2010/7/6

ブラック企業をご存じですか。  気になる記事
ブラック企業(会社)と言う言葉をご存じでしょう。
これまでは『ブラック』と言う言葉から裏社会との繋がりがある
企業として使われていましたが、最近では主にネット内に於いて、
過酷な労働条件や劣悪な職場環境等、人を人と見ず、ソルジャー
(兵士)として扱い、過酷なノルマ、成果主義のみに置いて、
雇用する企業の隠語として用いられております。

中には大手も多数含まれており、その書き込みの一部はリストラや
雇用解除に対する逆恨みも多分に含まれてはいるものの、
劣悪、かつ過酷な実体は恐怖さえ感じさせる内容とも言える。

この数十年、資本主義は揺るぎないピラミットを作り上げた。
投資マネーは世界中を駆け回り、企業のトップは業績のみを
追求する社会へと変貌して行った。

優秀な指導者は利益を上げる者であり、彼らが巨万の富を手にする
代わりに過酷な労働条件が、企業のシステムに組み込まれて行って
いる。  「やれば出来る。」=「代わりは幾らでもいる。」

これが今の現実社会ではないだろうか。

数百人、数万人。 世界には数百万日人も雇用する企業が
溢れ返っている。彼らは自ら巨大なピラミットを構築し、
社員を歯車の様に使い捨ててきた。
その社会では学歴は単にハードルであり、個人の力を見抜くもの
ではなく、そのハードルを乗り越えた者の価値は忠誠心だけの
ように思えくる。

そして、これが現実なのである。

残念ながら、これらの問題をメディアが取り上げるとは考えがたい。
それらに該当する企業の多くがイメージ向上に躍起なスポンサー陣
だからである。

私達は表面の情報だけを入手し、多分に恵まれないと考えてしまうが、
昨今の情勢は以外とそれ以上に過酷なようである。

私達はまだ、日々の仕事で学んだり、感動したり出来る。

これこそが以外と幸せであり、そこに達成感が含まれると尚のこと
と、言える。 加えて私達は日々を糧に成長できる。

運良く、時代に乗れば独立も出来るかも知れない。

今の現実社会は少し前の帳場と町場に対比に思えてくる。

バブル期、帳場には仕事が溢れ、労働者は優遇された。
しかし、そこでは個性を求められず、いかに、早く、上手過ぎず、
ヘタ過ぎずが標準であった。 しかし、それに甘んじた者は
その後の景気後退で排除され、頑として技術に拘った者達の
多くが今やカリスマとして名を馳せている。

この暑さの中、現場仕事もしんどいが、以外と皆さんが
選んだ道は案外、間違ってもいないのかと、思えてきます。

働く者は歯車であってはならない。 常に人と繋がりを持ち、
喜びを与え、そして喜び受ける立場であってこそである。

押された現場を皆で乗り切る達成感。 やり遂げたと言う、
充実感。 少々厳しい単価でも受けたら、手を抜かない
プロ根性。 それがきっと、明日に繋がる。

PS,ブラック企業の多くはIT・ベンチャー等の人気企業です。
世間的には人気・有力なイメージがあり、雇用氷河期でも積極的な
求人を行うことで、政府の支援も厚く、その裏返しが、社員を簡単に
使い捨てできるブラック企業を増殖させているのです。

2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ