当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2007/8/23

2007.8/9:劇場版、完成!!!  2007年
あっけなく「『ハダカの城』劇場版(108分)」が完成した。
「ディレクターズ・カット版(122分)」から
削ぎ落とせる"間"と"情報"を絞ったカタチ。
「まだ、やってたの???」って言われそうだが、悪あがきです。(^^;)
この二つのバージョンで、おそらく完了だろう。
「劇場版」は、あの事件と水谷社長の生き様を語った。
「DC版」は、水谷社長と長男・甲太郎さん、家族の時代を見た。
その物語の質量の為、エンドクレジットが出る瞬間の印象が異なる。

何度も書いたが、作品のラストシーンから2年が経った。
公開が遅すぎたのか、世間の温度からワザと外したのか、
結局は不器用さと面倒くさがりの所為だが、
いまとなっては僕自身、自分の心は分からない。
ただ、作業中にあった「古い事件だね」と
題材を片付けられた言葉に憤悶してきた。
僕のそんな違和感と苛立ちなんて、
水谷社長の憤りと悔しさとは比べものにもならないが、
意地になってこの作業を続けてきたのは、その思いからだ。
しかし、如何せん、作品の出来は悪い。(苦笑)
ドキュメンタリー映画としては、私情に寄りすぎてる。
取材の温度に波があって、ある側面にはまったく褪めてみていたし。
実際、事件にも政治にも、世の中の正義にも、興味なかった。(スンマセン)
しかも水谷社長への想いではなく、この時間を"生きた"僕の証明だった。
身勝手ですね。

今年の「山形国際ドキュメンタリー映画祭」からは選外となった。
負け惜しみでもあるが(笑)、実は安心したのだ。
このボリュームの仕事をしたくせに、
本当の「手応え」がなかった自分が居る。
それは、ダメだ。
この映画は大好きな作品だが、臆病な自分と何度も話し合った。

ラストシーンまで見てくださった観客の方が、
最後の最後に仕掛けた"闇"をどう受け止めてくれるのか。
ようやくそこで、僕は解放されるのだ。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ