2009/3/18

株~彦、業務停止  気になる記事
50年の歴史を誇る、建材メーカー株~彦が廃業しました。
倒産ではなく、整理と言うのが事実です。
同社には資産があり、それを処分することで債権処理に対応
するようだ。 廃業となった理由に売上の低迷が上げられる。
関係者よると、同社の営業力が急激に低下したのは、今から
約5年ほど前、昨今のリストラブームに乗り、ベテラン営業を
大量に退職させてからだ。 中間管理職を失った組織は安易な
方向へ進み易い。売上低迷を景気のせいにできるからだ。
更に現場への売り込みを生産メーカーに依存。
その結果、メーカーは経営不振企業にもどんどん売り込み、
不良債権が拡大して行く。
これは経営トップの安易なコスト削減による経営判断ミスと
言える。また、同社が犯した致命的なミスがユーザーへの
裏切りとも取れる廃業の仕方にある。
廃業の決定は社員を集め、朝礼の最中に発表された。
まさに、ユーザー所か社員すら寝耳に水の状態である。
その、当日に商品の発注を掛けた代理店は嘆く「全く電話に
出ないのですから。何があったのか、さっぱりでした。」
施工中の現場にとってはとんでもないことである。
それでも、一部の社員は自費で代理店を廻り、侘びに廻った
と聞きます。これもトップとしては失格です。
50年の歴史を誇り、珪藻土開発にも尽力し、JIS改正にも
素早い対応を見せるなど、常に業界を担ってきたメーカーと
しては悲しい終焉と言える。今後は同社製品に準ずる製品を
潟сu原、等が対応してくれる。
この一件を湿式材料の低迷とは考えません。
健全経営を怠った、経営トップの判断ミスです。
この時期に、このような理由で職を失った社員の皆さんが
気の毒でなりません。

77
タグ: 建設 職人 技能

2009/4/11  21:13

投稿者:職人魂
コメントありがとうございます。
このような事態になる前での決断、正解でしたね。
ライバル社の意見ですが、この数年、梅彦の営業力は低下しており、
過去の面影は無かったそうです。
また、壁材に留まらず、石材関連にも巨額の投資をしており、
経営陣のワンマンさが伺えます。
イメージと、現実のギャップが実態的にも大きかった会社でした。



http://dougu.co.jp/candiesshow2.htm

2009/4/7  17:41

投稿者:元梅
私は以前梅彦で働いていましたが、今回の廃業(倒産?)の話を聞いて驚いたのとやっぱりなという気持ちで半々です。私がいたころは、よい意味で老舗の中小企業という感じで社員も気安いおっちゃんタイプの人が多く、社内の雰囲気も割りとよかったと思います。やはり変わったのは経営陣が交代してからでしょうか。人ずてに聞くとワンマンで、社内の空気もギスギスとしたものになり、あまりモノを言えない感じだったようです。それにしてもどういう経営をすればあれだけ売り上げが下がり、億単位の負債が残るのか不思議です。以前は半歩前進をモットーに地味ながら、堅実で無借金経営だったと聞いていました。
ここに書かれている様な事が行われていたなら、余りに安易で無策なやり方だし、ベテラン営業マンを大量リストラしたら売り上げが下がるのは当然で、特に梅彦の営業マンは得意先との繋がりが強い人が多かったですしね。そりゃ社内のモチベーションも周囲の信頼も無くしますよ。
やはり今回の件は経営陣の無能さが招いた結果なんでしょう。他の壁材メーカーは存続しているのだから。
彼らにはその能力も、人望も、そして社員とその家族の生活を守る意識も無かったのでしょうね。
それこそ私財を投げ打ってでもきちんと責任を取るべきだと思います。
リストラされた人や、最後まで残って頑張っていた人たちを思うと本当に気の毒で悲しいです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ