.045 .065 .085 .105

おことわり:SPAM投稿を排除する為、コメント投稿に禁止ワードを設定しています。
コメント投稿の際、URLリンクは記入しないで下さい、こちらも禁止対象となります。
トラックバックは全て受け付けない設定にしております、悪しからずご了承下さい。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

重要なおことわり

当ブログの記事における楽器機材・自動車・二輪車に対する修理や改造等は全て自分の為に自分の責任において自分で施したものです、記事を参考に作業をした結果いかなるトラブルが発生しても私は一切の責任を負いません。これらの作業依頼は一切お受け致しません、部品及び完成品・改造品の販売も一切致しません、本件に関する要望には一切応対致しません。また専門知識が必要な質問には回答致しかねます。コメントは管理人権限で削除する場合があります、あらかじめご了解下さい。
他所のBBSや業者に当方を引き合いに出して問い合わせる事は相手方の迷惑になります、絶対にしないで下さい。

管理人連絡先

管理人へのメールはこちら。
bass@kaminarioyaji.com
お手数ですがアットマークは半角に直して御使用下さい。

道楽画像掲示板

画像や動画が貼り付け可能な掲示板です。
どうぞご利用下さい。

道楽画像掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

オリジナル小説

FC2小説にて公開中です。
最新作
It's only R&R,
But I like it
第20章
「Look at yourself」

(2013/4/22公開)

梓の憂鬱
(2012/11/2公開)
二次創作の短編です
感想はこちらまで
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
サーカス団長さん>
実に当時物なのですよ。

ただ、実用可能な状態に有りません(汗)

前オーナーから「ギターの事は全く判らない」と言う事で頂いたのですが、さらに前のオーナーがムチャ改造をしようとして失敗。
ギターの形は保っていますが、ギターとして使えない状態です・・・

いつか再生してやろうと目論みつつ20余年が経過しています(笑)
投稿者:サーカス団長
げげっ。。。なすび兄弟ではないですか(笑)

しかも当時物のようですね。。。恐るべしコレクション(笑)

だんなさん、隅に置けませんなぁ。。。
投稿者:管理人
サーカス団長さん>
ありゃ、これは失礼・・・
こちらでどうでしょう?
ttp://black.ap.teacup.com/kaminarioyaji/img/1302526260.jpg
投稿者:サーカス団長
あはは。。。ご指摘の通り。ロングホーンでしたね^^

ボディも軽いし、音も右習えでした。。。

こんなの持ってたんですね。。。って画像見えません(笑)
投稿者:管理人
サーカス団長さん>
>NOIZの話題

ああっ!それは大変失礼を致しましたっ(笑)

確か中古盤屋でお手頃な値段で売ってたんです>NOIZ
で、その直後に「ひとみげんきBOWWOWに加入」と言うニュースが。
ぶっちゃけ「合うわけ無い組み合わせ」だと当時思った記憶が有ります。

>ロングホ−ン

今も新品で手に入るようですね。
特価品だと衝動買いしてしまいそうで怖いです(笑)

>EB-V
>EB-T

私が「ギブソン苦手」と言うのは、この2機種の責任が大です(笑)
この辺りはネックに問題を抱えている個体が多い印象です。

>YAMAHA SBV

意外にガッツのある音で、奇抜な格好の割りにバランスが良いんですよね。
生産していたYAMAHA台湾工場の移転と同時に生産終了となったのが惜しまれる機種です。

SBVではありませんが、実はこんなのを持っています→ ttp://www.wm-club.net/modules/community/image.php?f=t4784ea38e5ba10.jpg
(ピンボケご容赦!)
投稿者:サーカス団長
管理人さん>

書き忘れていました^^
ジャック・ブルースとジョン・エントウィッスルが好きなので最初に買ったのが2人が使っていたダンエレクトロのショートホーン。

所有のサイケSGの横にはやはりEB-Vだろうと色々探しましたが、手ごろな物が見つからず。
EB-0改造も頭に入れて探しましたが、トラスロッド限界のものが多く、これまた断念。。。

結局国産オービルのEB-Vを購入。。。その音の太さに惹かれ、エージ氏のレポートを読んで興味が湧いたEB-Tも探したのですが、ギリギリのところで町田の出物を逃し、最終的にGRECOのVBS-500で落ち着きました。(爆)

GRECO?違うじゃないかと。。。
でも、バイオリン型だし、ソリッドだし、ハムだし。。。(2個ついているけど)
しかし色は赤。色の名はジューシートマトって言うんだそうです。(汗)

というわけで、あとは腕だけです。(笑)

岡野先生使用のYAMAHA SBVも探したんですが、市場で見かけることは滅多に無いですね。
つーか、弾かなくちゃいけませんな^^
投稿者:サーカス団長
管理人さん>

なんだよぉ〜NOIZの話題は返信を待って、こちらから振ろうと思ってたのにぃ〜(爆)

そうなんです。火乃玉男を探して廃盤寸前でCD確保しました。

レコード発売当時はスペースサーカスと同じく全く知りませんでした。
Player誌もMUSICLIFE誌もほぼ毎月買っていたんですがねぇ。。。
当時はZEPと外道とPinkLadyとCandiesに夢中だったように記憶しております。(赤面w)
投稿者:管理人
オシ球さん>
「モダン・エレクトリック・ベース」ですか?
ジェリー・ジェモットがホスト役のインストラクションヴィデオです。
私も持っています(笑)

ジャコに詳しい方の話だと、これを撮った頃にはジャコはすでに悪コンディションのどん底だったそうですね。

サーカス団長さん>

ジャック・ブルースのインストラクションヴィデオはVHSとDVDで持っています、内容一緒なのに(笑)
「NSU」の出来たキッカケや、タイトルの意味を知った時には大爆笑でした(笑)

この時、すでにギターで故ゲイリー・ムーアが参加していて(Dsはゲイリー・ハズバンド)そのまま後のBBMに繋がる訳ですね。

岡野ハジメ氏と言うと、私がその名を知ったのはプレイヤー誌の「多重録音講座」でした。
当時はPINKを始める直前位だったのかな?80年前後です。
スペースサーカスを聴いたのは、実は岡野氏の流れではなくてDsの小川氏からでして(笑)

カルメン・マキ&OZ解散後の春日博文氏と川上シゲ氏(私はゲシ兄ィと呼んで敬愛しております!)が組んだ「NOIZ」のドラマー「火乃玉男」こそ、スペースサーカスのドラマー小川宣一氏だった、と言う事で。
「このドラムかっこいいなぁ」と、詳しい人に訊いたら「その人元スペースサーカスで〜」と。
Voは後にVOWWOWに参加する人見元基(NOIZでは「ひとみげんき」と平仮名表記だった)でした。
ゲストミュージシャンも超豪華ラインナップだったのですが、あっさりアルバム1枚で終わってしまったバンドです・・・

ええ、持ってますNOIZも、LP盤で(笑)
投稿者:サーカス団長
管理人さま>
音源もCDで発売になったそうですが詳しくは分かりません。
というか映像見たらそれで満足してしまったので、それ以上踏み込むほど欲求が無かったと^^
内容的にCDの方が曲数が多かったりするのが往々にして良く在りますが。。。

ジャック・ブルースは勿論CREAMから知ったのですが、レコードは全部あったような気がします。
『CREAM LIVE VOL2』で気を良くして『CREAM LIVE』でズッコケました。曲が渋すぎて私の求めるものでは在りませんでした。
その他忘れてならないのは『GOODBYE』のライブ曲ですね。初っ端の『I`m so glad』は『Clossroads』を超えて私のNo.1です。

なので、CREAMファンですがレコードでズッコケた、『FRESH CREAM』と『LIVE CREAM』は未だにCD未購入です。再結成後のやつもね^^
ジャックつながりでマルコシアス・バンプもはまりました。音楽性が違いますが。。。

マルコシのフロントマン、秋間氏はなんと生年月日が一緒で7日にメデタク?1歳になられました^^

80年代終わり業界がCDへ移行したあおりでレコードが中古屋で捨値で売られていた時期に仕事で地方出張の度にリサイクルショップで買い集めた中にスペサーの1stがあって、当時は気にも留めなかったのですが、2005年のブートCD化の時に目覚めて、レコードをオークションで、CDもその後発売の正式版を手に入れることが出来ました。
それ以来、岡野先生は私の神です。^^

しかし、80年代同時に購入していた“PINK”の1stアルバムにも岡野先生が参加していたのを知ったのは最近だったりして。。。汗

投稿者:オシ球
2、3年前に一念発起して、かの教則ビデオを観て練習しましたが・・
「高速スケール練習」を二つほど習得しただけで三日坊主と相成りました(苦笑)

天才、天才といわれますが、やはりそれに加えて人並み外れた努力の人、
という印象を強く持ちます。

亡くなった頃には出始めてはいたのでしょうが、彼がもし「5弦」を弾いたら
どんなアプローチをするのか、見たかった・・
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ