.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
たぬきさん>

70年代末のヤマハBBやSBは私も所有していて良く手にする楽器です。

ピックガード付きのBBやSBですが、ピックガードの下に加工用の位置決め穴が開いている上、BB800や1000に至ってはPUがピックガード取付ですのでピックガード無しにしづらいですね。
投稿者:たぬき
高校生になって飼ったヤマハSB-500黒(所謂花ペグSB)を2年程の頃に発作的にピックガードを(フロントピックアップの真横を)ノコギリで切断しましたです。
お子ちゃまの雑な作業故に見た目余りよろしくはなかったところ、
ガシガシと力の限り弾いていたためフレットの消耗がひどくなって打ち変えに出したらサービスでピックガード?をキレイに整形してくれました。
結局、次のメインにSB-1200S飼ったので、、、、
憐れフレットを抜かれエポキシを塗りたくった迄は良かったのですがなかなか平面が出ず実用化出来ずに長々と擦る羽目に

今も手元にありますがトラスロッドも締め切りネックも順ゾリがきつい試合終了状態。
ただ、音は太くふくよかで良かです。
投稿者:管理人
OCQさん>

まさにこの改造はリアルタイムで体験しましたよねー。

>「エレクトリック・ベース・ブック」(シンコーミュージック)に「ピックガード切断」ぽいプレベを弾く後藤氏の写真が載ってるのですが

確認しました!
そうそう、これです!ハギナチュでMXRのステッカーが貼ってあるの!!

>リアにPU付けてまた埋めてフレットレスにしてまたフレット打って

あれ?同一個体なんですか?(驚)
確かリアPU(お弁当箱ハムバッカー)を付けていたのは青い塗装だったと思いますが・・・
これらのPBが今持っているオレンジ色のPBな訳ですか・・・凄いなぁ、PB(笑)

>妙にやせたスティングレイ

スティングレイのボディシェイプが意外に丸っこいのだと言う事が良く判りますね(笑)
そしてPBとスティングレイのボディシェイプを左右で合体させたのがG&LのLシリーズなのです。
投稿者:OCQ
私も以前、PBのピックガードを切ったり、切るのがもったいなくて(笑)
薄板で作ったり、さんざんやりました。

実は手持ちの「エレクトリック・ベース・ブック」(シンコーミュージック)に
「ピックガード切断」ぽいプレベを弾く後藤氏の写真が載ってるのですが
よく見るとこれも切ったのではなく別材料から作ったようです。

このプレベなんて3回位リフィニッシュされ、リアにPU付けてまた埋めて
フレットレスにしてまたフレット打って(笑)現在も愛用されてますね。

最後の「不遇な一本」は「妙にやせたスティングレイ」に見えます(笑)
投稿者:管理人
鳥さん>

なるほど、そうするとその個体は72年のシリアルですが生産は74年頃と言う事ですね。

先日紹介した82年製(シリアルは79年)のザグリ加工には位置決め用の穴や逃げ加工のミゾが有ったり、もう隠れる所だけ残しての切断も出来ないような状態でした(笑)

>残念ながら

いやいや、Fenderの場合こう言った「良い所取りのコンポーネント」が出来る訳ですし、残念ではないと思いますよ!
投稿者:鳥
わが家の72年シリアルのPUが付いていたアルダーボディのPBが写真のモノになる前のザグリ加工でした。
確かに配線部の幅が写真の物より狭い。

残念ながら、このベースには、78年のジャズベネック、バルトリーニピックアップのついた、原形をとどめないベースになっています(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ