魂のゲーム魂

The legend of spiritual game soul

 

Player

FleshMeat

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最大ヒット数

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

妖怪ポスト

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:FleshMeat
>>Sykes

一生活用出来そうに無い情報と誰一人間違えに気付いてないであろう間違いの訂正ありがとうございます(笑)これだけすごいプレイが出来たら友達なんかいなくても大丈夫ですね!

>>てんちょ。

Michael Manringも始めて見ましたが、この人が曲中にチューニングを変えまくるのは激しく無意味ですね(笑)ハーモニクスだからピッチベンドするにはチューナーいじるしかないんですけど、だからといって・・・まあこういう「学者」達による研究によって音楽は発展していくのかも


・・・というかあんたらのひきだし濃すぎだろ(笑)
投稿者:Sykes
あら、ティムをご存知でなかったか^^;
ポール・ロジャースやジェイムズ・ラブリエともアルバム作って出したりしてる、結構凄いプレイヤーらしいよ。
バークリー音大を首席で卒業した天才肌のギタリストだし。
確かに友達いなさそうだけどねξξは(*´(ェ)`)はξξ

間違い情報があったので訂正。
ティムが世界で初めて作り出したのは、エレキのフレットレス・ハープギターらしい・・・
フレットのあるアコースティックのハープギターは昔からあった物っぽいね。
投稿者:てんちょ。
デカさの時代か〜新たな発想だw

ってか、ホビットが弾いてるんではないの?笑

ティムはやばいよね〜〜。あの人自分でつくっちゃうもんね。

やりたいことを再現するために、弦を増やすという考え方もあるけれど、
Michael Manringってお方ご存知でせうか?
この人は、4弦ベース基本でなんらふつうですが、
曲によって何通りもの変則チューニング、フレットレスを中心に、両手タッピング駆使で展開していくっていうのも、また一つ考え方なんだろーなぁっておもいまちた。
投稿者:FleshMeat
ティム・ドナヒューを始めて知りましたが・・・この人も友達少なそうですね(笑)
投稿者:Sykes
何故二つ以上のパートを一人でやろうとするかって??
そりゃね、答えは簡単。いや、単純明快。



『友達がいないから』



だよ☆〜 (。>(ェ)<o_彡☆あははっ

ちなみにハープ・ギターはティム・ドナヒューが開発、ってか自作してライヴで使いはじめたのが最初だよね?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ