2014/8/3

労働者不足って?  
昨今、国会やニュースで労働者不足を耳にしませんか。
我々の建築分野でも労働者不足は深刻です。
「このまま労働者不足が深刻になれば給料が、手当が
上がるのでは」と、思ってはいませんか。

実はここに政府と企業のカラクリが潜んでおるので
ご注意下さい。

失業率は若干改善しているとは言え、それは新卒
レベルであリ、大きく改善するとは現代社会に置いては
もはや幻と言っても過言ではないだろう。

大手は株式を資本にどんどんチェーン展開を進めて行く。
軒立地方商店を蹴散らし、そこには安い労働力と厳しい
労働条件によって企業は更なる利益を追求して行く。

しかし、益々増える店舗によって、低賃金労働者が
不足し始めている。 これが世に言う労働者不足の実態
つまりは国や企業が騒いでいるのは正規労働者不足が
問題ではなく、非正規低賃金労働者が不足していると
言う話なのです。

あの居酒屋チェーン店 和民グループがついに赤字へと
突入した。その最大の要因はブラック企業と言うレッテル
だか、それすら氷山の一角に過ぎず、過酷な労働条件は
もはや20代から30代の働き世代に蔓延していると
考えても過言ではないかも知れない。

これら労働者不足問題への解決策として、政府は主婦層への
社会進出を企業と策略している。

控除額の見直しや大手企業への役職採用の拡大などを
謳っているがパフォーマンスに過ぎない。
今や主婦は早朝勤務や短時間就労等と、一労働者として
企業が求めるピースの一つとして活躍している。

話は戻るがでは建設業界はどうだろうか。
私は外国人労働者を政府が受け入れるのでは懸念を抱いて
いる。
ありえない話ではない。あのバブル期でも労働研修と言う
名目で多くのアジア人が日本の建設現場で働いた。

ましてやTPPの存在がある。

今はまだ人件費や資材の高騰で入札参加を見送る企業が
多いと聞くが、そこに外資が入札に加わったらと考えれば
ゾッとしてしまう。

しかし、この国の政府は本当にやりかねない。

何故なら彼らが最後まで守り抜きたいのは日本の大手
輸出企業であり、それが国策だからです。

だから少々の痛手を被っても国は平気で弱者を斬ることが
出来るのです。

今こそ、地に足を着け、我々はしっかりと歩まなければ
ならない。

東北復興やオリンピック…

関係ない・関係ない…  地元と一緒に仲間達と一緒に
今日を一生懸命生きることが先ずは大事だと思います。
3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ