貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

いじめの多い会社  闇の制裁

いじめやパワハラの存在を感じさせる会社や職場は少なくない。それを観察していると、いくつかの共通項があることに気づく。

社員数50人以下の会社

会社の規模が小さいと、社内の体制が未成熟である場合が多い。
特に、50人以下の会社は、就業規則などのルールが社員に十分、浸透していない傾向がある。さらには、賃金が慢性的に伸び悩んだり、退職金の規定がない会社も少なくない。

知名度が低く、ブランド力もないため、採用力が弱いという弱点を持つ。
こういう状況では、会社を辞めていく人が後を絶たず、社員の定着率は低くなり、管理職の負担も大きくなる。もちろん、管理職の定着率も低い。

しかも、こういう会社に限ってワンマン社長が多く、厳しい姿勢で管理職を叱り、今度は、管理職が部下に対し、感情的に叱るケースが増える。悪循環が起こりやすい環境なのだ。

中小企業だけでなく、中堅企業や大企業にもいえることだが、社長をはじめとした上層部が、部下たちに相当、厳しく発破をかけるような職場は、いじめやパワハラが起きやすい。

それによって、管理職たちは、自分たちの背後に「強力な支援者」がいると思い込んでしまう。つまり、バックがついているから、怖いものがなくなり、部下に対して乱暴な物言いをしたり、厳しく叱ることが増えていく。

社長や役員などの上層部が、乱暴な精神主義を嫌い、現実的な視点に立って会社を動かすタイプが多くなると、それに近い考えを持つ管理職が増えてくる。そうすると、いじめやパワハラも減っていくはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

個人で仕事をする機会が多い職場
業種や職種にもよるが、チームで仕事をする場合もあれば、1人でコツコツと取り組む仕事もある。上司や先輩からのいじめやパワハラが目立つのは、後者が多い職場だ。

会社の中で、仕事の隅々まで1人で担当するケースは少ないが、相当な部分を1人でカバーするケースはある。このような時、周囲の社員からしてみると、何をしているのか見えにくい。

互いのことがあまりわからないようになる。
いじめをする側の人たちは、自分たちの行ないが「いじめ」であることは当然、心得ている。しかも、常識から逸脱した行為であることもわかっている。

だからこそ、周囲に見えないところで、いじめをしようとする。1人で黙々と仕事をしている人は、得てして攻撃を受けやすいのだ。


社内が「適度に動く」会社や職場は、いじめやパワハラは少ない傾向がある。
例えば、40〜50代の社員が適度に出向したり、転籍をしたり、あるいは20〜30代が海外や地方に転勤を繰り返すといったような会社がそうだ。

さらには、適度にリストラがあったり、一定のペースで依願退職をする人が現われる職場も「動きがある」といえる。辞めていく人が多いのは問題だが、退職者が多少は出るほうが組織としては健全だ。

このような意味での動きがあると、上司や先輩は、2〜3年以内に異動などで変わる。いじめやパワハラが長引いたり、定着したりする可能性が低くなる。

クリックすると元のサイズで表示します

親会社から幹部が下ってくる会社

多くの企業がグループ化しているが、それらは、親会社、純然たる子会社、関連会社に分けられる。子会社や関連会社の場合、親会社から中高年の人が出向・転籍するケースがある。

例えば、親会社で本部長にはなれなかった部長とか、いつまでも課長が昇進できないといった“中途半端”な管理職だ。

この人たちが子会社や関連会社にやってくると、自分を大きくみせようとして、20代、30代の少々、生意気な社員などを押さえつけようとすることがある。

逆に、優秀な社員もそのターゲットになりやすい。これは、劣等感の裏返しであり、単にそれをぶつけようとしているのだ。

自分のコンプレックスを元に、いじめをする上司は極めて厄介だ。深入りせず、距離を保つように心がけたほうがいい。


“中途半端”な高学歴社員が多い会社

「高学歴」の定義に明確なものはないが、この場合は偏差値ランキングでいえば、国公立と私立を合わせて上位10位以内の大学を指す。

このクラスの大学出身者が8〜9割を占めるような企業も、いじめやパワハラがよく見られる。特に、管理職になれず30代でゆきづまった社員が、20代の後輩社員をまるで「部下」のように、こき使う傾向がある。

その30代の社員は管理職ではないのだから、本来は自分の「部下」ではないのに、機会あるごとに命令口調で、押さえつけようとする。

これも、もともと自尊心が高いため、自分の立場が脅かされないよう、虚勢を張って大きくみせようとしている場合が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

「徒弟制度」がある会社

今の時代、明治時代のような職人の徒弟制度がある会社は少ないだろう。
だが、一部の職種には、そのような体質が染みついている。私がここ十数年、依頼者から感じ例えば、飲食店などの料理人、新聞記者、コピーライター、テレビ局やCM制作会社のディレクター、映画監督、プロデューサーなどがそうだ。

また、一部のコンサルタントや弁護士にも散見される。こういう職種に就く場合、一定期間、上司や先輩の下に付くことが多い。

これが、よく見られるところの師弟関係ではなく、中学生レベルのいじめになることが少なからずある。

クリックすると元のサイズで表示します

労働組合がない会社
「労働組合なんていらない」と、口にする人がいる。
特に、20〜30代に多い。今から20〜30年前にも、20〜30代は労組について冷めた態度をとる人がいた。それもひとつの考え方なのだろう。

たしかに、労組があったところで、解決できないことはたくさんある。
しかし、労組は経営側に対し、「最低限度のブレーキ」として機能するもの。

例えば、大規模なリストラをする場合、退職者の数を少しでも減らすよう働きかけるとか、労働時間を可能な限り、減らすことを経営側に提案する。

要求どおりになる可能性は低くとも、通常は、そのような方向に歩み寄っていくものだ。

このように労使のバランスがうまくとれている会社は、いじめやパワハラも少ない傾向がある。管理職からしてみれば、部下が労組の幹部に「あの上司のパワハラがひどい」と訴えられることを警戒しなければならない。

こうして労組から人事部などに苦情が伝えられると、一段とややこしい問題になるからだ。だが、労組がない場合、そういった「最低限のブレーキ」が存在しないため、それを訴えることができず、いじめやパワハラが蔓延するきっかけになりかねない。

クリックすると元のサイズで表示します

社長が創業者で、ワンマン

このケースは、働く側からすると、何かと苦労することが多い。
特に、30〜50代の中堅社員、幹部はその場の雰囲気などを察知し、相当、上手に立ち回らないと、社長から激しく叱られたり、辞めることを促がされたりする。

このタイプの社長は、天才的な一面がある一方で、気性が激しく、感情の起伏が激しい場合が多い。創業者であり、大株主でもあるから、社内において怖れる者がいないのだ。

たとえ、労組があったとしても、このような社長の前では、なかなか強くは発言できないだろう。

こういう会社では、社長の信用を得た管理職の発言力が強くなり、部下に対しても激しく叱責するようになる。時には、罵倒したりして、社長の権力をかさに、強引に自分に従うよう要求する。

その管理職の横暴な言動を社長に直訴する人がいないことを知っているからだ。他の幹部も結局のところ社長のイエスマンばかりで見て見ぬフリをする。これでは、部下たちは順番に潰れていくことになりかねない。

クリックすると元のサイズで表示します

これらの条件に当てはまる会社や職場に、行くことは避けたほうがいいと思う。
もちろん、入る前からすべてを把握するのは不可能に近いかもしれないが、面接で質問をしたり、関係者から情報を入手したりすることはできるだろう。

転職や異動の時など、多少なりとも参考にしてもらえればと思う。なお、いじめやパワハラはいかなる理由があろうとも、許されるものではない



復讐代行します
0
タグ: 制裁 復讐 いじめ

 

殺し屋の世界  闇の制裁

南米コロンビアの麻薬王、故パブロ・エスコバルの下で殺し屋として働き、「ポパイ」の通称で知られていた男が26日、同国中部コンビタの刑務所から釈放された。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョン・ハイロ・ベラスケス・バスケス元受刑者(52)は300人の殺害を自供し、さらに3000人の殺害を組織したことを認めている。1989年に起きたルイス・カルロス・ ガラン大統領候補の暗殺事件で有罪判決を受け、禁錮30年の刑に服していた。(AFP)

殺人事件は日常茶飯事
アメリカを汚染する麻薬組織の巣窟と言えば、かつてはコロンビアだったが、アメリカ麻薬取締局(DEA)の尽力によってアメリカ東南部「フロリダルート」が閉鎖されると、90年代に強大な勢力を誇ったコロンビアカルテルは衰退した。

それに伴って台頭してきたのが、アメリカ西南部「メキシコルート」で急激な成長を遂げてきたメキシコの麻薬カルテルであり、現在、メキシコと国境を分けるカリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州は、アメリカ史上最悪の犯罪組織の危険に晒されている。

クリックすると元のサイズで表示します

今ではメキシコ麻薬カルテルは、メキシコ国内の選挙や政治にまで影響力を持つほど強力な暴力組織に発展し、テキサスとの国境に近い街ヌエボ・ラレドと呼ばれる地域からカリフォルニア州南端のサンディエゴまで、米墨国境沿いの密輸ルートの重要地点を巡って、カルテル同士が激しい縄張り争いを繰り広げている。

これが俗に言う「メキシコ麻薬戦争(MEXICAN DRUG WAR)」だ。これらの麻薬カルテルは、「シカリオス」として知られる暗さつ者グループからの刺客を利用したり、AR-15やAK-47のような銃器、そしてM4カービンにグレネードランチャーを装填するなどした重火器、爆弾など、軍隊並みの火力と組織力を誇る。そして、これら麻薬カルテル間の麻薬戦争による犠牲者は、2006年には2119人、2009年には6598人、2010年には1,1000人以上に達し、年々飛躍的に増加し続けている。

クリックすると元のサイズで表示します

この犠牲者には10代をはじめとする多くの若い女性も含まれている。いまのメキシコは、誘拐だけでビジネスが成り立つと言われるほどの誘拐天国で、2008年に銃器不法所持で逮捕されたミスメキシコ3位のラウラ・スニガ ( ラウラ・エレーナ・スニガ・ウイサール Laura Elena Zúñiga Huizar )(下写真)の例にもあるように、ミスコンで優勝した女性はメキシコ-アメリカ間を自由に行き来できることから、「美しい女性」を狙っての誘拐も後を絶たない。

彼らメキシコ麻薬カルテルの悪行は、アメリカ国内メディアも報道できないほど陰惨を極める。例えば、テキサスとニューメキシコとの国境近くにテリトリーを持つフアレス・カルテルは、おもに10代の女性を拉致すると、性奴隷として監禁したり、カルテルのボスに「プレゼント」として捧げるのだ。そして、用がなくなれば彼女たちの手足を切断し、臓器売買に回す。

また、そのさつ害の様子を撮影した「スナッフビデオ」も高額で取引されて彼らの収入源になるという。そして、皮肉にも臓器売買の対象国はアメリカなのだ。これらはまさに「アメリカのタブー」だ。テレビでは決して見られないが、インターネットで検索すれば、吐き気をもよおすような残酷な記事や目を覆いたくなるような残忍な写真の数々に辟易するだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

CNNなどの一般ニュースメディアでも、メキシコ麻薬カルテル戦争などはたびたび取り上げられるものの、臓器売買や麻薬戦争でのさつ戮の実態までは報道できない。その分、これまでも様々な映画の題材にもされてきた。アメリカとメキシコ間の麻薬密輸の実態を描いたスティーブン・ソダーバーグ監督の『トラフィック』(2000年)にはじまり、誘拐されたメキシコの富豪の娘を助ける元軍人であるボディーガードを描いたデンゼル・ワシントン主演の『マイ・ボディガード』(2004年)、ミスコンで優勝して家族を支える夢を持っていた女性が麻薬カルテルに拉致される『MISS BALA / 銃弾』(2011年)、また、こちらは日本未公開だが、肺移植が必要な娘のためにメキシコの臓器売買の世界へ踏み込む父親の話を描いた『インヘイル』(2010年)などなど、数え上げたら切がない。それだけ、アメリカにとってもメキシコ麻薬カルテルの存在は、深刻な問題だということが分かる。


実際、FBIは、現在メキシコとアメリカの国境で活動するこれらの麻薬カルテルを「アメリカの犯罪史上いかなる犯罪組織よりも危険で最も洗練された組織」であると発表している。かつてアメリカで暗躍したアル・カポネやラッキー・ルチアーノ、ミッキー・コーエンのようなマフィアを遥に凌ぐ超暴力犯罪組織、それがメキシコ麻薬カルテルなのだ。

日本人にはまるで想像のつかない世界だと思うが、馴染み深い中国・韓国の裏組織も、最近ではアメリカを舞台に想像を超えるほど悪いことばかりされているようだ。ヤクザについはテレビや映画で何となく知っているつもりでも、日本の実態は、意外と知らない。


アメリカ政府は、2011年7月、そんなメキシコ麻薬カルテルと同列の扱いで、現在、構成員8万人を超えると言われる日本の「ヤクザ」つまり日本の指定暴力団組織を「世界最大の国際的犯罪組織」と認定して、幹部らの米国内の資産を凍結し、米国の個人、企業に取引を禁じた。その上で、今後、国をあげての「ヤクザ」制裁に乗り出すことを発表した。

そして昨年2012年、日本の指定暴力団のツートップである「山口組」と「住吉会」が、公式な制裁リストの対象となったのに引き続き、昨日2013年1月23日、「稲川会」までもが制裁リスト入り。まさに日本のヤクザトップ3がアメリカ合衆国の対組織犯罪制裁リストに名を連ねたわけだ。

その容疑内容として、東アジア諸国の犯罪組織と連携しての武器・銃器の密売、麻薬・ドラッグ売買、人身売買、売春などの犯罪行為のほか、ダミー企業を使って建設・不動産・金融業などに進出して不法収益を上げる「知能犯罪」を展開し、マネーロンダリングにも関与するなど、さきのメキシコ麻薬カルテルとさほど変わらない。最上部の図にもあるように、東アジアからのルートも存在するわけで、日本の指定暴力団が、メキシコ麻薬カルテルと関連があると考えるのはごく自然なことだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、日本のヤクザと言えば、古くは江戸時代から、戦中戦後を経て現在にいたるまで、日本の「表」と「裏」で持ちつ持たれつやって来た部分もあり、現在でも、政界・財界・メディアだけではなく、警察との繋がりも指摘されている。例えば稲川会でいえば、現・五代目会長は、通名・清田次郎(本名・辛炳圭(シン・ビョンギュ・신병규 Sin Byon-Gyu))だが、稲川会横須賀一家の系列組員であった竹内清(前神奈川県議会議長)は、横須賀を基盤とする小泉純一郎元首相の選挙対策本部長であり、彼なくして小泉が議員に当選することはなかったという。

そもそも、小泉純一郎の祖父である小泉又次郎は明治時代に横須賀を牛耳る一大軍港やくざ組織「小泉組」の長だった。その名残なのか、竹内との関係は、息子の小泉進次郎にも受け継がれ、その様子はすでに写真誌等でも報じられている。そして、この小泉親子と稲川会の関係も、日本のヤクザと政界の繋がりのほんの一例に過ぎない。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤクザの実態を暴くということは、日本の裏社会を暴くということだ。小泉純一郎・元内閣総理大臣と竹内清氏の関係同様に、例えばさきの選挙で大敗した民主党には、在日本大韓民国民団や在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)と深い関係にある議員が多く、部落解放同盟や朝鮮学校と癒着する日本教職員組合(日教組)も、民主党の代表的な支持母体だ。

またフランス・ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国では各政府からカルトと認定されながらもアメリカ国内ではいち仏教団体として大きな力を持つ創価学会は公明党の支持母体である。さらに創価学会の機関紙「聖教新聞」を印刷しているのは朝日新聞ほか全国紙の印刷工場であり、テレビ番組のスポンサーには、かつては深夜に制限されていたはずの「パチンコ」や「消費者金融」の名前が連なるように、これらの団体の政治やメディアへの影響力は計り知れない。

そしてその裏には、つねに「ヤクザ」の存在が見え隠れする。こうした「表」と「裏」の関係には戦前からの長い歴史があり、日本政府も警察もメディアもが沈黙してきた「日本のタブー」と言える。

そして今、世界の警察・正義の味方・勧善懲悪大好きなアメリカ合衆国が、CIAが、FBIが、そんなタブーだらけの日本という国に、ついにメスを入れようとしている。そうなれば、日本という国を根本から揺るがす規模のスキャンダルがあふれ出てくることもありえない話ではない。「世界の警察」を自負するアメリカ合衆国が、メキシカン・ドラッグ・カルテルと同様に、ジャパニーズ・ヤクザの制裁に乗り出した。

クリックすると元のサイズで表示します

復讐代行します
2

 

クズには制裁  闇の制裁

クリックすると元のサイズで表示します

会社内でも隣近所では口の利き方を知らない奴は多いです。
殺すまではないにしても腹が立ちます。
そんな奴には懲らしめとして「嫌がらせ」で制裁してやればいいです。

電話での嫌がらせ

携帯電話や自宅の電話、親・兄妹、彼氏・彼女会社にまで電話をかけまくる

無言電話24時間

勤め先に親が死んだと電話

脅迫 脅し

嫌がらせパターン




郵送嫌がらせサービス

不幸の手紙送りつけ

藁人形送りつけ

生ごみ送りつけ

糞尿送りつけ

代引きで片っ端に申し込み

ドアの鍵穴に詰め込み

玄関先や庭に腐った魚

バルサンを投げ込む


ドアノブにうるし

誹謗中傷貼り紙

車パンク

車に剥離剤

盗聴 盗撮

庭の植木に枯葉剤

付き纏い(ストーカー行為)

玄関先に動物の死体

玄関先に菊


パソコンで出来る嫌がらせ

悪質 出会い系サイトに登録サービス

メールアドレスを迷惑メール業者に登録

結婚相談所に登申し込み



届出サービス

住民票移転 抹消届け (海外転出届け)

勝手に離婚届 結婚届申請

勝手に養子縁組

生きていても死亡届け申請 (復帰手続き面倒)

賃貸マンション勝手に解約



ネット嫌がらせサービス

ネットいじめ代行

誹謗中秋の書き込み

煽り そそのかし

のりすましでブログの立ち上げ

うわさ流し、友人・知人等、会社にまでうわさを流す



かなりの損害と精神的苦痛に追い込まれてしまいます

トラブルで、理不尽な仕打ちを受けることがあります。


泣き寝入りする人も大勢いますが、理不尽な仕打ちには徹底した制裁が必要です。


復讐するにはどのようにするのか・・・


合法的な制裁などは相手は痛くも痒くもないでしょう。


絶望するほどの制裁を与えて始めて制裁になります。


交際相手の裏切り

□妻と別れる、そんな意思は、最初からなかった
□相手と話し合いたいが、電話もメールも全くの無視
□子供もおろした、自分は相手とも別れたのに捨てられた
□責任など最初から取れない、とる気もなかった
□自分を傷つけた張本人は何食わぬ顔で元のさやで生活を送っている
□都合のいい女として利用された


解決策
この世の中には性病の売春婦が意外と多いです。
ある筋の運営者に聞くと、現在治療中とか、来月から治療する、という女性が多いそうです。
そんな女性と一度でも関係すると一発で性病になります。
エイズの女性も以外と多いです。
そんな人間として最低な奴は性病にしてやればいいのです。
それが原因で妻に離婚されたバカな男もいます。


元彼の嫌がらせ

□別れ話が出たら職場に無言電話
□元彼がヨリを戻したいと待ち伏せ、つきまとう
□嫌がらせが増大、部屋に押しかけ侵入
□別れた不倫相手がヌード写真を職場に郵送
□元彼がホームページで嫌がらせ
□悪質な中傷文をネットに書き込んでくる

解決策
この手のタイプは警察に相談して「警告」をされると逆上して何をするか分かりません。
じっさいに殺人事件や暴力事件も起きています。
人を中にいれて話し合いをしても聞く耳も持ちません。
最悪のタイプです。
この手のタイプはお付き合いする女性も誰もいないので引き留めるのに必死になっています。
そこが相手の最大の弱点です。

この場合の対策は「当て馬」です。
出会い工作で新しい彼女を当て馬にして現状を忘れさせることで解決します。
100パーセントこのタイプの男は当て馬に引っかかります。

新しい当て馬の女性はこちらで用意します。


職場でのセクハラ

故意にヌード写真を見せる
上司に性行為を強要されて
誘われて断ると嫌がらせ

何の苦労もない平凡な生活をのうのうと送っている人に多いです。
このタイプも注意してもおとなしく聞くタイプではありません。
罠にはめて大恥を掻かせてやるのとテキメンに効果があります。
体裁を気にするタイプが以外と多いです。
ネットで誹謗中傷、嫌がらせメールに弱いタイプです。
精神的に追い込めばセクハラどころではなくなります。


浮気問題

夫が女性社員と浮気
妻の不倫が原因で離婚寸前
夫が人妻と不倫
夫が他の女性を妊娠させた
浮気ばかりする夫


解決策
女性問題でひどいめに遭ったことがない男に多いです。
ですから浮気も不倫も見境なく本能的な行動に走ります。
一度、懲りると二度と浮気はなくなります。
その方法は「美人局」です。
恐喝目的ではないのでお金は要求しませんが、精神的に追い込みます。
例えば、相手の亭主が現れて、暴力団風などの場合は震え上がります。
金銭目的ではないので恐喝や脅すことはしません。
これで二度と浮気はしなくなります。


暴力亭主
生活費もいれない
夫の暴力で悩んでいる
大酒のみで酒乱


解決策
この手の男は一生治りません。
離婚すると生活費が困ると考えて離婚に踏み込めない女性もいます。
この解決策は亭主を病気で殺して保険金を貰うことでしょう。

工作員の出番です。
亭主が外出先で食事や酒を飲んでいる隙に毒物を飲ませます。
即死ではなくじわじわと死ぬようにすれば完全な病死になります。
毎日少しづつ飲ませば、1ヵ月後には病院で危篤になります。
病院で死ねば当然司法解剖はされません。

完全犯罪です。


復讐代行 相談メール



復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ