貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

目薬で人を殺せる  家庭内暴力の現実

家庭内暴力や酒乱は家庭が地獄絵図の生活を虐げられている。
酒乱と暴力を振るう夫は一生治らない。


職場の飲み会などを経験していると、1度や2度は「酒を飲むと人格が豹変する人」に会ったことがあるのではないだろうか。


いわゆる「酒乱」だ。


酒を飲んでテンションが上がったり、冗舌になるのなら「ただの酔っ払い」。
しかし中には酒が入ると、人格が変わったかのごとく、豹変する人がいる。


そして暴言すれすれのアブない発言を連発したり、酒の席だからかろうじて許されるようなセクハラまがいの発言をしたりすることもある。


いわゆる「酒乱」と呼ばれるやつである。
昨晩、大胆発言を繰り返していたのに、翌日は全く覚えていない、などという人も珍しくない。



酒乱も二種類あって若い頃から酒飲みで酒乱になるタイプと中高年になって酒乱になるタイプ


若い頃からの酒乱は遺伝的な要素が高く身体がアルコールをほしがる悪性酒乱。

道徳的な規範などが守れなくなっている状態に陥ります。


中高年になってから酒乱になる人は環境が大きく、ストレス性が原因で理性が抑えられ人格が豹変します。



どのタイプも共通点があり「真面目な人」に多い。


気の弱い人ほど強く見せようとしたり、気の強い人は気が弱いように見せるのは「反動構成」


普段は自分の本性を隠し、その反対の行動の行動をとるのを反動構成と言います。



酒を飲むとその人が持っている本質が出てくる。



酒乱と結婚すると大変なことになります。
このタイプは真面目な人が多いので、仕事もある程度は成功します。
そのうち、封印していた「酒乱」が現わられ大失敗をして出世はしません。



金銭面も生涯を見ると貧困に陥ります。
貧困から酒の量が増え、家庭内暴力が毎日のように続きます。



そんなやからと結婚して子供を育てるのはとても無理な話で子供に影響が及びます。


離婚できれば離婚することがベストですが、この手の男は離婚話を出すと豹変し暴力に歯止めが利かなくなり、引き留めるためにさらなる暴力を振るいます。


裁判で離婚してもストーカーや嫌がらせをしてくるでしよう。


家のローンがあったり生活もあるので離婚に踏み止まらないでいると生涯後悔します。


対策としては「死んで貰う」これしかないです。


殺すにもバレる殺し方は子供の将来に影響します。
ローンもあるでしようし、これからの生活もあります。


病死にすれば解決します。
保険金も入るでしょう。


首を絞めたり、包丁で刺すのは賢明なやり方ではありません。


家庭にある「目薬」で十分に人は殺せます。


酒乱ですから毎日酒を飲みます。
メチルアルコールでも人も死にます。
酒乱にメチルを飲ませて殺しても、診断は肝機能障害になります。
おおむねスプーン1杯か2杯い゛死にます。


味もしないし、無職でバレません。

クリックすると元のサイズで表示します


「目薬で夫を毒殺」した主婦がいます。

クリックすると元のサイズで表示します

夫を毒殺した容疑でラナ・クレイトン容疑者(52)を逮捕、訴追したと発表した。クレイトン容疑者は、数日にわたって夫のスティーブン・クレイトンさん(64)が飲む水に目薬を入れ、毒殺した疑いがかけられている。
https://www.bbc.com/japanese/45417060

酒に目薬をいれると悪酔いする、というのは都市伝説ではなかった。
一時的に記憶まで飛んでしまうという物騒な成分です。


薬局やドラッグストアでは、疲れ目や目の渇きなどの症状があるときに使う目薬が、気軽に購入できます。


目薬に猛毒の成分が入っているからです。


血流をよくする効果がありますが、これに問題があります。


この目薬で殺された夫は日本でも多いと思います。
まさか警察も目薬で殺したとは想像もしないでしょう。



復讐代行します
0

 

就寝中の妻に馬乗り、首を絞めて殺害 夫に懲役10年  家庭内暴力の現実

クリックすると元のサイズで表示します

妻の首を絞めて殺害したとして殺人の罪に問われた、さいたま市緑区、無職松崎文雄被告(73)河村俊哉裁判長は懲役10年(求刑・懲役13年)を言い渡した。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/03/12/02.html


すべての「家族」が仲良く手を取り合って暮らせるわけはない。
なかには夫婦や親子同士で激しく憎しみ合い、争いの末に裁判や事件にまで発展してしまう家族もいる。


 
男は、松嵜(まつざき)文雄被告(73)。2017年5月、埼玉県川口市にある自宅マンションの一室で、同居する妻の松嵜すゑ子(すえこ)さん(68=当時)の首を絞めるなどして殺害。殺人罪で起訴された文雄被告の裁判員裁判は今年2月から3月にかけ、さいたま地裁で開かれた。


文雄被告は事件前に脳梗塞を発症し、その後遺症で失語症となっている。
そのため、証言台の前にノートパソコンが広げられ、公判で会話が交わされるたびに、そのディスプレーに内容が表示されていた。


法廷の端には、同時通訳のように会話をすぐさま入力している女性たちがいた。文雄被告の傍らには言語通訳が座り、ディスプレーに表示される文章を、細かく説明している。

 
事件を起こしてから脳梗塞で倒れたのではなく、事件を起こしたとき、すでに脳梗塞後で、失語症を発症している状態だった。


逮捕から公判までに1年半をゆうに超えていたのは、文雄被告が否認して取り調べが長期化したというわけではなく、失語症のために取り調べに時間を要したためであろう。


事件当時から、妻とのコミュニケーションは楽ではなかったはずだ。いったい何があって事件へと至ったのか。



「最初に離婚を望んだ」のは文雄被告だった


検察側冒頭陳述によれば、文雄被告とすゑ子さんは同棲を経て2002年に結婚。
お互い再婚同士でそれぞれ成人した子どもがいた。

クリックすると元のサイズで表示します

2年後に本事件の現場となるマンションを購入し、同居を続けていたが、文雄被告が脳梗塞で倒れ、その後遺症で失語症に。主に発語が困難となった。


言語聴覚士の元でリハビリを続けていたが、夫婦仲は徐々に悪くなっていったという。


2016年9月
離婚のために調停を申し立てたのは、文雄被告のほうだった。


事件までに5回の調停が開かれ、夫婦はともに離婚に合意していた。
このまま離婚に至れば何も起こらなかったはずだ。
だがすゑ子さんが提示した条件に、文雄被告が不満を抱く。


それまで「夫が出ていけば、金銭を受け取れなくても離婚に合意する」と言っていたすゑ子さんが、5回目の離婚調停時に、こう主張したのだという。


「マンションの所有権は私で、夫には引っ越し代として22万円支払う」

 
11日後
文雄被告はすゑ子さんの殺害を決意した。
離婚調停中だが同居は続けていた2人。
その日に限って、すゑ子さんはいつもの寝床でなく、ソファで眠ってしまっていた。


そこに文雄被告が馬乗りになり、首を絞めた。


罪状認否で「間違っているところはないか」と裁判長に問われ「はい!」と大きな声で答えていた文雄被告。


事件の経緯には検察側、弁護側双方、主張の食い違いは見られないが、事件に至る流れについては、いくぶん異なる。

 
弁護側は冒頭陳述で、文雄被告が離婚調停の申し立てを決意した背景に、すゑ子さんの冷たい態度があったのだと主張した。



<弁護側冒頭陳述>

元々快活で話しすぎるほどの文雄さんでしたがそんな人が突然失語症になってしまった……。
すゑ子さんははじめ、文雄さんを心配して一緒に色々なところへ行っていました。
病院も付き添っていました。


ところが徐々に文雄さんを無視するようになり、頻繁に外出し、行き先も、帰る時刻も伝えず、夜遅くなっても帰ってこないこともありました。


ホワイトボードを用意して、帰る時刻を書いて欲しいと伝えても、書いてくれず……。
突然すゑ子さんが怒り出す時がありましたが、文雄さんはなぜ怒っているのかわかりませんでした。


徐々に文雄さんを軽んじるような態度をとるようになったのです。


妻が提示した「22万円」の引っ越し代


こうして冷えた関係にあった夫婦が、離婚の話し合いを進めることになったが、文雄被告はこの調停の進捗を、自身が依頼していた弁護士に聞いてもなかなか理解できず、また夫婦関係において文雄被告が何を問題としていたのか弁護士に伝えることもままならなかったという。


このような状態が続けば、文雄被告が大きなストレスを感じるようになるのも自然な流れではある。



<弁護側冒頭陳述>

すゑ子さんが提示した22万円の引っ越し代は、あまりに少ない。引っ越しもできない。
もう次回で終わりにしようと思った……


ところがすゑ子さんの態度が急変し、打って変わって『出て行け』と怒鳴るようになった。
条件を受け入れようと、平穏を保とうとしていた心が崩れ始めた……。
 

離婚はそもそも文雄被告が望んでいたが、その条件が折り合わない中で文雄被告は事件を起こした。
その大きなきっかけとなったのは“22万円の引っ越し代”という離婚条件だった。



なぜすゑ子さんは、15年以上連れ添った夫に対し、このような条件を提示したのか。その理由は証拠調べで明らかになった。


すゑ子さんは調停で次のような書類を提出していたという。

 

「同居して数年後から、被告はすゑ子さんに暴言を吐くようになり、外泊が増え、コミュニケーションを拒絶するようになった。そのためすゑ子さんはうつ病を患った。



また自宅マンションはすゑ子さんの保有財産から1300万円の頭金を払い、事実上半分以上すゑ子さんが支出していた」



「2人の関係」は脳梗塞の前から崩れていた

 
脳梗塞は関係なく、もともとすゑ子さんとの関係は良好とはいえなかったようだ。
すゑ子さんと前夫との間の息子が証人出廷し、文雄被告が脳梗塞を起こす前の様子を、怒りを込めこう証言した。



<すゑ子さんの息子の証言>

1996年
二人は同居するようになりましたが、当時から母は松嵜から嫌がらせを受け、病院に搬送されたり、また2009年には母が帰宅すると、松嵜が見ず知らずのスナックの女性と裸で寝ていたりという浮気があったり、関係がよくないときは多々ありました。


これは関係が悪化するのは当然


松嵜は母に金を渡さない時期もあり、また2010年には、母に暴力をふるい、私が海外出張で国外にいたため助けることができず、大宮の従兄弟に助けに行ってもらったときもありました。



事件前年には、金を自分で管理したいと言いだし、その頃から、金の流れについて母を責め立て、「馬鹿野郎」と罵倒したり、ストレスがたまるとリモコンを母に投げつけたと聞いています……。
 

すゑ子さんの息子は文雄被告のかつての行状を、時に声を詰まらせながら語り続けた。
文雄被告が脳梗塞を起こす前から夫婦の関係は冷え切っており、また文雄被告の言動に、すゑ子さんの子どもたちは怒りを感じていたようだ。



だがこの証言も、当の文雄被告はすぐには理解できない。
冒頭のようにパソコンの画面に表示された文字を読み、通訳からの説明を受け、理解した様子でうなずいたり、また頭を左右に振った場合は通訳がさらに説明を加え、尋問が進んでいく。

 

頭を左右に振るときの文雄被告が、証言内容そのものを理解できないということなのか、それとも証言に納得いかず自分の言い分があるということなのかが、様子を見ていても判然としないことがたびたびあった。



別期日で開かれた被告人質問も、同様の流れで進んだ。そんな中でも、文雄被告は弁護人からの質問には泣きながら「自分が殺さなかったら……また違うことあったかもしれない……」と述べた。


通訳いわく「すゑ子さんのうつ状態について思い至っていれば、違う選択肢があったかもしれない」という意図だという。

 

だが、質問者が検察官に交代し「違う選択肢があったと言いましたね?」と問われると「………」


と返答をせずに無反応状態となっていた。


 
質問では、脳梗塞で倒れる前の文雄被告の言動についても問われていたが「質問がわかりません」とたびたび答え、すゑ子さんの息子が証言したような過去があったかどうかは、本人からしっかりと語られることはなかった。


「夫婦のすれ違い」が招いた後味の悪い事件

 
事件の日、文雄被告がすゑ子さんに馬乗りになり、首を絞めて殺害したことは確かだ。
このときすゑ子さんは目を覚まして強い抵抗を示し、文雄被告の髪の毛が大量にソファに散らばっていたことが、証拠から明らかになっている。


 
脳梗塞の後遺症を抱えた生活の中で、すゑ子さんに冷たくされたという文雄被告だが、すゑ子さんはそれよりずっと前から、夫婦関係に悩んでいたのではないだろうか。


文雄被告の奔放な振る舞いにより生じていた、夫婦のすれ違い。


それが事件を招いた。

 
文雄被告には懲役10年の判決が言い渡されている。
だが、懲役を終えても、文雄被告がすゑ子さんの気持ちに寄り添えるかは怪しい。
“脳梗塞の後遺症に苦しむ自分に冷たくした”と考えている文雄被告には、夫婦の不和に苦しんでいた頃の、すゑ子さんの気持ちをおもんぱかることはできるのだろうか。

なんとも後味の悪い事件だった。

クリックすると元のサイズで表示します
復讐代行します
0

 

4歳殴られ死亡、母の交際相手ら懲役10年判決  家庭内暴力の現実

大阪府箕面市の集合住宅で2017年12月
筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(当時4歳)が暴行されて死亡した事件で
傷害致死罪などに問われた無職松本匠吾(25)
その知人の無職大倉敏弥(21)両被告


大阪地裁(大寄淳裁判長)は1日、2人にいずれも懲役10年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。


判決によると、2人は母親の麻衣被告(27)(起訴)と共謀。
17年12月中旬以降、歩夢ちゃんと次男(3)に暴行してけがを負わせ、同月24日夕から25日未明、歩夢ちゃんの腹を殴るなどし、腹腔(ふくくう)内出血で死亡させた。

裁判員裁判で審理され、2人は起訴事実を認めていた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190301-OYT1T50242/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017年12月に大阪府箕面市で筒井歩夢ちゃん(4)が、実の母親や交際相手ら3人に暴行を受けた事件がありました。

歩夢ちゃんは死亡する前日にしつけとして、一晩中立ったままにされていたことが分かりました。

まだ体も成長期にも入っていない幼い子どもに腕立て伏せをさせて、挙句の果てに暴行をくわえるなど到底理解できませんね。


捜査関係者によると、大阪府警の取り調べで暴行へ至った動機を聞くと「食事をこぼしたため」と供述。



歩夢ちゃんの全身に約50箇所のアザが見つかっています。
搬送先の病院で腹腔内出血で死亡したとのことなので、死に繋がったのは腹部への強い衝撃の可能性が高いです。


箕面市は、虐待の事案を競技する場に警察にも加わってもらう、と異例の処置を取っています。それだけ事態を重く見ているのでしょう。この取組は全国的に見ても稀なことだそうです。


時系列を追ったところ、周囲は異変に気がついていて家庭センターも家庭訪問していましたが…


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Facebookを調べてみると、筒井麻衣被告、松本匠吾被告と見られるアカウントが複数発見されました。確度はかなり高いのですが、本人と断定できる情報が少ないので画像の掲載は控えます。


筒井麻衣被告と考えられるアカウントは画像だけ閲覧可能でつぶやきは非表示か削除されています。


松本匠吾被告と考えられるアカウントは友達でないアカウントでも書き込みが可能で、事件を知った人々が非難するコメントを多く残しています。

クリックすると元のサイズで表示します

大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)は、2016年5〜6月に2回、当時は同府池田市に住んでいた筒井歩夢ちゃんと弟(2)についてネグレクト(育児放棄)の疑いで通報を受けた。


2016年5月
大阪の家庭センターは通報を受けて自宅を訪問しています。亡くなってしまう前に、周囲の人々は異変に気がついたのでしょう。

この時は「親族の支援が得られる」という理由で麻衣容疑者の元へ返すことに。



2017年1月
再び通報がありますが…


同府箕面市に転居した後の今年1月にも「子どもの泣き声や母親の怒る声がする」と通報があった。
センターの職員が自宅を訪ねて麻衣容疑者と話をし、その後、「一定の改善がみられた」として主な対応を箕面市に委ねたという。


何故か改善が見られたとのことで再び返すことになっています。「改善ってなんだよ?」と考える方も多いかもしれませんが、親と子供を引き離すことは他人が容易に決められることではないですよね。

しかしその後も次のように、異変が見られ家庭訪問が続く状況になります。

2017年7月
兄弟がお風呂に入っていなく、洋服もほとんど着替えていないことに保育所職員が気がつく。


2017年8月
本格的に家庭訪問再開。


2017年11月
兄弟が保育所に来なくなる。

2017年12月
職員が自宅に訪問すると弟の頬にアザがあり。麻衣容疑者「階段から落ちた」弟本人も「落ちた」と話したとのこと。



そして、同月23〜24日に致命的な暴行を歩夢ちゃんにくわえたと見られていて、25日麻衣容疑者は「子供が息をしていない」旨を警察に通報。



通報のあった2016年5月から1年以上も期間があり、家庭訪問も行っているにも関わらず、最悪の結末を向かえました。



懲役10年・・・

虐待して殺したわりには刑が軽いな
懲役25年位が妥当と思う。





復讐代行します
0

 

女児死亡 父親に押し切られ…児相が自宅生活を了承  家庭内暴力の現実

千葉県野田市で10歳の女の子が死亡した事件で、逮捕された父親が女の子を自宅に連れ戻した後、児童相談所は父親に押し切られる形で自宅での生活を了承していたことが分かりました。

野田市の小学4年・栗原心愛さんはおととし11月、父親の暴力を訴えて一時保護され、その後、親族の家で暮らしていました。


逮捕された父親・栗原勇一郎容疑者(41)は去年2月、親族の家を訪れた児童相談所の職員に「自宅に連れて帰る」と話しました。


その2日後に児童相談所は心愛さんの自宅での生活を了承していました。ただ、市によりますと、児童相談所は了承した前日に「心愛さんは自宅に戻ったのではないか」と市に報告を上げていたことが分かりました。


児童相談所は勇一郎容疑者の行為を追認する形で了承した可能性があります。県などは当時の対応を検証することにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「お父さんに暴力を受けています。
夜中に起こされたり、起きているときに蹴られたり、たたかれたりされています。
先生、どうにかできませんか」



千葉県野田市の10歳になる小学4年の栗原心愛(みあ)ちゃんは、いじめを調査する学校のアンケートにこう書いていた。

この文面が報じられる度に、事件の悲惨さが心に重くのしかかる。「チャンスは何度もあったはずなのに、なぜ学校や児童相談所は救えなかったのか」と悔やまれるばかりだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


事件の経緯

千葉県野田市に移り住む前、心愛ちゃん一家は沖縄県糸満市で暮らしていた。
2017年7月、母方の親族から糸満市に「父親から恫喝を受けている」と相談があった。


しかし翌月の8月には一家は野田市に引っ越した。
このため糸満市は恫喝の事実関係を確認することはできず、心愛ちゃんに対する恫喝の有無を野田市には伝えなかった。


ただ「夫が支配的」とだけ連絡していた。


このとき糸満市と野田市が積極的に情報交換していれば心愛ちゃんを救えたかもしれない。
行政機関や学校に虐待がばれそうになると、親が転居を繰り返すケースはこれまでにもあった。


糸満市は住民票の異動などで転居の情報をつかめたはずだ。つかんだその時点で最悪の事態を想定して対応すべきだった。


心愛ちゃんは野田市の小学校に通学し始めて2カ月後の2017年11月6日、前述したアンケートの自由記述欄にSOSの言葉を書き込んだ。


小学校と野田市が顔にアザを確認し、千葉県の柏児童相談所が心愛ちゃんを翌7日に一時保護した。

この対応は迅速だった。
子供の安全を最優先し、虐待防止の原則に従っている。
ここまでは評価できる対応だろう。



アンケートを渡して暴力がエスカレート


しかしその後の対応がまずかった。
柏児相の一時保護に、父親が腹を立て「誘拐だ」などとまくし立てると、12月27日に親族宅で暮らすことを条件にして一時保護を解除する。


さらに父親は小学校や野田市教育委員会に対し、「名誉毀損で訴訟を起こす」と脅して保護のきっかけとなったアンケートを渡すように何度も迫った。


市教育委員会は昨年1月15日にアンケートのコピーを渡してしまった。


市教委側はマスコミの取材に「子供が虐待と感じていることを知ってほしかった」と答えているが、父親の虐待をエスカレートさせる可能性のある危険な行為だ。


子供は一番知ってほしくない父親に知られことで、もはや誰も信じられなくなり、本当のことを言わなくなってしまう。


野田市教委がアンケートのコピーを渡した3日後の昨年1月18日
心愛ちゃんは野田市内の別の小学校に転校し、3月には柏児相の判断で自宅に戻っている。


その後は転校先の小学校が心愛ちゃんの様子を見た。心愛ちゃんは学級委員長に自ら立候補するなど活発に学校生活を続けていた。


心愛ちゃん自身からも父親の暴力についての訴えはなかった。


柏児相や野田市は「もう問題はない」と判断していた。


ところが昨年9月の夏休み明けに10日ほど学校を休み、今年1月7日の始業式以降に再び長期間の欠席。心愛ちゃんは1月24日に自宅の浴室で死亡しているのが見つかり、翌25日、父親の栗原勇一郎容疑者(40)が千葉県警に傷害容疑で逮捕された。


児相や市は、心愛ちゃんの長期欠席を問題視せず、自宅訪問も行わなかった。
柏児相は、2月5日に行った記者会見で、心愛ちゃんが書いた父親の虐待を否定する手紙について、児相は父親によって書かされた疑いがあると考えながら、心愛ちゃんを自宅に戻すことを決めていたと説明した。


野田市教委がアンケートのコピーを渡していたのと同様に行政の大きなミスである。
アンケートを渡して暴力がエスカレートした。


なぎさ容疑者は、勇一郎容疑者が心愛ちゃんの髪を引っ張ってシャワーの冷水を浴びせかけ、首をわしづかみにするのを見ながら止めなかった。


県警の取り調べになぎさ容疑者は「娘が叱られていれば、自分が夫に何か言われたりせずに済むと思った。止めたくとも止められなかった」と供述している。


なぎさ容疑者は勇一郎容疑者からD家庭内暴力を受けていたという。


何があの父親を娘の虐待へと向かわせたのかにある

クリックすると元のサイズで表示します

父親は躾というが…

幼い子をそこまでやれるとは人間というのは恐ろしいものだな。

復讐代行します
0

 

夫の暴力  家庭内暴力の現実

夫婦間で、ちょっとした口論になることがあります。
自分について否定されたり、思い通りにならないと、暴言を吐き、怒鳴り、終いには物を壊したりしする亭主がいます。


女房に手を上げたりあり、顔を殴られるなどの暴力を受けている人は多いです。


口論が始まると夫のほうから「そんなに喧嘩したいのか?やろうじゃないか。」
と脅しのようなことを言うようになり怖くて口も聞けない心境でしょう。


殴られたり、怒鳴られるのが怖くて、雲行きが怪しくなったら、「ごめんなさい。私が悪かったです。」と許しを請い、キレさせないようにして生活を続けるのは問題です。


夫婦それぞれ、色々な形があると思います。
このように、何かある度に弱い立場として何も出来ず、うっぷんが溜まる生活は限度があります。


暴力亭主は結婚して1年弱で、始まる傾向があります。
夫と別れたら生活が困る、子供がいるなどの状況では決断に迷うでしよう。


もう、離婚したい、とか、夫がいなくなっちゃえばいいのに。とか思ってしまう自分がいたらその生活の限界を意味しています。


夫の暴言や暴力は夫の両親も知っています。
暴言は親にも吐くことが多いでしょう。
しかし、黙認という感じです。


まず暴力は絶対我慢してはいけません。
どんなに彼の言い分が正しくて、あなたが間違ていたとしても、暴力を受け入れてはいけません。徐々にあなたが破綻していってしまいます。


自分が思った通りに事が運ばないとパニックになるのは一種の精神病です。
いずれにしても、暴力が許されるわけはありません。


おびえた結婚生活を送らせるために大事な子供を育ててきたのではありませんから。
言動にビクビクしながら送る生活はこれから先なにも変わらないし、エスカレートすることはあっても改心はしません。


人は仕打ちを受けても、自分が被害者だという意識がなくなり、普段はいい人で、切れさせる私が悪いのだと加害者になっていきます。


まず逃げることが先決です。


どんな生活になろうとも暮らしていけます。まだどうにでもなります。
まず逃げてから亭主の復讐はいくらでも出来ます。


交通事故で亡くなる可能性だって世の中にはごまんとあります。
やる気になれば何でもできるということです。




復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ