2010/9/19

言葉の持つ幸せの力  いい話
 言葉には人を幸せにする力がある。 日々の生活の中で、
人はどんな会話を交わし、また誰から言葉を掛けられているだろうか。
一日が始まれば、家族を持つ者はその家族と少なからず、会話を
交わしているだろう。 職場へ行けばまた同僚と挨拶を含め、
幾らかの会話を交わすだろう。

 しかし、その程度の中に感動や勇気を与えられていると言う実感は
特別な時や特別な言葉でも聞かない限り、感じないだろう。

そして、それは逆も言える。 つまり相手も同様であるとすれば、
朝の「おはよう。」に「今日は天気が良いよ。」のひと言を加える
だけで、声を掛けられた人は何となく清々しい一日を迎えることが
できるのである。 お店に入っても同じことが言える。
 単なる「いらっしゃいませ。」なのか、心のこもった「いらっ
しゃいませ。」なのか。更にひと言、二言付け加えるだけで、
言葉は更に重みを増して行く。

 このように「言葉」には人に小さな幸せを与えることができる。
そして人に小さな幸せを与えることで自身も少しだが満たされて
行く。 人に良く見られたいとか、尊敬されたいとか、心の中
では、色々考えるだろう。 しかし人はそれが叶わないと
心とは逆の言葉を発している。 揚げ足をとってみたり
嫌味を言ってみたり… それらは心が寂しいに過ぎない。
そんな言葉を放っても誰も満たされない。誰も幸せにはならない。

むしろ、自身の愚かさと「心」の哀しさをさらしているいるに
しか過ぎないだろう。

 私は営業と言う仕事を生業にしている。
よく「営業は口が上手い」と言われるが、私の場合、口が上手い
のではなく、人の利点・良い所が見える。そして人が好きにだと
言うのが本音である。 多くの方々は私の与える小さな「言葉の
幸せ」に対し、優しさで返してくれる。
私はその行為に心から返したい思う。
それこそがコニミニケーションの本質と思うからだ。

そんな「言葉の持つ幸せの力」は誰にでも発揮出来る。
ご近所さんや郵便配達、朝よったコンビニの店員。
更には電話の受け答えでも幸せの言葉は通じる。

どうです。 だまされたと思って、一度、真剣にやってみて
下さい。 与えた幸せの分だけ必ず返ってきますよ。

この力は人の第一印象を良くします。
男なら、「強い」とか「偉い」とか、そんな些細なことを
考えますが、「いい人」こそ、最強のイメージだと思います。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ