2012/12/9

「左官」だからこそ、勝てる!  いい話
 建築に携わる特定の技能者、それが左官業である。
しかし、本音では現在の建築業は過去のものとは
異なり、建築そのものが分業化され、更にシステム化
されたことによって、利益分配率では、現場に携わり
一番評価されるべき面々こそが苦湯を飲まされている
のが実情です。

加えて世間ではリーマンショック、ヨーロッパ危機、
円高等、国内の生産業は想像を超える程の大打撃を
受けております。

話はそれますが、例えば国内での「ツルハシ」製造
メーカーは全て無くなりました。皆さんが使う「軍手」の
生産工場は国内では大阪の1社のみとなり、利益は出せて
いないが、「この最後の工場が無くなったら万が一
輸入が途切れたら大変なことになる」と、各社
問屋が必死で維持している状況である。
他にもブールーシートや土のう袋等、皆さんが使う
あらゆる消耗品や、作業工具までにもその厳しい
状況が続いております。 信じられないかも知れませんが
両口ハンマー・石頭槌ですら、来年の中頃には国内
生産が中止されることが判明しております。

話をもします。
それでも「左官」は勝てるのか…
いや、生き残れるのか…

実はこれ、私だけの意見ではあのません。 とある
経営学・経済学を学んだ際に確信した理由にあります。

現在の日本ビジネスを大きく分ければ、
2つに分けられます。

一つは個人経営による中小または零細企業。
対するは多くの投資を受けた大資本企業となります。

小泉内閣の時に行われた、金融ビックバーンによって、
投資者への報酬を拡大、経営を明確化することで個人投資家が
増大、良くも悪くも「株」は安定資産ではなく、
如何に短期で利益を出せるか、企業側は如何に成果を出せるか、
その一点に絞られ、多くの企業は前年度比の成果を常に
追い求めて来ました…

しかし、どうだろうか。

日本を代表するSONYや言えばきりがないほどの大手
企業の株が暴落しております。

(注意)日本の大手企業の多くは金融資産を海外に多く持ち、
莫大な利益を上げておりますが、株式評価は成長を最大の
評価としておるために計上赤字(投資も含む)が最大の
キーポイントとなります。

そこで近年、注目を浴びているのが、他社の意見や
影響を受けない。 大きく言えば株主の顔色を窺わない。
そんな経営形態であります。

極端な話、計理士にも口を出せない…

つまりは個人経営であり、税金もしっかりと払い。
毎月、自分自身にしっかりと収入を与える…

あれ、じゃ今と立場は一緒じゃないか?

そんなこと言われても、
仕事も少ないし、単価も厳しいし、時に入金は遅れるし、
持ち出しもあるし、今のどこが良いの?

(勉強会での話)儲かると誰もが知る世界は競争相手も
多く、次第に価格競争に陥る。かと言え、エコや新
エネルギー産業等、未知なる産業には予測も立たず、
個人ではリスクが多き過ぎる。

ならば、個人がチャレンジするなら、「その業界で
例え僅かでもカリスマと言われる成功者が居ること」

「古くからの伝統があるものを効果的に利用する。」

その最大の術ですが、大きく革新を行ってはいけません。
むしろ、あえて小さな改革に留めることです。
それによって、消費者は明確な理解を示してくれます。


どうですが、少しは私が伝えたいことが理解頂けましたか。

要約すると、個人や小資本は決して無力ではない。
多くの社員を雇用し、名だたる企業に育て上げること
だけが本当の成功ではない。
むしろ、自己を中心に、より満足と自己収入を増やす
ことに、重点を置けばやるべきこと、目的(夢)が
明確になって行く。
加えて言えば、短期の労働でも高利益を得たとすれば、
多忙な者と比べて、同額の年収であったとしても、
その価値は増大する。

ここで、ヒントですが、「左官」と言うものを
大きく改革しないことです。 やるならちょっとだけ、
新しくした革新であることです。

左官は伝統です。
知り人ぞ知る人が確実にいます。

ちょっとだけ、そこに進化を加えるだけで、「左官」は
間違いなく「新たな左官」に生まれ変わります。

最後に、勉強会では「損して得を取れ」を学びました。

「損」とは利益の無い商売と思うでしょうが、現実は
そんなに甘いものではありません。
だまされたり、多大な損害を受けたり、悪ければ
莫大な借金を背負うでしょう。

しかし、先生は続けます。

「借金を持った人ほど、誰よりも必死で一生懸命です。」
「それに負ける人もいるでしょうが、そのリスクに
打ち勝つ人こそ、(損して得を取る)事の本音を理解
していると思います。

最後になりましたが、本当に長々とすみません。

惰性に成り易い日々を少しだけ…

本の少しだけ目線を変えて見て下さい。
もっと、大きく言えば思考を変えて見て下さい。

もう師走です。 願うなら良い機会です。


「あんな壁を作りたい」

「こんなアイデアは誰に浮かばないであろう、
壁を作りたい。」


長々とすみません。

幾度も繰り返しますが、「左官最強」です。

目指すは天下取りではない。
 本当に目指すのは生きた道の最強です。

だからこそ、20代で苦しみ、
30代で疾走し壁にぶち当たり、
40代で世間の風にもまれ、
50代で責任の重圧を感じ…

※今更にプレッシャーを与えてすみませんが、

どうでしょう。勝って下さい。
勝ち続けて下さい…



4
タグ: 左官 職人 建設

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ