.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
鳥さん>

いえいえ、パイオニアと言えば元々スピーカー屋ですから、御父上は良く判ってらっしゃったのではないかと。

私の世代だと、パイオニアのスピーカー=高中正義のCMかも知れません(笑)

ヒューケトだと、ベースアンプよりギターアンプのイメージの方が強い気がします。
ハイゲインのディストーションギターでザリザリゴリゴリした音色と言う先入観が刷り込まれています。
あと、クロムメッキにクリアアクリル板と青色LEDと言うイメージですね(笑)

15インチ1基+10インチ2基が1つに収まったキャビを試奏した事がありました。
しかし試奏した記憶は有っても、あまり印象に残っていません。
気に入ってたら買っていたでしょうから、まあそう言う事ですね(苦笑)
投稿者:鳥
その後の親父の愚痴は「パイオニアにしとけばよかった」です(笑)
生粋のマニアではなかったのでしょう(笑)

ネオジウムはヒューズ&ケトナーのQUANTUMというアンプに使われていたのですが、
キャビネットを変えたら、アンプは素晴らしかった(笑)
スピーカーにネオジウムを使ったのが、短命に終わった原因だと思っています。

そのうちスピーカーを変えてやらないと…
投稿者:管理人
鳥さん>

>ジムラン

個人的には「年寄りの証拠」だと思っています(笑)

ユニット本体はもう新品では手に入りませんが、リコーンキットは手に入るので修理しながら使い続ける事が出来るようですね。

しかし鳥さんの御尊父もまたマニア(?)だったようで羨ましい限りです。

>ネオジウム

個人的に受けた印象としては、小音量だとそれほど気にならないのですが、大音量になってオーヴァードライヴが掛かった時に何か期待と違う立ち上がり方をする気がします。

この辺は多分オーディオ的には良くなっている筈の部分が耳に慣れていない事が原因なのかなぁ?と思います。

とは言え、目隠しで聴き比べたら自分には判別出来ないスパシーボレベルの話だと思いますが(笑)
投稿者:鳥
>「ジムラン」
知らなかった(笑)
素人の癖にオーディオスピーカーは、JBLだったり…(笑)
親父が四苦八苦してコーン?を修理していたのを思い出します。


>ネオジウム
寝ぼけた様な音が好きになれないんですよね…
あの音が主流になるんだから、自分も年をとったんだな実感しています。
最近は15インチスピーカーにハマってるから、時代と逆行しているのかも(笑)
投稿者:管理人
鳥さん>

さすがご存知で(喜)
Fenderアンプ、70年代中ごろまではJBLが純正orオプションで採用されていました。
しかしBASSMANは元々ジェンセンが使われていて、それはレオ・フェンダー自身がジェンセンにオーダーしたカスタム仕様だったそうです。

ちなみに、オーディオ方面でJBLを「ジェービーエル」と呼ぶと素人扱いされるそうです。
JBLは「ジムラン」と、創設者のジェームス・バロー・ランシングの名前を略して呼ばないといけないと言うしきたりがあるそうです(笑)

キャビの軽さもさることながら、ネオジウム等の軽量マグネットのスピーカーが結構な影響があるかも?と思います。
今は軽快で分離の良いスピード感のある音が主流で、空気をぶん殴って大地を蹴り飛ばすような重量感のある音はなかなか聞けなくなってしまったと言う気がします。
投稿者:鳥
FenderでもEVが使われていた時代があったのですね(驚)
70年代のFenderというとJBLなども使われていたような…
いま考えると夢のような時代だったのかも

キャビの影響も大きいのですね
いつの頃からか。キャビネットが軽くなってから、
音も軽くなったような気もしないでもないんですよね…
投稿者:管理人
鳥さん>

規格とか有るのかなぁ?とは思いますが、この位は誤差の範囲内かも知れません。

EVの15インチ、口径から連想する印象よりも華やかな気がします。
キャビにもよるかな?と思うのですが、それはすなわちキャビ次第と言う事かも。

そう言えば、70年代後半のFenderアンプはEVが純正(追加チャージのオプション?)だったようですね。
投稿者:鳥
お疲れさまでした。
スピーカーユニットもポン付けとはいかないんですね…
エレボイの15インチは、他社より高音域が出るような印象があります。
ブラスマスターとの相性が気になる所です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ