貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 


スパイによる暗殺や、ミステリー小説の中に出てくる殺人事件などで、耳にする機会は多いものです。

1978年9月7日
共産党離反者でBBCに勤めていたブルガリア人ジャーナリストGeorgi Marcov(ゲオルギー・マルコフ)がロンドンのウォータールー橋を渡っていたとき、右側がちくっとするのを感じました。

振り返ると彼の背後には、地面に落ちた傘を拾う男が。その日の夕方から熱が上がり、4日後、彼は亡くなりました。死因は毒殺。

マルコフは世界で最も強力な天然毒素リシン入りの弾丸が装てんされた傘で、暗殺されたのです。

リシンは恐ろしい天然物質のひとつで、動物界には存在しません。トウゴマの種から採取され、人を1人殺すのに、500マイクログラム、つまりペーパークリップの5/10000ほどの量があれば充分なのです。

リシンは地球上最も有毒な天然毒素です。
そういった毒性のバクテリア、植物や菌はエキゾチックでトロピカルな地域のみならず、

1970年代のロンドンなどどこにでもあったのです。
毒性はその化学組成によるものなのですが、その毒はどうやってこれほどまで効率的かつ致命的に人体に働きかけるのでしょう? 

そしてなぜ私はちくっと感じたのでしょう? 傘だ!


毒性のある植物

キノコ、バクテリアは、吸引したり注入されたりすることで人々に死をもたらします。
また変化しやすい性質上、どれがどれほどの毒性を持つのかを定量化するのが難しいのです。
被害者の年齢を問わず、人間には身体を守る物質による抗体があります。

ただし、ひとつだけ例外があります。議論の余地はないと思いますが、自然界で生成される人体に対する致死的毒性物質としてよく知られているのは極小のバクテリア、クロストリジウム、ボツリヌス菌です。


有毒植物

•アサ(カンナビノイド類)
•アジサイ
•アセビ(グラヤノトキシン)
•アヤメ(イリジェニンなど)
•イチイ(タキシン)
•イチョウ(ギンコトキシン)
•イラクサ(アセチルコリン、ヒスタミン)
•ウマノスズクサ(アリストロキア酸)


イヌサフラン

クリックすると元のサイズで表示します

間違いやすい植物:ウルイ(ギボウシ)、ギョウジャニンニク、ジャガイモ、タマネギ
秋に開花するアヤメ科のサフランと名前も花の形も似ているが別物です。葉・花・地下部ともに強毒。
2019年4月と6月にイヌサフランを食し、2人が亡くなりました。1人はギョウジャニンニクと言われ頂き物。もう一方は、庭のギボウシと間違えたとのこと。この庭には、ギボウシとイヌサフランが生えていたとのこと。
〈2009〜2018年/患者数:19、死者数:8〉


ヤマノイモ

クリックすると元のサイズで表示します

花が美しいので園芸植物として市販されています。葉・花・地下部ともに強毒。
〈事件数:2、患者数:2、死者数:2〉

コバイケイソウ

クリックすると元のサイズで表示します

不快な苦みがあることも特徴。全草に有毒アルカロイドを含有し,加熱しても毒は消えません。誤食すると嘔吐,下痢,手足のしびれ,めまい等の症状が現れ、死亡する危険もあります。葉・花・地下部ともに強毒。
〈事件数:3、患者数:10、死者数:0〉


ジキタリス

クリックすると元のサイズで表示します

日本では観賞用に栽培され、一部は野生化している。茎・葉強毒、他は不明。
〈事件数:2、患者数:2、死者数:2〉


ジャガイモ

クリックすると元のサイズで表示します

親芋で発芽しなかったイモ、光に当たって皮がうすい黄緑〜緑色になったイモの表面の部分、芽が出てきたイモの芽及び付け根部分などは食べない。
塊茎の緑皮・塊茎の芽及び付け根の部分:毒性は中。
〈事件数:20、患者数:416、死者数:0〉


スイセン

クリックすると元のサイズで表示します

間違いやすい植物:ニラ、ノビル、タマネギ
葉・茎ともに毒性は中。
〈事件数:32、患者数:137、死者数:0〉


フクジュソウ

クリックすると元のサイズで表示します

キンポウゲ科、別名:元日草。
嘔吐、脈の乱れ、呼吸困難、心臓麻痺を起し死に至る。


トリカブト

クリックすると元のサイズで表示します

間違いやすい植物:ニリンソウ、モミジガサ
有毒アルカロイドのアコニチンを含有し、春に、食用野草のニリンソウなどと間違って誤食される中毒事故が多い。茎・葉、花、地下部とも強毒
〈事件数:14、患者数:33、死者数:3〉



復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ