ですぺら

馬鹿左翼blog
despera_あとまーくmail.goo.ne.jp

 

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:黒目
岡真理さんに関してはですね、まあ俺はそもそもブンガクとか馬鹿にするタチで、「ブンガク部的」な人、みたいなスカしか見方してたんですが、この発言聞いて「ああっ、岡真理って偉いんだ!」とものすごく見直して、「今までスカしててすみません」みたいな感じであります。
イスラエルの建国神話は、彼らが物語りとして持っているわけですが、それを無効化する、しかも「ホロコーストはなかった」とかそういうアホな話じゃなくして、という力を持った話なんじゃないかと。
と俺は思いましたよ。
投稿者:zames_maki
>「パレスチナ連帯運動と歴史修正主義の親和性」みたいなものすげえぞんざいな批判がなされてしまうのってなんなんだろう
ホロコーストが有名だからだろう。ホロコーストの政治的価値がとてつもなく大きいという事。イスラエルの政策に反対でもイスラエルをナチ(ホロコースト)に例えて批判するのは共感され難い。実際それがホロコーストと同じであっても。だからこそイラン大統領はイスラエル批判のためにホロコーストを否定するのだろう。奇妙な論理だがインパクトがあって人々を引き付けるのは間違いないから。こうしてイスラエル人は、本来のホロコーストを自分でも又反対者にも、地に落とさせている。本来最も身近で理解しているはずなのに、自らそれを捨て去り歪めるイスラエル人、そう理解できればイスラエル人はひどく悪い人間(民族)だ、だからこそ反ユダヤ主義も勢いづく。そうした悲しむべきメカニズムではないか。
 イスラエル人がホロコーストをまったく理解していない事を学術的に書いてるのが「イスラエルの政治文化とシチズンシップ」。こんな本を日本語で読めるのは、イスラエル・ロビーの影響の少ない故の必然なのかもしれない。こう書いたら陰謀論だろうか?

http://d.hatena.ne.jp/zames_maki/20090406
投稿者:zames_maki
(続き)
>「ユダヤ人という、ホロコーストという大きな悲劇を受けた人々が、なぜ同じような事をパレスチナに対してやるんでしょうね?」という話
これは簡単。イスラエル人はホロコーストを理解していないから。それを建国の理由づけとしか理解していないから、という大変面白い回答になる。イスラエル人はどうしようなく地獄に近い所に住む国民に見える。これは以下の反ユダヤ主義の動機につながる。

>イスラエル国家の暴虐を止めるために、国際的な連帯を強化し、イスラエル国家を国際的に孤立させ、追いつめていく事が必要
別にそんなに書かないでも既にイスラエルは孤立している。アメリカ以外にイスラエルを支持する国はない。イスラエルはまるで北朝鮮のようだ。しかしそのアメリカが世界の支配者である事が大変問題だ。

http://d.hatena.ne.jp/zames_maki/20090414
投稿者:zames_maki
読んだのでコメントします
>「ユダヤ人陰謀説―日本の中の反ユダヤと親ユダヤ」、広河隆一、日本赤軍まで全部「反ユダヤ主義」とする
この本は面白い、そして別に特別な本でもない例えば「ユダヤ解読のキーワード」にも同じような趣旨で書いてある。すなわち「正しい根拠で建国したイスラエルに反対する者は反ユダヤ主義者だ」という事。ここで判るのは、それは一見おかしな理論だが、根拠(=建国の正当性)が政治的に正当化されている時はその変な論理もそれなりに正しく見えるという事。勿論その根拠が間違っているのは明らかだが、民族国家が公認の正義である20世紀では経緯を知らない人は簡単に批判できないのが問題。

>ホロコーストによって、国際社会に見捨てられた経験を持つ−ホロコーストの被害者が、パレスチナに対する加害者になっているのは偶然ではない」
岡真理さんの見方は文学的だ。その上でホロコーストはユダヤ人が国際社会に見捨てられたから起きたのだ、とは言えないのではないか?それはイスラエルのプロパガンダの影響を受けているのではないか?と疑問に思う。

http://d.hatena.ne.jp/zames_maki/20090414
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ