LONG BEARD GRUMBLER

ミニチュアゲームホビーの様々な要素を愉しむ髭親父の大切にしている「らしさ」と「こだわり」
沢山の出逢いの中で生まれる「喜び」「愉しさ」「怒り」「悲しみ」を自らの言葉で書き綴る繰言日記デス♪

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

   母国語である日本語展開でのゲームシステムへの想いを捨て切れない  1966年生れのミニチュアゲーマー ミニチュアゲームホビーの魅力や  醍醐味にアナログゲームならではの会話から生まれる面白味や愉しさを伝えたいと願う古参兵デス♪

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:天
>さとうさん
イベント後に口髭に泡を乗せての最初の「ひと口」が何よりも幸せで
根っからの日本人?と言うかキンキンに冷えたビールをジョッキで飲むのが
好きな髭親父なのですが本場仕込みのエールへの憧れもチャント持ってて
いつかは「本物のエール」をバグマンジョッキで味わえる日を
夢見ちゃってたりするのデスヨ^^
まぁ友人が髭親父の為に連れて行ってくれたアイリッシュパブで
お勧めのギネスの生を飲まずに隣にあったハイネケンの生を
ゴクゴク飲んじゃった不心得者なんだケドネ^^;
エールのペイントはマジ気合いが入りますが、もし飲んでも飲んでも
再び溢れ出る伝説のバグマンジョッキが本当にあったら
飲んだくれてモデリングどころじゃ無いだろうナァ^^
そのうち同級生のさとうさんとは「懐かしネタ」を肴にジョッキを
掲げて「本物のエール」で乾杯したいヨネ♪
投稿者:佐藤俊之
を、バグマン登場ですね。
私は数年前にロンドンに旅行した際、あちらのエール酒にぞっこん惚れ込んでしまい、しかもその味をどうしても日本で味わえないことに、日々苛立ちを募らせるという、不幸な結果となっておりますw。
直輸入のビンやカンのエールも試してみたし、都内のイングリッシュあるいはアイリッシュパブも試してみたんですけど、なにか違うんですよねー^^;

閑話休題、(その3)もすごく楽しみなのですが、
なによりいまはバグマンのマグからあふれるエールのペイントが楽しみです(ヨダレ)。

いつか日本でも本物のエールが飲める日が来ることを願いつつ〜。


http://tabletopwarrior.blog.so-net.ne.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ