貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 


クリックすると元のサイズで表示します

消費者庁は24日、日本マクドナルド(東京)が2017年に販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」に、成型肉を使用したのに、表示しなかったのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に課徴金2171万円の納付を命じた。

消費者庁表示対策課によると、2商品は17年8〜9月に販売。同社はテレビCMでブロック肉のローストビーフをスライスする映像を流すなどしたが、実際は商品の過半数で成型肉が使われており、店頭やウェブサイトを含め成型肉使用の表示をしなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

「東京ローストビーフバーガー」と称する料理について、テレビコマーシャルにおいて、2017年8月8日から24日までの間、「しっとりリッチな東京ローストビーフバーガー」との音声と共に、ローストされた牛赤身の肉塊をスライスする映像を放送するなど、あたかも、対象料理に使用されている「ローストビーフ」と称する料理には、ブロック肉(牛の部分肉を分割したもの)を使用しているかのように示す表示をしていた。

クリックすると元のサイズで表示します


実際は、対象料理に使用されている「ローストビーフ」と称する料理の過半について、成形肉(牛赤身のブロック肉を切断加工したものを加熱して結着させて、形状を整えたもの)を使用していた。

消費者庁は日本マクドナルドに対して、対象料理の内容について、それぞれ、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものである旨を一般消費者に周知徹底することを命じた。
https://www.ryutsuu.biz/government/k072445.html


復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ