2009/2/27

GDPマイナス13.9%の中身を読む  気になる記事
2月16日、09年四半期(1月〜3月)のGDP予測が
発表されました。結果はマイナス12.7%と、
オイルショック以来、35年ぶりの低水準だそうです。
時同じくして、G7後の中川総務大臣(前)の酩酊会見も
あり、マスコミは大騒ぎ!
もう日本丸は沈没すると言わんばかりの過激ぶりです。

では、このマイナス12.7%の中身を確認して見ましょう。
一番大きなマイナスは予想通り「輸出」の▲13.9%です。
昨年は+3.0%だったので、この輸出だけで昨年同時期比
▲16.9%と言う訳になります。
輸出減少に伴い企業の「設備投資」は▲5.3%これも仕方が
ない状況でもあるが、実は08年も「設備投資」は▲0.6%
でした。不景気だ!不景気だ!とマスコミはアオリますが、
気になる「個人消費」はどうでしょうか?
実は僅か▲0.4%なのです。昨年は0.7%だったので、
実体はマスコミ報道に過敏に反応した消費者の買い控えが
大きいと推測されます。 ここまでのマイナスを合計して
みると「輸出▲13.9%」「設備投資▲5.3%」「個人消費
▲0.4%」の計▲19.6%となります。
この▲19.6%を▲13.9%に押し戻したモノは何でしょうか。
それが「住宅投資」の+5.7%なのです。
この数字は昨年度の+4.6%を上回っております。

現在のNEWS報道はどんな意図なのか不明なほど、
不景気な数字ばかりを取り上げます。確かに現状は大企業を
中心に大きく変わろうとしています。
トヨタやSONYが日本の全てではありません。
あのGMですら危ないのですから。 だからと言って
誰もがマイナス指向になるのは間違えだと考えます。


1
タグ: 建設 職人 技能

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ