貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

親を見ると子供がわかる  離婚

「親が離婚していると子どもも離婚すると子供も離婚する」


親が離婚すると子もする。
「離婚と遺伝子」の関係と思います。


親が暴力的な家庭は子供も暴力を振るう
結婚する相手の親を観察すれば婚約者の隠している真実がわかる。
親が生活力がないと子供も生活力は乏しい。

クリックすると元のサイズで表示します

全国年間結婚数離婚数
平成25年 婚姻660,613組 離婚231,383組 35%
平成26年 婚姻643,749組 離婚222,107組 35%


厚生労働省によると、2016年1月に発表された人口動態統計では、全国で離婚件数は225,000組で、人口千人当たりの離婚率は1.80でした。


1990年代後半になって離婚率は高まり、2000年から2009年まで離婚率は2.0を超えていました現在は「3組に1組が離婚」に至っています。


熟年層の離婚率が増えてきたことが問題視されたのは1990年頃。
過去の「人口動態統計調査」を見ても、同居期間が20年以上の夫婦で離婚率が増えたのは1990年からで、その割合は離婚者数全体の13.8%。


1980年の7.7%に比べ、爆発的に増えています。



一番離婚率が高いのは30〜34歳の女性


今最も離婚しているのはどの世代なのでしょう?


2014年の「同居をやめた時の年齢別の離婚率」を見てみると最も割合が高いのは、実は30代なのです。なかでも30〜34歳の女性は3万283件で最多となっています。


なぜ、この年代で離婚をする女性が多いのでしょうか?


同居期間別の離婚率にあります。
2013年の調査では同居期間が5年未満で離婚する割合は全体の32.1%。
次に多い同居期間5〜9年の離婚率の20.9%と比べ、およそ11.2ポイントも高い結果になっています。


現在、初婚年齢の平均が29歳であることを考えると、結婚から5年以内の34歳までで離婚数が多いのは自然といえるかもしれません。  
 

女性が経済的に自立すると離婚が増える?


「離婚」が増えることは、しばしば女性の「経済的自立」とも関連して語られます。平成27(2015)年度の厚生労働省の「人口動態総覧」を見てみると、女性の自立が進むアメリカ(女性の就労率69.2%)では人口1000に対し、婚姻数が6.8件。


一方で離婚数が2.8件となっています。イギリス(女性の就労率73.4%)では婚姻数4.5件に対し離婚数が2.0件。どちらも高い数値といえるでしょう。


また、女性の就労率が82.5%ともっとも高かったスウェーデンでも離婚率は高く、女性の自立と離婚率の関係性が伺えます。



ロシアの離婚率は日本の2.5倍

しかし離婚率が高い理由の全てが「女性の経済的自立」であるわけではありません。離婚率が高いことで知られるロシアでは1000人に対し婚姻件数は8.5で、離婚件数は4.5。同調査では日本の離婚件数は1000人に対し1.8件なので、およそ2.5倍の人たちがロシアでは離婚していることになります。


このロシアや旧共産圏の国の離婚率が高い理由として、「貧困」が関係しているとする向きもあります。現在、ロシアの貧困率は16%。経済的に安定していないと結婚生活を続けるのは困難ですし、貧困が原因でパートナーがアルコール中毒になり、DVの被害を受けて離婚せざるを得なくなる場合もあります。


また、貧困率17%で格差の広がるアメリカでは、富裕層の多い都市部の離婚率よりもワーキングプア層の離婚率が高いとされています。 



「生活費を渡さない」が離婚理由として増加中

 
2014年の調査では日本の離婚理由のトップは男女ともに「性格の不一致」
しかしよく見てみると、妻の側の離婚理由として「生活費を渡さない」は28.5%。実は2007年以降、この割合は増加の傾向にあるのです。


経済的に自立しているからこそ、「離婚」という選択肢が取れる場合もあれば、経済的に立ち行かないから「離婚」という選択肢を取らざるを得ない場合もある。


近年、日本ではシングルマザーの貧困の実態が明らかになってきました。離婚やシングルマザーへの偏見はなくなりつつありますが、就業面、経済面ではまだ問題が山積み。離婚という選択をしても女性が活躍できる社会が求められているのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

離婚率(県別)が高い
沖縄  2.53
宮崎  2.07
大阪  2.06
北海道 2.04
福岡  1.98
和歌山 1.98
高知  1.86
鹿児島 1.82
東京  1.81
鳥取  1.80


沖縄の男は怠け者で働かないので離婚は当然でしよう。

復讐代行します
0

 

夫からの突然の離婚宣言  離婚

我慢の限度を超えると…

「ごめん、もうお前とはやっていくことができない。別れてほしい」と、夫から突然、離婚を言い渡されたY美さん(33歳)。結婚4年目で、子どもはいなく、共働きをしている今どきの夫婦です。結婚する前の付き合いが長かったせいか、結婚後はすぐにセックスレスになってしまったと言います。

とはいえ、夫婦仲がさほど悪いというわけではなく、週末になれば二人で買い物に出かけたり、映画を観に行ったりと、ごく普通に平穏な夫婦生活を送ってきたとのこと。「それなのに、ある晩遅くに帰ってきたと思ったら、急に離婚を切り出されてしまって……。私にはまったくといっていいほど心当たりがありません。とにかくショックで頭が真っ白になりました」と、落ち込むY美さんでした。


突然の離婚の陰には高確率で「女性」の存在アリ!
民法には、離婚の訴えを起こすことが可能な場合として、次のようなことが掲げられています。「配偶者に不貞な行為があったとき」「配偶者が悪意で遺棄されたとき」「配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」というのがそれです。


こういった明白な理由もなく、前出の産後クライシスにあてはまるわけでもない場合、突然、離婚を切り出す夫には、気になる女性がいると思って間違いないでしょう。夫が「もうやっていかれない」「ひとりで考えたい」「自信がなくなった」などというときは、異性の存在があるケースがほとんど。Y美さんのように、妻にとっては青天の霹靂で納得できないかもしれませんが、夫が浮気をしていることは多いのです。


厳しい言い方をするようですが、「もうやっていかれな」かったり、「自信がなくなった」のは、あなたとの結婚生活に限ってのこと。ほかの誰かとであれば、結婚生活を営めるという意味なのです。


その場合、大切なのは、まずは危機感をもって現実をしっかりと見つめること。事実を把握することからすべてがはじまります。そして、浮気が発覚したら、冷静に賢く浮気を消滅させて、夫婦関係を修復することを目指しましょう。夫の浮気をやめさせる方法はいくらでもありますから、戦略的に考えて、効果的な方法を選び、実行することをおすすめします。


いずれのケースにしても、離婚を切り出された段階では、まだまだ修復可能なことが多いといえます。「もうダメだ。離婚しかない」と諦めたり、決断をくだしたりするには早すぎるのです。


自分の幸せがどこにあるのかをあらためて考える機会にもなることも事実。夫婦のありかたを見直すためのチャンスだと思って真摯に受けとめ、勇気を持って新たな幸せの一歩を踏み出しましょう!

離婚もうまく離婚すれば生活に困りません。

復讐代行します
0

 

離婚 円満解決 復讐まで  離婚

離婚したいのに、どうしても離婚できない方へ

離婚したいが、離婚できない・・・そのような悩みを解決させます。

第三者にはなかなか分かってもらえない、「離婚したいけど離婚できない」という悩み。

そのようなお悩みに対して、年中離婚・夫婦問題、男女問題を扱っている方、相談下さい。


クリックすると元のサイズで表示します


●なぜ離婚が出来ないのか?

●何が起きれば離婚請求が出来そうなのか?また通りそうなのか?

●離婚を請求する際に、親権・養育費・財産分与等の離婚諸問題の解決は
  どうするのか?

●離婚できない理由として、お客様側の過去の言動に不利な要素があるのか?

●離婚出来ない理由に、第三者である身内・会社等の世間体が関わって
  いるのか?



離婚したいが離婚を請求しても先ず間違いなく拒否されてしまい離婚が出来ない方

離婚したいが離婚を切り出すと、異性関係(浮気)を怪しまれてしまい、

離婚がし辛くなる方

離婚したいが離婚話を切り出すと相手が精神的に不安定になってしまうので怖い方

離婚できない理由として、ただ単に「きっかけ」がないという方

離婚したいが、親権が相手にいきそうで離婚ができないでいる方

離婚したいが、高額な慰謝料を請求されるため、離婚できないでいる方



復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ