当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2006/6/13

2006.3/31:「西冷」日誌12−2:『ハダカの城』試写  「西冷」日誌
西宮冷蔵・水谷洋一社長、ドキュメント
『ハダカの城』(DV/132min) 2006『鳥類』/ Sei SHIBATA

下記要項で、関係者試写会を行います。
日時:4/8(土)、3pm〜 ※2:30pm開場。
   作品分数"132分"なので、終了が5:30pmくらいになります。
場所:大阪・梅田「ビジュアルアーツ専門学校・大阪」新館3Fアーツホール
・ビジュアルアーツ専門学校 大阪  アクセスマップ
http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/access/index.html

当日は、音声(MA)作業が完了していない為、"プレビュー版"の上映です。
一般公開に際しては、まだ手を加える予定ですので、今回限りのバージョンです。
特に入場に関しては制限、手続きは御座いません。
楽曲使用の著作権のこともあり、あくまでも"関係者"試写です。(^^;)
でも、できるだけ沢山のご意見、頂戴できれば嬉しいです。

2003年、冬。大阪、梅田。曾根崎陸橋。
ひとりの男が佇んでいた。男の名は、水谷洋一。
2002年1月23日。
国の、BSE(狂牛病)対策による、
"国産牛肉買い取り制度"を悪用した、
『雪印食品・牛肉偽装事件』の告発を行った、
倉庫会社【西宮冷蔵】社長である。

「内部告発」
この言葉を世に知らしめた事件である。

事件の約4ヶ月前。2001年9月。
千葉県にて、国産食肉牛・第1号の
"BSE(狂牛病)感染牛"が発見される。
それに伴い、農水省は、
同年10月18日から全国の食肉牛を対象に
BSE感染有無の「全頭検査」を実施する。
だが、それ以前に解体処理された国産牛肉も、
「消費者の不安を払拭できない」という理由から、
生産団体が買い上げ、焼却処分、
国がその費用を全額負担し、市場隔離した。
そのとき対象となった国産牛肉の在庫は、約1万トン。
買い上げ費用は全額国の補助で、約92億円とされる。
BSE問題で打撃を受けた業者への
この救済支援制度を悪用したのが『雪印食品』。
ともに売れ行きが落ちた外国産の在庫牛肉を
「国産牛肉」として箱を詰め替え、偽装。
カサ上げし、補助金をかすめ取ろうとした。
いわゆる『雪印食品・牛肉偽装詐欺事件』である。
その詰め替え"偽装"の舞台となったのが【西宮冷蔵】だった。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ