.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
鳥さん>

手塚先生、スポーツ物を描く事が出来ないと言うのがコンプレックスだったフシもありますね。
当時流行のスポ根物を読んで「これの何処が面白いのか教えてくれ」と言ったとか。

このコンプレックスが現われたのが「四谷快談」ではないかと思っています。
怪談物と言う意味でも、それに当たるかなぁ?

「三つ目がとおる」手塚先生は和登さんを描いている時が一番ウキウキだったのではないかと思います(笑)
特に凌辱系の描写は手塚先生の性癖の表れだと思います(アトムもかなり被害に遭ってる)

そう言えば、手塚先生のアシスタント出身の寺沢武一先生は編集者の「スポーツ物は描けないでしょう」と言う挑発めいた言葉から「コブラ」のラグボール編を描いたと言う逸話を思い出しました。
投稿者:鳥
「一番病」にはモデルがいたのですね。

手塚先生だと「三つ目がとおる」も、悔しさ半分の連載だったような気がします。
掲載誌も水木先生の後の「少年マガジン」というのも…

やっぱり一番病だったのかもしれませんね。
投稿者:管理人
飛鳥天平さん>

手塚先生だと「どろろ」が水木しげる+白土三平に対抗心剥き出しで作ったのではないかと思っています。

「鬼太郎」アニメ版だと一番最近の物で猫娘が可愛い系のキャラデザになっていてビックリでした。

でも実は「怪物ランド」のネタで平光琢也が鬼太郎、赤星昇一郎が子泣き爺「夢見るぞ」郷田ほづみがねずみ男と言う配役が一番可笑しかったです。
赤星昇一郎の子泣き爺は月曜ドラマランドでもキャスティングされたハマり具合でした。

改めまして合掌。
投稿者:飛鳥天平
手塚先生は、一旦相手を貶しておいて
「俺だって描けらぁ!」
と自分流にアレンジして描いちゃう人ですから、妖怪モノだって劇画だって描いちゃいます。

水木先生の代表作は「ゲゲゲの鬼太郎」なんですが、実は私は纏まった形で読んだことがないんです。1971年のカラー版アニメ第2シリーズが強烈に印象に残っているけれど、これは東映動画のパワフルな演出によるところが大きいワケでして。

合掌。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ