.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
豆助さん>

昔の楽器カタログが閲覧出来るサイトがあるのですが、そちらに掲載されているカタログでは末尾にSの無いSB1200は見当たりません。
1976年版から1979年後期版まで、SBの最上位機種としては800が掲載されています。

私自身の一番古い記憶でも、SBはすでにS付きが出て来てS無し3桁は店頭在庫しか無くなっていましたし(YAMAHA直営店では無かった)
もしカタログ記載が無かったモデルが存在したとしたら、私ではもう判りません・・・
投稿者:豆助
すんません。
微かな記憶ですが、

SBの800と1200がPU含めパーツ類は同じでそれ以下のグレードは別のタイプを搭載。

という線引き、棲み分けだったような、、、。

投稿者:管理人
豆助さん>
私がベースを始めて間もない頃(中学3年頃)SBは末尾にSが付いた物が新製品として店頭に並んでいたのを覚えています。
その少し前まで花ペグSBは店頭在庫でまだ有りました(ポジションマークがパールのダブルブロックだったのでSB700or800です)が、これも新製品登場と入れ替わりに無くなってしまいました。
YAMAHA直営店では売れなかった旧モデルは回収されてしまったのかも。

S無しの1200は記憶にありませんが、茶色(コンバインドステイン)のSB1200Sは当時BOWWOWの佐野賢二氏が良く手にしていました。
佐野氏は後にSB800Sを元にしたカスタムモデルを使ったりしていました。

S付きSBのPUは、花ペグの物とカバー形状が違う同一品ではないかと思います。

SBが生産終了して間もなく、YAMAHAは事も有ろうにJBのコピーモデルを生産しているんですよね・・・誰も使っている所を見た事がありません(汗)
と言うか、YAMAHAのコピーモデルはGRECO等と違い似せるつもりが無かったので、本物ソックリの代用品を求める方には見向きもされませんでしたね(汗)
投稿者:豆助
自分で買った(原資は親の財布から失敬) まともなベースがSB500。
いわゆる花ペグと言われている物。
未だに手元にはありますが病気からフレットを抜いたのとネック曲がりのトラスロッドが試合終了。
高校時代〜。
いわゆるビアガーデンでの初バイショーやらダンパ(ひたすらロッケンロールばかり数時間弾きっぱなし)。ライブにコンサート、、、)
いわゆるあれです、青春の思ひで。
次に自分で稼いで初めて買ったのがヤマハの当時のフラッグシップ。SB1200(S無し)
、、、月給2ヶ月で全く足らなかった (2年ローン)
5年程メイン楽器として活躍してくれました。。
お持ちの1200Sより茶色い色身だったように思います。(コンテスト、コンサート、ライブに吹奏楽団とジャズのビッグバンドの立ち上げに参加。)
今もメインのベースを蝉オーダーした時にその他のベースと共に金策の足しにドナドナ。(/_;)/~~

ヤマハとはご縁が切れた蟹思えたところに別の吹奏楽団の死蔵備品にSB800Sが有って、サルベージしてちょいちょい弾いていました。

SBシリーズの最終段階の秀作だと思います。
ネックはシンプルにメイプル1ピース?をボルトオン。
ボディーは3層のラミネート構造。
ピックアップは1200と同じ物だったはず。
1200を弾いていた身には少し物足らなさを感じますが、500(エントリークラス)や600等からは別物のかなり良い楽器。
ヤマハ版ジャズベースの1つの到達天?

当時の八万円クラスはどのメーカー共に概ね量産機のトップクラスに当たります。
(10万超は特別枠)
投稿者:管理人
オシQさん>
実は2000や3000を選ばない理由に大した根拠は無いんです(笑)
単に「リアPU使わないから1200でOK」なのです。
SBも、実は一番SBらしいのは1200Sではなくボルトオンの800Sか500Sだと思っています。
(実は800Sも持っていますが、長期レンタル中なのです)

YAMAHAの音は良く言えば普遍的、悪く言えば凡庸でFenderに通じるのですが、やはりカリフォルニアではなく浜松の音なのです(笑)
投稿者:オシQ
さすがYAMAHA党(笑)
しかもコレクションは「最高機種にはこだわらない」、
「BBの2000、3000は選ばない」など、ちょっとひとひねりありますね。(^^♪

「YAMAHAの音」って、確かにありますよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ