LONG BEARD GRUMBLER

ミニチュアゲームホビーの様々な要素を愉しむ髭親父の大切にしている「らしさ」と「こだわり」
沢山の出逢いの中で生まれる「喜び」「愉しさ」「怒り」「悲しみ」を自らの言葉で書き綴る繰言日記デス♪

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

   母国語である日本語展開でのゲームシステムへの想いを捨て切れない  1966年生れのミニチュアゲーマー ミニチュアゲームホビーの魅力や  醍醐味にアナログゲームならではの会話から生まれる面白味や愉しさを伝えたいと願う古参兵デス♪

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:天
>Sinさん
さすが当時を知るベテラン趣味人のコメントは重みがあるネ^^
髭親父が当時聞いた説明は「対処療法的」な話が大半だったのカモネ^^;
ところで新しくなった指輪のソースブックにもMVの記載があったから
いよいよ近い将来に青いピシピシ棒はプレミアアイテム?

モチロン!ルールが変われどゲーム・オヴ・スピリッツは不変だから
お互い爺さんになってもガンガン楽しくゲームしようゼィ♪
投稿者:Sin
一応補足です^^

英語6版ルールの時点で「インチを使えない国では1インチ=2cmでプレイしてね」って明記されていますので、日本固有の事情ではないんですね。この点はいわゆる「日本5版」の英語版との相違とは違う部分で、物議も何もあったものではない、というのが真相です^^

 インチだろうとセンチだろうとMVだろうと、また楽しくゲームしましょうね!>天さん
投稿者:天
>圭さん
最近の記事で拝見する量産のペースは凄いデスナ!
ささやかな拘りを残すべく?(と言うか賑やかしカナ^^)髭親父は
「1mvは2.54センチ!」と言い続けセンチメジャーで掛け算と格闘しちゃいマスヨ^^
でも「ダンス・ウィズ・ウルブス」の対戦では「1インチは2センチ換算」の
お互い慣れ親しんだ距離感覚で宜しくネ♪

>DaiZoさん
その昔、日本語版のウォーハンマーで採用された「1インチは2センチ換算」の
センチについて多くの趣味人が「元々はインチのゲームだから合わない」って言ってたヨ。
これに対して「日本家屋の住宅事情」やら「ゲームテーブルのスペース問題」やら
「インチをセンチで表すのに小数点以下の計算は煩雑」とか
色々な事情を挙げて日本では「1インチは2センチ換算」が妥当?と
説明し続けて来たと言う昔話があるのヨネ^^;
そりゃゲームデザインしてミニチュアやゲームボードのサイズを決めるのは
イギリスにいるデザイナーでインチの国の人だからインチで遊べば
シックリ来るのは当然なんだろうし、世界でFBと40Kをセンチで遊んでる国は
唯一日本だけらしいから変更になるのも必然。
本文にも書いたように「同じゲームなのに違いがあって遊びづらい」なんて矛盾は
今後ドンドンと無くなってくれるのも喜ばしい事デス^^

この日記のキモの部分は物議云々ではなく
「不自由な時代に矛盾や批判を承知で守り続けて来た象徴的な存在」に対して
その時代を体験し行動して来た髭親父なりの追憶と感傷だけカナ^^;
エンジョイ!GWホビーに無用な拘りは捨てますが繰言と賑やかしのネタとして
髭親父が「1mvは2.54センチ」って言うのは別に物議の元じゃないヨネ^^
投稿者:DaiZo
こんにちは〜(^_^)

センチからインチに移行とのことで物議を呼んでますが
自分はインチ歓迎派ですね。
元々インチで遊ぶことが前提のサイズで出来ているものだと思うんで。
こないだ自宅でゲームした時に試しにインチでFBをプレイしたのですが
動きがダイナミックになって面白かったです。
特に接近戦主体のアーミーの自分には(笑)




投稿者:圭
インチになるみたいですねー。

これから徐々にアーミーブックやコデックスで
移/MV的記述で慣らしていきつつ、
次は40Kの新版でMV正式採用ですかねー。

自分もセンチばっかりだったんで、これから新しい
環境に慣れていくですよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ