2019/6/11

迷った末にお知らせ  日々のこと

終了したブログに書くかどうか
迷ったのですが 数人の方が 今でも 
訪れてくれているので
お知らせしてみることにしました



今でも 訪れてくれる方
もしかして また 続けるかも
そう 思ってくれているのかしら〜

当たり!だったりします(笑)


https://daikaiichi.blog.fc2.com/

数日前より ブログを初めています
そして また わんこと暮らし始めました

カイとお別れしてから 
まだ 数か月なのに 
あたらしい子を 迎えたことに
一抹の罪悪感もあるのですが 



カイは 笑ってみているかな〜
もしかして 拗ねているかな〜


どうなのかな〜


でも ここで 続ける気にならず
あたらしい ブログを始めたわけです


お付き合いいただけるなら
嬉しいです


では ここでの ブログは本当におしまいです







2

2018/10/13

今日あることが明日も  日々のこと


「今日あることが明日も必ずあるわけではない」


今月 結婚される
高円宮家の絢子様が婚約会見で
言っていた言葉です



今回は すごく身に染みています




地震で親族の家が
壊れて住めなくなったり
カイを突然のように亡くしたり


本当 その通りと思います




当たり前の日々に慣れすぎて
通常の幸せに感謝がなかったかもな〜と
思ったりしています


同じことができる 
変わらない日々が 
とてもとても 大切なんだなと
本当に 思います




さて 数日前から
考えておりましたが
長年 続けていたブログをやめようと思います


書くことが嫌いではないので
つらつらと書いておりましたが

カイのことを書くのは
とても 辛かったので
これを 機会にやめようと思いました

だいちゃんの時は
高齢で もう 覚悟ができていたので
哀しかったけど 書けましたが
余りにも 驚いて哀しいと 
こういうところに 投稿は難しいんだなと
初めて ブログを書いたことを
今更ですが 後悔しました 



このブログで 出会った方たちに
今回は とても 救われたのですが
この後 私のどうでもいい愚痴や 文句
食べたものなど 載せても どうなの?と
思うので やめます


この10年 まぁ いろいろありました(笑)
私の3回にわたる転職や 
夫のけがや 家を建てたり
だいちゃんが亡くなったり
カイを迎えたり
叔父の孤独死や
夫の独立や 
今回の震災で 身内が
被災者になったり
人生いろいろですよね〜 ほんと




これまで  長い間
拙い文章にお付き合いいただきまして
ありがとう ございました









0

2018/10/12

お花だらけ  ワンコ

ほんとうに いないんだな〜と
思う日々が続いています





カイには たくさん お花が届きました



クリックすると元のサイズで表示します


遠くから 送ってくれたり


クリックすると元のサイズで表示します



わざわざ 遠くから 来てくれて
届けてくれたり




クリックすると元のサイズで表示します




母曰く 
「私の時より 多いかもね〜」とのこと





クリックすると元のサイズで表示します





そうかもしれません




クリックすると元のサイズで表示します





飼い主は 社交性がなく
人付き合いも決して いいほうではないのに
こんなに たくさん
お花を頂ける カイは
もしかして すごく 人徳があったのかしら



クリックすると元のサイズで表示します





ここしばらく お会いしていなかった
ご家族からも 頂いて
本当 ありがたく 恐縮しております


心から お礼申し上げます






今日 ようやく お世話になった
動物病院に お礼と最後のお支払いに
行ってきました

実は 行きたくなくて
午後から ものすごい 重い気持ちでした





それでも 休日でも時間外でも
最期まで診てくれた 先生とスタッフさんに
お礼を言わなければならんと
夫と行ってきました


帰宅してから アニコムの保険の
解約手続きをして
週明けには 狂犬病の登録を抹消して
(結局今年は 狂犬病打てなかったのです)
着々と 物事は進んでいます



こうやって 気持ちに整理つけるんだな〜と
思ったりしています



ご心配頂いていますが
元気は 元気です
ご飯も食べております 


少しずつ 進んでいます



0
タグ:

2018/10/9

幸せでしたか?  ワンコ

ご報告


10月7日 カイが亡くなりました
9歳と10か月に あともう少しと
いうところでした




カイの生前
お世話になった すべての方に
家族一同 心からお礼申し上げます





本当は 直接連絡しないと
いけない人 たくさん思い浮かぶのです


長年遊んでくれた 幼なじみの家族

オフ会で出会った 家族の方たち

東北から北海道旅行に着た際には
カイと会ってくれたご家族

一度だけ カイと一緒に旅行に行ったご家族

カイの小さいころから 訓練してくれた
地元のトレーナーさん

ご近所のお散歩で 仲よくしてくれた
柴犬のご家族

このブログによく コメントくださるママさん

一度 オフ会が縁で 
夫の仕事を手伝いに 来てくれたパパさん




たくさん 浮かんだのですが
ごめんなさい 
連絡できませんでした



カイの病気が分かった時点では
それを 知らせると 
なんだか 本当だと 認めるようで.....

亡くなった 今は 
私が泣いて ちゃんと 
伝えられないので

連絡できませんでした



ごめんなさい









この ブログが縁で
知り合った人たちばかりなので
ここに ご報告するのが
一番いいかなと思いました








カイが倒れたと連絡を受けたのは
9月29日でした

北広島の親戚の 引っ越しの後
母と 呑気に食事をしていたら
夫の着信に 気が付きました
電話をすると カイが散歩中に倒れたと


夫一人で  なんとか 対処して
もう 時間外だったのですが
動物病院に ねじ込んで
診てもらうことになったということでした



食事を中断して 急いで帰宅


車を飛ばして 先生の 
診断結果の説明に間に合いました

その時は 血液データ上も
レントゲンも 心電図も
特に異常なし 
一過性の虚血?という診断でした


カイに会うと 
か〜ちゃん オレ倒れちゃった〜 みたいに
すり寄ってきて カイなりに
びっくりした様子でした




とりあえず 連れて帰り
一晩 様子を見ましたが 
体の置き所がないのか
少し移動しては その場所に
体を横たえたり
いつもは 寝ない場所で
体を 横にするので
これは なんだろうと思っていました

一過性の虚血なら
改善した今は 少しは良くなるものではない?
どうして こんなに 変なんだろと

次の日 9月30日 日曜日でしたが
もう一度 病院に 行きました



先生も 首をかしげて
出血か 心不全かと
色々考えてくれましたが 
はっきりせず 明日エコーするので
それで よくわからなかったら
大学病院で 脳を含めて
検査すること 勧められました




不安だったし 
カイの調子が明らかに 変だったので
行きますと 返事して帰宅


10月1日 月曜日
エコーを 受けに 夫と 母とに
連れて行ってもらいました


大学病院の予約が取れたら
職場に休みをお願いする都合上
すぐに 連絡頂戴と
スマホを 身に着けて
仕事をしていたら 夫から電話

かけなおすと 夫が泣いて 
何言っているか わからない状態
叱りつけて(笑) 
よく 聞き取ると 

心臓に腫瘍らしきものがあり
それが すでに 出血している様子
データも 悪くなっており
今すぐに 大学病院に行ってほしいと
いうものでした



経営者に いますぐ
帰らせてほしいと 願い出て
許可されました
ブラック企業の わが職場
犬のことなんて 絶対休みくれないと
思って辞める覚悟で 言ってみたら
あっさり OK 
いつもは 恨んでいますが 
今回ばかりは 感謝しています(笑)



急いで帰り 自宅で合流
泣いていた夫だと 心もとないので
運転を私がして 向かいました


いつもは ランに向かう
その同じ高速道路が
今回ばかりは 長く感じられて
アクセル踏んでも 踏んでも
大学病院が遠くて 
その時間が 長く 長く感じました

途中 カイの血液データを
見せてもらいましたが 
どれも 悪くて 本当に緊急事態なんだと
思いました


大学病院に着いて
一通りの問診を受けた後 
検査するので カイを預かると言うことでした

知らない病院に 知らない先生
預けるのも嫌だったけど
仕方ないので 預けました
診察室を出て行こうとする私たちを
追って来ようとするカイを見るのが
とても 切なかったです


待っている 2時間以上の間
スマホで 検索
「犬 心臓 腫瘍」で検索すると
どれも まぁ 残念な結果で
この 病気なら 正直 諦めないと
いけないと 思うものでした


先生から 検査の結果を 伝えると
連絡が入り 行くと
カイ抜きで 説明が始まりました

心臓に 腫瘍があること
場所は右心耳と言われるところ
そこから 出血し心嚢水が溜まり
心不全を起こしているとのこと
なので 心嚢水は抜いたけども
ここから 推察するに ほぼ間違いなく
「血管肉腫」だろうとのことでした



ネットで調べていた通りだったので
私が あぁぁ〜という顔をすると
先生が 聞いたことあるか?と言ってきたので
ネットで調べたと答えると
「それは どれも 残念な結果ばかりだと思う」との答え
それでも 治療法を提示してくれました



それは 抗がん剤


ただし 効き目がなくて
辞めてしまう子も多い
必ずしも治るというより
できるだけ 小さくして 
寿命を延ばすというものでした

副反応としては 下痢 嘔吐
典型的なものでして
私は....ちょっと使いたくないと答えました

もともと 下痢が多い子で
恐らく耐えられないと思うと
それなら 残された日々を少しでも
楽にさせたいと答えましたが
夫は 迷っていました


先生たちからは 
答えは後日でもよいと 
ただし 少しでも 寿命が
伸びた方がよいのではないかと
いうことと 
「カイちゃんはとっても我々に協力的で」
「治療も十分やっていけると思う」
「カイちゃんは いい子ですよ」と
言ってもらえました


それを 言われて
そうでしょ〜 うちのカイはいい子だもの!と
そう思う気持ちと 
こんな時に いい子でなくても
いいのにな〜と 複雑な気持ちでした


帰り道 家族で話し合い
私と 母は 抗がん剤に反対
夫は やれるなら やって
少しでも 生きてもらいたいと

お互いに 結論が出ないまま
帰宅し かかりつけの 地元の病院に
言って報告し 相談しました

先生は 病気から 非常に厳しい事
カイのもともとの 体調から考えると
抗がん剤の副作用は100%でるのではないか
遠くの病院に通うリスクなど 説明され
それでも やってみたい気持ちはわかると
言ってもらえました


迷った結果 抗がん剤は使わない
恐らく また 心嚢水が溜まるので
それを 抜いて その時その時の
症状に対処していくで まとまりました


その時先生に カイの余命はどれくらい?
一か月くらい?と聞いたら 
それくらいと 言われました
でも 少し困っていたようなので
正直 もう少し 短いだろうとは
感じていました




心嚢水を 抜いてもらったカイは
楽になったのか 次の日から
ご飯を食べるようになりました

29日に倒れてから 一口も食べられなかったのに



10月の5日には
モリモリ食べて 家の中で
ジャンプするくらいで
みているこちらが ハラハラしていました














クリックすると元のサイズで表示します

ご飯を待っているカイです
元気でしょ〜
10月3日の夕ご飯のときです




それでも いつどうなるか わからない感じで
綱渡りの日々でした



辛かったのは 出勤で
仕事に出て 帰ったらもう
カイは逝ってしまっているかもしれないと
毎日が 後ろ髪をひかれる思いでした


こういう思いはしたくないので 
去年くらいから もう仕事はやめて
カイの老後に向けて 準備したいと
夫には言い続けていたのですが
間に合いませんでした
その点では 恨むよと夫には言っています(笑)


それでも 6日の病院に行ったまでは
なんとか 調子よかったのですが帰宅して
夕方過ぎてから 嘔吐して
また動けなくなりました


先生には電話で相談し
次の日 エコーして 
抜くかもと言われました

その晩は なんともいえず 
体を 横たえても 体の向きを変えるのが
やっとなくらいで 
恐らく また溜まっているのだと
思わされました

5日で溜まるなら これは やはり
厳しいのだと思われ
ネットで調べた 内容がちらつきました
たいていの方は 余命宣告されても
それに 満たないまま亡くなっていること


この病気がわかった時点で
もう 時間がないこと 



カイも そうなのだと 
ただ ひたすら哀しくなりました



7日 病院の開く時間を待って
診察 この時点では もうカイは動けませんでした


エコー下で 心嚢水を抜いてもらったまでは
良かったのですが 
点滴したり 注射したりするにつれ
意識が悪くなり 
最後には 聞いたことのないような
鳴き声を上げ 意識が落ちて行きました

先生が 「挿管」と言ったのですが
私はしなくていいと 断りました

母にも夫にそれでいいか 確認し
先生には 望まないと答えました


だって これで 延命しても
カイの心臓は持たないし 
もう こんなに 苦しがっているのに
さらに 苦しめるようなことはしたくなかったから


もう 可哀想で 苦しいのは
一回きりで終わらせてあげたかったのです


先生からは 家で看取ること勧められ
病院から帰りましたが 車の中で
そのまま 逝ってしまいました


車の中で 抱きしめて
逝ってしまいました





選択が正しかったのかは
わかりませんが 
家族全員のいるときで 良かった
そう思っています 

カイが倒れてから 
8日目 
病名がわかってから
6日目でした



余りに あっけなくて
突然のことで 
まるで ジェットコースターに
乗せられたかのような日々でした



眠ったカイの顔は
とっても 穏やかで
優しい顔をしていました
今にも 起き上がってきて
何?って 表情をしそうで


昨日 家族3人で 火葬にしてきました


クリックすると元のサイズで表示します


小さな花束入れて
大好きだった ロバとぎんぽの
ぬいぐるみを入れて
おやつに 姫たらと梨と柿を入れて
カイは 本当に 逝ってしまいました



クリックすると元のサイズで表示します


大きな骨壺に入れられて
カイは今は 家にいます




当然哀しいけど
もう 苦しくないし
病院にも行かなくていいし
実は ホッとした気持ちにもなっています









クリックすると元のサイズで表示します



カイには楽しいことと
嬉しい事だけ してほしいし
苦しいとか 辛いとか
そういうことは 
感じてほしくないから




カイが倒れてから
ブログの更新を迷いました
急に書かなくなる理由を
ひねり出さなくてはならず
10月1日に更新しましたが
あの日の写真は カイが
大学病院から 帰ってきた
疲れ果てた 様子でした

カイがいる 普通の日々が
送れなくなるのだと思い
普通って大事だと 書いてみました



私たちは カイと暮らせて
とっても 楽しかったし
幸せでした 






クリックすると元のサイズで表示します



カイもそうであったと
願いたいです




これから 当分 
カイの抜けた穴を埋めるのに
大変だと思うのですが
少しずつ 進んでいきたいと思います



本当に お世話になりました



0
タグ:

2018/10/1

普通って大事だ  日々のこと

9がつは 地震があり
停電があり その後の生活の混乱もあり
身内の 家が倒壊寸前ので 避難所へ
向かうことがあったり
そうそう 月初めには 私の 膀胱鏡騒ぎもあった
(ものすごい 昔のことのように 思えます)




たくさん 在りすぎて
9月の記憶はありません




カイの寝顔を見ていると
普通って 大事なんだと
つくづく 思います




クリックすると元のサイズで表示します



顔が長く見えますよ カイ君









クリックすると元のサイズで表示します




ぐ〜すかぴ〜 












私事ですが いろいろ ありまして
少しの間 ブログを お休みします


辞めたりしませんが
ちょっと 休憩です

再開するときは 盛大に
バージョンアップ......はできませんけど
また 投稿したいと思います



では ちょっと ひとやすみ〜






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ