2011/2/8

大相撲と八百長  気になる記事
大相撲界が揺れています。
かつては「疑惑」とされた八百長問題が今回ばかりは言い訳の
出来ない状況にまで陥っている。
この問題が表面化したのが先の「野球賭博問題」で、暗に
賭けとなる勝負事が真剣勝負で、それに賭けていたのが、
八百長を見過ごしてきた当の本人達だったと言うのも皮肉な
話です。 これにより大阪場所は中止、それでも各界は
どこかで落とし所を見出し、最悪の公益法人の認定取り下げは
どうしても避けたいところだろうか。

しかし、本当の根はもっと深い所にある。
それはファンなら推測も付くと思うが、各界と八百長の関係には
今の星の譲り合いなんて、かわいい問題じゃない。
タニマチや裏社会との繋がり、断れば命に係わる脅しも度々
あったと聞く。

古くは一年を十日で過ごす男と言われた力士たち。
ある時代には興行として地域の活性化に携わり。

それに比べ、今の時代はタニマチの力が低迷、良くも悪くも
その繋がりで体一つ、マゲを看板にし「ごっつぁんです。」だけで
街を練り歩いてきた猛者達も自らの地位保身に偏ってしまったの
だろうか。
各界関係者ほど、今回の事件は明かしたくない恥部であると共に
受け継がれてきた必要悪と言う思いもあるのではないだろうか。

この問題はもう古くから語り継がれて来た。
当時のタニマチは政界・財界・芸能界と幅広く、時には彼らの
威厳となり、用心棒となり、またある時は将棋のコマのように
ライバル・タニマチへ鼻を明かすコマにも使われてきた。

いずれにしろ、その全てが明らかになることは永久にないだろう。
そしてまた一つ、裏と表を繋いできた古い時代の歴史が幕を
閉じようとしているのは間違いない。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ