LONG BEARD GRUMBLER

ミニチュアゲームホビーの様々な要素を愉しむ髭親父の大切にしている「らしさ」と「こだわり」
沢山の出逢いの中で生まれる「喜び」「愉しさ」「怒り」「悲しみ」を自らの言葉で書き綴る繰言日記デス♪

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

   母国語である日本語展開でのゲームシステムへの想いを捨て切れない  1966年生れのミニチュアゲーマー ミニチュアゲームホビーの魅力や  醍醐味にアナログゲームならではの会話から生まれる面白味や愉しさを伝えたいと願う古参兵デス♪

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:天
>さとうさん
髭親父もモデリング完了後に「むむっ!豆タンクみたいダナァ」と
思っちゃいましたヨ^^;(側面のパーツは逆さに使ってるのデス)
スペシャル枠のウォーマシンは「三文字の掟」を駆使して
ルーンが刻めるからボルト2台でも其々に特徴が付けられて愉しいデスヨ!
いつかは互いのドワーフアーミーで同盟戦とか同族対決やりましょうネ♪
ところで「氏族」じゃネズミっぽいから「血族」で宜しくデス^^
投稿者:佐藤俊之
 相変わらずの素晴らしい改造テクニックですね。設置型砲台というアイディアもさすがと思います。最初拝見したとき「キャラピラ駆動?」と一瞬思ってしまったのをお許しください^^;。

 ドワーフはほんとにウォーマシンが多彩で楽しいですね。私も本日、注文していたボルトスロワー×2が到着してウキウキですが、まだフレームキャノン導入までは考えておりませんでした。
 あまりウォーマシンに頼るとユニット数が少なくなってしまうので、どれを入れてどれを外すか、悩みますねー。編成を再開したら、またいろいろアドバイスよろしくお願いします。

 天さんの歴戦のドワーフ軍団の隣に住む(?)、若いドワーフ氏族として精進する所存でありますっ。


http://tabletopwarrior.blog.so-net.ne.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ