自体数話で終わっていて、別冊での読み切りが1〜2話あった程度です。

その読み切り(オリジナルエピソード)が数年前「ハイパーホビー」に掲載され、それを入手しております。
もしかしたら原稿ではなく掲載誌から起こしたものかも?

キャラデザが少女マンガで、メカはシンプルな描線でスリムなシルエットと、かなり雰囲気が違います。
(最初は戦艦大和の模型を参考にしていた為に艦体の断面形状が四角かったらしい)

この頃、聖悠紀先生は他に「忍者キャプター」や「コンドールマン」のコミカライズも手掛けているんですよね。
いずれも読んだ事は無いのですが、ヤマトよりかはそれらの方が合ってそうな気はします。
投稿者:飛鳥天平
ひょっとしてテレビランドに連載されていたアレ?沖田十三の目「だけ」が妖しく光ってるヤツ?

テレビマガジン派だったので飛び飛びで読んでいたんですが、なんか完全に別物だったような…?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ