.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
Do-Canさん>

秋山殿がパンツァーハイ状態になる事うけあいのこのセンス、嫌いじゃありません(笑)
裏側がどんなデザインになっているかも興味が有ります(笑)
投稿者:Do-Can
://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20151222_736532.html
管理人さんの本命はもちろんこちらなんだろうなぁ・・・。
当たるといいですね(笑)
投稿者:管理人
ありさん>

>ガルパンにセクシー描写が無いのは英断というか必然というか

作画指示に「パンツ絶対見せません」と注意書きがされていたそうですね。

>仮面ライダーでダブルライダー揃った時の安心感と高揚感に匹敵

判ります(笑)

戦車としてはいささか(どころじゃない)古い形式でも、それがまたプリミティヴな魅力でして。
スペックだけが強さじゃないと言う辺りは、喩えに沿うなら旧1号2号を筆頭にストロンガーまでの昭和ライダーと言う所でしょうか。

記事はまた新しく書くと思いますので、是非そちらで3度目の感想を頂けると嬉しいです。

ところで「マッドマックス」今作は評価高いみたいですね。
私にも勧めて下さる方が複数いらっしゃいまして、気にはなっていたのですが結局未見でして。
上映はすでに終了していますが、映像ソフトがリリースされているのでそちらで観ようかな?と思っております。

実はマッドマックスでもちょっとネタがあるので後で記事にしようと思います。
投稿者:ありさん
この作品、構成のお手本だよなと思います。
開始早々の戦車戦。
そこから状況を二転三転させてがっちりと作品世界に引きずり込んで、からのお風呂。
ただしちっとも、いやらしくない。
ガルパンにセクシー描写が無いのは英断というか必然というか。ここらを語るとわき道にそれるので又次回に。

ほっと一息ついてからの、更に大きな状況の変化。
ここで、大洗側のキャラクターを丁寧に描いている事で、主人公サイドに感情移入させる。
しかも、退屈にならないよう、要所要所で「驚き」を入れる。
サンダース付属が戦車を運んでくるシーンなんて、まだ何も問題が解決したでも無いのに希望を感じさせる、名シーンですね。好きです。
落ち込む描写を描きすぎるのは、観客を疲れさせてしまいますから、そうならないように本当に丁寧に作ってあると感心します。

過去の敵が味方として駆けつけるシーン、ってのはお約束でありつつも、燃えますねえ。
仮面ライダーでダブルライダー揃った時の安心感と高揚感に匹敵します!というのは褒めすぎ?(笑

とにかく、ひたすら戦車戦なのに、緩急自在で飽きさせない。疲れさせない。
徐々に状況を緊迫させ、観客を上手に緊張へと導いて、一気に無言のラストバトル。
まさに、固唾を呑んで見入らせて、劇的な決着。緊張がどっと弛緩に変わり、大団円。
名人芸ですね。
中盤まで温存していた観客の体力を、使いきらせて帰す感じ。もうおなかいっぱい、大満足、となります。

すっごいなあ。
こんなの、書いてみたいなあと思ったりします。

今年は映画の楽しさに目覚めた年でした。
マッドマックスを4回視聴。これは死ぬまでに後何度も見返すと思います。
一回しか見られませんでしたが、キングスマンも実にいい馬鹿映画でした。
で、今年の締めくくりがガルパンになりそうです。3回目は、今度の火曜日にでも行くとしましょう。
見てきたら、また感想書かせてください(笑
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ