擬似ドラクエ2  雑日記

クリックすると元のサイズで表示します

 勝った…。
 パルプンテを覚えてからは効率よくはぐれメタル狩りを行うことができるようになり、一気にレベルが60へと上がったので大魔王へ挑戦したところ1回目にしてあっさりと。
 当初の計画通りにローレシアの王子は力の盾をほぼ永続使用の肉壁係。サマルトリアの王子が攻撃係。ムーンブルクの王女がベホマ&ザオリク係。ほぼドラクエ2そのものの役割(王子の役割が入れ替わっていますがね)をこなしての勝利となったように思えます。
 それにしても嬉しい。

 次は戦士二人旅ではなしえなかった、光の玉なしでのゾーマ撃破と、神竜の撃破となるのかな。

 クリア一歩手前の各ステータスは続きを読むでどうぞ。


 ローレシアの王子
クリックすると元のサイズで表示します

 サマルトリアの王子
クリックすると元のサイズで表示します

 ムーンブルクの王女
クリックすると元のサイズで表示します

 全体
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/11/22  1:32

投稿者:ひじり

>こうやってみると、ドラクエ3ってかなり自由度の高いゲームに感じます。
 どうやっても無理なときもありますが、私もそう感じます。
 実はそれぞれの制限プレイで私の中では各キャラごとに様々な設定付けがしてあって脳内では物語が語られています。
 少し明かすと、戦士二人旅のときのキャラはおとことおんなという名前でしたが、漢字で書くと音子と音奈となり兄妹と言う設定です。兄の名前は自分でつけた仮の名前で本名は別にあります。兄はあるときとある男性に恋をしてしまい、自分の容姿が男性という事にコンプレックスを持っていました。そこで女の子になりたいという願望を抱き、神竜にそれを叶えてもらおうとしていました。
 妹はそんな兄の気色悪い部分が嫌なので、どうにかしてまともな男性になってもらえないだろうかという願いをもって神竜に挑むのです。まともな男性として魅力のあった頃の兄が自分の理想だっただけに願いは真剣そのものです。
 勇者の名前がふくろという事にも設定があるのですが、それは後ほど。
 というような妄想を抱けるのも自由度が高いと考えてもいいのかな?

>次回
 今のところは神竜に挑もうかと思っています。神界?の敵から確実に逃走できるレベル80後半を目指して経験値稼ぎ中です。

2008/11/19  20:29

投稿者:エーコ

すげぇ!
そしてお疲れさまー。

こうやってみると、ドラクエ3ってかなり自由度の高いゲームに感じます。

次回は、光の玉無しでのゾーマ撃破かな。
相当つらいですが、十分なレベルと運が良ければ、今回ほどつらいということはないと思われます。

私は途中で放っぽってるけどね。(ぉ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ