貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 



クリックすると元のサイズで表示します


「ジャパゆきさん」。バブルに踊った1980年代の日本で、フィリピンから出稼ぎにやってきた女性労働者はこんな名で呼ばれ、風俗業を中心とした違法就労が社会問題になったことがある。


「日本は豊かな国」


日本に来て働けば幸せになれる−という幻想はなお、海の向こうでは消えていないようだ。パブでホステスとして働かせるためフィリピン人の女を来日させ、日本人と偽装結婚させたとして、大阪府警が経営者の男(59)=大阪府泉佐野市=を逮捕した。



出稼ぎのホステスにとっては夢にまで見たニッポン。いざ来てみればピンハネのひどさに不満が続出、脱走が相次いでいた。彼女たちが豊かな国のウラで直面した現実とは−。


 「本日のコスプレは、前回大好評だった体操服です」

クリックすると元のサイズで表示します

 
男が泉佐野市内で経営していたパブ「クラブ マリポサ」のものとみられるフェイスブック。薄暗い店内で、ブルマー姿の女性らが開脚したり、バレーボールに興じたりしている画像がアップされ、来店を呼びかける言葉が並ぶ。



男は同じ市内で「BARベイウォッチ」という店も営業。いずれも酒席でのフィリピン女性による接客を売りにしていた。

 

フィリピンパブと呼ばれる業態で、バブル期は地方を中心に各地に店があり、盛況だった。女性たちは主にダンスや芸能活動を行うための「興行」の在留資格で来日していたが、実態はホステス。



売春など違法な風俗産業への流出も問題になり、平成17(2005)年の入管難民法改正で対策が強化されてからは外国人パブは下火になった。



ただ、一定数の店舗は存続している。ネット上では「日本人のキャバクラよりも安く楽しめる」「フィリピン人のパブ嬢は情が厚く、人懐っこい」といった好意的な意見も多く、人気は根強いようだ。

 

そして2店舗のオーナーだった男が、人材確保のために行っていたのが偽装結婚。「日本人配偶者」という安定した在留資格を得させるのが目的だった。


自らも比人女性と…

ただ、フィリピン女性なら誰でもいい、というわけではなかった。


捜査関係者によると、男は自らフィリピンに渡り、パブやカラオケバーなどで気に入った20〜30代女性をピックアップ。容姿や日本語能力などをA・B・Cの3段階で評価し、めぼしい女性を採用するスカウト活動を行っていた。

 

「来日して3年間、うちの店で働いてくれ。その後は自由にしていい」。男は女性たちとこんな約束を交わし、邦人男性と偽装結婚させたうえで日本に呼び寄せていた。あくまで自分の店で働かせるためで、他店舗などに紹介した形跡はなかった。

 

スカウト活動のための渡航歴は、23年1月からの5年間で実に36回。ホステス候補の物色に精を出す一方で、自らは現地で出会った20代のフィリピン人女性と偽装ではなく実際に結婚していたという。


誓い≠フキス写真

 

あるときはパブ経営者、あるときはスカウトマン。そんな男が持つもう一つの顔が、ヤミ金業者だった。


超高金利


府警によると、男は知人名義で貸金業を営み、近年は無登録のヤミ金に移行。
120〜130人の固定客がおり、そのうち約50人に常時、計約1千万円を貸し付けていた。利息は1カ月に貸付額の1割という超高金利で、取り立ては息子(33)=貸金業法違反容疑で逮捕=が担当していたという。


 
「借金を帳消しにする」「3年間、毎月5万円が入ってくる儲け話がある」。男は、ヤミ金で借金を抱えたりパブでの飲み代を返せなかったりした人たちに偽装結婚の夫役になるよう提案。話がまとまれば旅費を渡し、フィリピンに渡航させた。

クリックすると元のサイズで表示します
 
夫役は異国で初めて会った「妻」と小規模な結婚式を挙げ、結婚の証拠とするためか、指輪を交換し、誓いのキスも写真撮影。妻役と一緒に帰国して、泉佐野市などに虚偽の婚姻届を提出していた。

 
こうして縁組させた偽りの「夫婦」は、少なくとも10組以上に及ぶという。


手元に金残らず…過酷な労働環境

 
「ヤミ金業者が、自分が経営するパブで働かせるため偽装結婚をさせているようだ」。27年12月に泉佐野署に匿名の通報があり、内偵捜査が始まった。

 
ただ立件まで一筋縄ではいかなかった。事情を知るはずのホステスの多くが短期間で店を去り、行方不明になっていたのだ。

 
相次ぐ脱走は、男の金払いの悪さが一因とみられる。

 
現地でスカウトした女らの時給は1500円。給料からは毎月、夫役への報酬として5万円を差し引かれた上に「食費などよく分からない費用」(捜査関係者)として、さらに5万円以上が天引きされていたという。


捜査関係者は「営業時間も長くなく、女らの手元には、ほとんど金が残らない状況だった」と明かす。


「在留資格を取るための割り切った関係」

 
府警は今年4月以降、偽装結婚させた電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの疑いで男を逮捕。10月までに、ほかに偽装に関わった計12人を逮捕、書類送検した。

 
フィリピン人の女らは「日本で長く働いて稼ぎたかった」と供述。夫役らは「借金があって断れなかった」と説明した。一方、男は「引き合わせたのは間違いないが、結婚は本人たちの意思」と容疑を否認している。

 
捜査の過程では、大半の「夫婦」が同居していなかったことも判明した。ある捜査関係者は「摘発した偽装夫婦の間には肉体関係はなかったとみている。あくまで在留資格を取るための割り切った関係だったようだ」と語った。

 
摘発された女らの大半がすでに強制送還された。日本で得たものはあったのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します


復讐代行します
0

 

看板タレントのために一肌脱ぐ「特攻隊」とは?  決断しなければならない男

ふと芸能ニュースを見ていると、某大手事務所が看板女優のイベントに取材がたくさんくるよう、事務所内の若手女優に枕営業をさせたという記事が出ていました。大手事務所でもこんなことさせるんだなぁ〜なんて思いつつも、昔似たような話があったのを思い出しました。

「そこそこかわいい子で、特攻隊できる子いませんか?」

クリックすると元のサイズで表示します


アイドル事務所のマネジャーをやっていた頃、とある業界関係者から、そんなことを言われました。特攻隊という意味がわからず、私がきょとんとしていると、「枕営業できる子だよ」という答えが返ってきました。私はびっくりして、担当しているアイドルに枕営業できる子はいないので、即答で断りました。すると、別に私が担当している子でなくても、素人で構わないというんです。

「DVD出せそうなレベルの、キャバ嬢とか風俗嬢いない? タレント志望じゃなくていいから」


芸能事務所の中には、所属タレントの間にヒエラルキーが存在するところもあります。事務所でプッシュしている子、社長のお気に入り、個々のマネジャーが売りたい子もいれば、とりあえず所属だけさせてみた子だったり、売れたらラッキーレベルの子、使い物になるうちだけ使いたい子もいます。当然、事務所がプッシュする女の子の仕事は厳選され、使い捨てレベルの子はなんでもやらされます。


例えば、事務所プッシュの一番売りたい子をA子としましょう。会食や顔合わせにはA子を呼び、いろんな人に「A子を使ってください!」と売り込みます。ですが、その後、俗に言う枕営業をするのはA子ではなく、同じ事務所内でヒラエルキーが下になるB子やC子なんです。その枕要員を特攻隊といいます。売りたいA子ではなく、別の子を抱かせる代わりに、A子に仕事をくださいというわけなんです。


そして、なぜ特攻隊をさせる子を芸能志望者以外からも探すかというと、モメないためです。「売れるためには、枕営業でもなんでもします!」というスタンスの子は、決して少なくはなく、仕事をくれそうな人には自ら望んで抱かれに行く子もいます。ですが、せっかく抱かれたのにその子に仕事がこなかったら、事務所内で不和が生じます。その点、あらかじめ特攻要員としてスカウトしていた芸能志望ではない子を送り込んでいたのだとしたら、そこでモメることはありません。その子には、バイトで稼げる以上の謝礼を支払っておくというわけです。


「顔見せに来た子と違う子がホテルで待ってたから、残念だったよ〜」なんて話はスタッフさんから何回か聞いたことがあります(苦笑)。特攻隊とはいえど、かわいい子ばかりで、だいたい皆さん、頂いてしまうようです。こうしたことから、この特攻隊を抱える芸能事務所は強いといわれています。


「芸能でブレークするのは、針の穴を通すような確率で、まともにやっていたら難しいんだよ。でも、特攻隊がいればそこで得意先との付き合いは密になって、売り出したい子に、より多くのチャンスが巡ってくる。その子がブレークしたら莫大なお金が入ってくる世界だから、仮に特攻隊の子にバイト以上の金を支払っても元は十分に取れるんだよ」

と、前出の関係者は言っていました。

 
ひょっとしたら、今、テレビでブレークしているあのタレントも、誰かの犠牲の上にのし上がってきたのかもしれません。

 
ちなみに、「誰か、仕事の少ない私の代わりに特攻隊に行ってくれないかなぁ……」とつぶやいたら、「特攻隊の子のほうが、だいたい吉沢さんよりかわいいよ!」と笑われました(泣)。

http://news.livedoor.com/article/detail/11523766/



復讐代行します
0

 

パワハラの実態  決断しなければならない男

社員の告発

東京MK社長(オーナー)は平成17年に某私鉄社員への殴打事件で逮捕歴があり、一時­社長を退くも僅か2年で社長復帰、平成20年には自社社員への暴行により月島警察に書­類送検されています。その度に本人は反省を口にし、会社も再発防止に努める、と公表し­ましたが、約束は反故にされ3度目の暴行を防ぐことは出来ませんでした。



オーナーによるパワハラ事案が続出したのは平成23年の夏のことです。その年の秋には­車載カメラ映像の公開を求める声が社内に少なからずありましたが、私たちは性急な公開­にはむしろ否定的でした。理由としては、第一には、お客様がお持ち下さっている良好な­企業イメージは諸先輩が地道な努力を続けてきた結果であり、軽々に毀損すべきでない。­第二には、企業イメージのダウンが売上に与える影響の予測が難しく、歩合制の給与体系­ゆえ同僚社員の生活をおびやかしてしまう可能性を否定できない。と、いうものでした。­平成24年10月29日に民事訴訟の原告5名のうち1名が起こしていた刑事訴訟の有罪­が確定し、平成25年3月25日には民事についても結審、約500万円の賠償命令が出­されました。


平成25年に入ってからは、会社側は労働組合との話し合いなどにも応じず一方的に重要­事項が決定される状況が続いており、全員業務集会が度々紛糾するなどの事態となってお­りました。そのような中、春以降催された複数会の職場集会では「一時的に売上げ減が起­きても、一度膿を出し切らないとダメだ」との意見が多数を占める様になったのです。

(過去の企業不祥事の例をとると)某製菓や某乳業などで消費期限が過ぎた材料が使われ­ていた事案では消費者の買い控えなどの反応があったものの、ファストフード某社の「名­ばかり店長」訴訟の例では某社はこの期間も売上を伸ばしていること、ユーザーアンケー­トで「弊社のタクシーを選ぶ理由」について「ドライバーが好きだから」というご意見が­一位になっていることなどを総合的に勘案し、私たちはYouTube投稿用映像の準備­をスタートしました。

400名を超える社員の意見を完全に一致させるのはそもそも無理­かもしれませんが、私たちは「最大多数の最大幸福」の実現を目標とし、社員の7割以上­の賛同が得られることを目安に行動しています。映像作成にあたってはドライバーを中心­に100名を超える方々に視聴していただき、そこで得られた意見を基にテロップなどを­細かく調整しました。最終的にベテランが多数出席する職場集会にて披露、全員から了解­を得られたことから社員全体においても少なくとも過半数の支持を得られるものと判断、­映像公開という苦渋の決断へと到った次第です。


私たちは「インターネットの暴力性」をよく自覚しており、この人物に対し口汚い誹謗中­傷がネット上に蔓延することは望んでおりません。また、この人物の出自も問題にしてお­りません。今回はYouTubeのガイドラインを尊重しプライバシーに配慮しました。­しかし、この人物は@過去に一般市民に対しても暴力を振るったことがあるA反省が見ら­れず再犯の可能性があるBオーナーとして現在も当該タクシー会社における意思決定の頂­点に立っており運行の安全に関しても影響力を持っている、ことなどを市民は知る権利が­ありプライバシーに一定程度の制限を設けるべきではないかと考えます。

…ここまで転載…

まあ、正直いって・・
こんなのどの会社でもふつうにあるわな
この前、相談に来た人は監禁されて暴行を受けた人もいる。

宅地開発の会社では、社員の要領が悪いと部長から怒鳴られ、真冬の北海道の山の中に置き去りにされた人もいたし、それから比べたらまだ良い方だろうな。



復讐代行します
0

 

家族が幸せになる方法  決断しなければならない男

結婚して1年か2年で子供が生まれると、子供に関心を示さない亭主が増えています。
仕事が磯貝ので余裕がない、と余裕がないと思うと違います。
残業もなく定時に李卓しても子供に関心がない。

「おしめの取り換えもしない」「こどもを抱かない」子供のことはまったく無視する男。
可愛くないなかと疑問を持つ母親がいます。


自分の親の介護は全部女房任せ、私や子供と子供と外出しない。
女房が少しでもミスをすると子供の前でも罵倒する。

自分は仕事から帰ってきたらすぐお風呂に入りその後ゴロゴロ寝転んでコップすら取りに行かず何もかもさせる。 かと言って仕事人間でもなく毎日定時帰宅。

子供の前で喧嘩もしょっ中で私を馬鹿にしていると思われる。

こんな亭主が増えています。
じっさい、離婚となると子供を抱えて不安もあるでしょうが
こんな男とは1日も早く離婚するべきです。

子供に愛着がないというのは持って生まれたもので、今後も愛着を持つことはありません。

どうするか・・・
交通事故か病死、急死をしてもらうことがいちばん家庭のためです。
仕事中に死ねば「労災が入るでしょう」交通事故なら保険が入ります。

ただで死んでも何もなりません。

殺すのではなく勝手に死んでくれればいいのです。
この手のタイプは離婚をしても子供の養育費は望めません。

そんなお手伝いをしています。


復讐代行 相談メール





復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ