2012/1/30

久住有生さんが目指すところは…  左官鏝
 前回の「ソロモン流」の記事に繋がるが、1月30日に放映された
NHK[プロフェッショナルの流儀]石岡瑛子さんの生き様がやたら久住さんと
ダブって映りました。 石岡氏は三十代ですでに国内で異彩を放ち、しかし
女性と言う立場が彼女の国内での障壁となり、その後彼女は海外へ活路を
追い求めて行きます。 番組はアカデー賞受賞など華やかな面と共に
与えられた仕事に対し、徹底的にこだわる姿勢。過去の作品は過去のモノ、
それらを自ら封印し、常に新しいモノを追い求めるプロフェッシャルとしての
存在感が熱く描かれていました。
(実際、海外への挑戦はゼロからの出発。やっと掴んだチャンスはまさに奇跡)

久住氏は意図的にTVなどのメジャー出演を拒否しておりません。
むしろチャンスがあれば積極的に出演をも計画しております。

そして、その心理には間違いなく[左官]と言う職業の地位向上を願っている
姿勢があります。 やる以上、高みを志して欲しい。 1年では出来ない事も
3年あればどうか、10年あればどうか? 人は学ぶことで、常に向上する。
久住氏自身、もし彼が、彼だけの利益を追求すれば、それはもっと、楽な
道のりであったであろうと推測する。

しかし、彼は、また彼の父もあえてそれを選ばなかった。

それは彼らが目指す高いポテンシャル、そしてポティチブな思想を
より多くに伝えることで自らを高揚できる人生の楽しみ・生き方を知ってる
からだと想像する。 

当サイトでは製品の紹介をメインにしておりますが、それと同時に多くの
左官職人さんが新たな商品企画をご提案下さっております。

例え些細であってもこれらの行動は業界の向上を願う、無補償の善意な
行動です。 

かのドラッカーは語ります。 自らの意識を高めるのは他者への奉仕と
共に、その技・技術を子孫へ未来に残すことです。

左官は今や技術職であり、極めて限られた人数のみで支えられています。
この先も多くのベテラン達が引退の年齢に差し掛かっております。
彼らが今、必死で何かを残そうとしてくれている。

この先の10年。 何を成すべきかが私も含め、業界に問われるものと
信じます。 久住氏が切り開こうとする新たな道もその一つだと思う。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ