.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
ECHO&MIKEさん>

>ヒステリカが「もう1人のエンブリヲ」になってしまったのでは

この辺は突っ込んでみて欲しかった所ではありますが、まあ些末な事と判断されたのでしょう(笑)

>シルヴィア

元々の性格が結構獰猛なようですし(笑)
ソフィア皇后の今際の言葉「生きるのです」がアンジュを支えたように、アンジュの別れ際の言葉「戦いなさい」がシルヴィアの支えになっているのでしょう。

>彼女はシルヴィア付きの筆頭侍女なのかも?

さらにモモカの姉妹、あるいは荻野目家の血筋と言う可能性を妄想します(笑)

>ペロリーナの中身

他のシーンとダブっていない名有りのキャラだとするとミスティ?
こちらの世界に来ている理由が無いですが、ペロリーナの中の人としてはキャリアがある方ですし、即戦力ですね(笑)

>気分良く見終われるラストで良かったです

これに勝る物は無いです、本当に大団円で良かったと思います。
投稿者:ECHO&MIKE
マナ世界のその後ですが、次元融合が為されず世界が破壊されてなかったとしても、アウラがいなくなってマナの光が無くなれば早かれ遅かれヒャッハーな世界になっていただろうと思います。
あのシルヴィアは、3話で過去の自分と決別して髪を切った後のアンジュと同じなのかも。
アンジュにはエアリア選手という下地がありましたが、それまでの車いす生活からあそこまで一気にワイルドになれるのはうちに秘めていたものがアンジュ以上だったと言う事…なのだろうか。
あと、ちょっと気になったのはシルヴィアの後ろにいたメイド。
モモカはアンジュ専属でしたから、彼女はシルヴィア付きの筆頭侍女なのかも?
ネット上で同様の意見を見ましたが、「世紀末皇女伝説クロスシルヴィア」見てみたいかも。

エンディングでの各シーンですが…
ヴィヴィアンパパ?を見て皆が驚いている中で「あらあら」と言ってるだけっぽいエルシャはやはり強者だと思いました。
カラオケ対決のサラ子の衣装ですが、初出は2011年に発売されたインモラリストの初回限定版のジャケットとのこと。(ワールドエンドの庭は髪飾りの形が違う)
喫茶アンジュのペロリーナの中身が気になるところです。ネット上で見た限りではヒルダ説、ヴィヴィアン説、ミスティ説がありましたが…ポーズ的にはヴィヴィアンっぽい?

ああ、まだ気になるところがあるけどキリが無ーい!
正直なところ、どんな終わり方をするのか不安もあったのですが、気分良く見終われるラストで良かったです。
投稿者:ECHO&MIKE
最終回は極力ネタバレを踏まないようにして(100%は無理でしたが)、バンダイチャンネルでの配信をまっていました。

>ヒステリカのシステム(具体的にはコクピット内の様子)がイマイチ判らなかったのですが、

これなのですが、前回の時点では「ヒステリカにクローン細胞が仕込まれている」と考えていましたが、そうでは無くて実験でエンブリヲとヒステリカが次元の狭間に吹っ飛ばされた時に量子レベルで融合してしまい、ヒステリカが「もう1人のエンブリヲ」になってしまったのでは無いかと考えます。
(オリジナルのエンブリヲととヒステリカが一度融合して分離したのか、オリジナルが2人に分離して片方が融合したのか、平行世界のエンブリヲのうちの1人とヒステリカが融合したのか…いくつか考えられますが)
オリジナルがタスクと、ヒステリカがヴィルキスやクレオパトラと闘っている時に別々の意志があるような描写でしたので、「同じエンブリヲだが、別の者として動いている」のだと推測しました。
そして、ヒステリカが平行世界のエンブリヲを呼び出せると言う点は同意です。
ただし、「1つの平行世界に存在させられるエンブリヲは1人だけ」「オリジナルのいる世界には平行世界のエンブリヲは呼び出せず、オリジナルをワープさせる事しかできない」と言う事なのかな、と考えます。
(複数人呼び出せるのなら、8人ぐらい呼び出してタスクを取り囲んで四方八方から刀で突き刺せば楽に勝てちゃうと思うのですが、そうはしていないところからの想像です)
そして、平行世界にヒステリカを送り込んで別個体を呼び出せるようにしていたのでしょう。
この場合、「その平行世界でヒステリカが先に破壊されてしまった場合はどうなったのか?」が気になるところですが…その場合はエンブリヲが媒体となって平行世界のヒステリカを呼び出せたのかも?

長くなりそうなので一旦切ります。
投稿者:管理人
Do-Canさん>

>エンブリヲとラグナメイル両方が合わせて本体、か

ヒステリカのシステム(具体的にはコクピット内の様子)がイマイチ判らなかったのですが、あの世界の中で同時に倒さないといけないと言うのが勝利条件だった訳ですね。

>実にラストらしい燃える流れ

これを最優先にしていたのだと思います。
その為に削られてしまった描写が多そうですが、結果オーライかな?

個人的には、視聴者に想像の余地をある程度与えて終わる作りは余韻が有って好きです。
でもこの辺は実に加減が難しく、ちょっとの過不足で評価一転となる事も。
本作はその加減が実に上手かったと思います。

「何だよ〜」と思う部分も、終わって見れば些細な事に感じられる位の大団円だった証左ですね(笑)

>これはそれっぽいかもですねー。

ああ、きっとこれでしょう!
こんな所にもスタッフの遊び心が(笑)
投稿者:Do-Can
>ラグナメイル・ヒステリカは入れ替わりを発動させる
>仕掛けの一部と言う事で良いのかな?
ん?そういえばアレクトラとの会話で「ラグナメイルの中に本体がある」というような内容だったのはどういうことだったのかな?

あの空間に存在するエンブリヲは本体で、今までの世界ではラグナメイルの中に本体があったのか。(ラグナメイル内での本体は実体を持たない可能性も)
あの世界ではあのエンブリヲとラグナメイルの両方が合わせて本体、か。

>人間態をタスク、ヒステリカをアンジュが倒すと言う配分は
>この場合大正解ですね。
言われて納得。実にラストらしい燃える流れ・配役です。

>シルヴィア〜これは意図して選んでいると解釈したい所ですね。
ですねー。

>カラオケアンジュの服装
ほほー、そうだったんですか!
サラの方は中の人に合わせてあるのかなーぐらいにしか思ってませんでした。

で、少し検索してみると・・・
えいちてぃーてぃーぴー://ecx.images-amazon.com/images/I/61YdhvzFuGL._SX466_.jpg
最新のCD(ドッグデイズのED)のものは違うようですが、その前かな?のこれはそれっぽいかもですねー。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ