貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

逃げた奴から返済させる  貸した金を取り戻す方法

貸したお金を取り戻すには大変です。
民事裁判で損害賠償で勝訴しても相手にお金がなければ何もなりません。
借金踏み倒しにしても慰謝料請求にしても相手にお金があればの話です。

返済させるコツは相手にもお金が入る、ということが第一条件です。
「これをしたら貴方はこれだけお金が入りますよ」ということです。

本人を納得させてお金を作らせばいいのです。
今までの経験で夜逃げしたり、借金を踏み倒す人間はお金にお困っています。

「儲かるなら何でもやる」という人です。

先々のことは考えないでその場しのぎで判断する人が多く、多少ヤバイ話でも飛びつきます。

例えば、偽造カード、偽装結婚、住民票の売買、肝臓売買、パスポート売買、名義貸し、外国人と養子縁組など裏関係の儲け方はいくらでもあります。

これを納得させてやらせればいいのです。
今までの経験で1千万〜5.000万も作らせたことがあります。

当然相手にも依頼者の借金を清算させて半分のお金は本人に渡しますが、人はお金を作ろうとしたらどうにでもなるということです。

もちろん、きちんと返せば何ら問題のないことですが、なかには“ちょっとだけ”、“すぐに返すから”という軽い気持ちで始めた借金がふくらんで、ついには行方をくらますという人もいます。

借金で首が回らなくなる人には一体どのような特徴があるのでしょうか?
知人や親族から借金をして夜逃げするタイプには共通点があります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなタイプは要警戒です。
弁護士が自己破産を申し込みにくるタイプの性格を書いています。

■1:ルーズな人

弁護士のもとに借金問題の相談にくる人のなかには、打ち合わせをすっぽかしたり、必要な書類を用意しなかったりする人もいるといいます。

生活態度がルーズな人というのは返済期限も守らないので、借金がふくらみやすいのかもしれませんね。



■2:計画性のない人

サラ金で利息を払い過ぎていた場合には、過払い金が戻ってくることがありますが、ある程度まとまった額の過払い金を受け取った途端、仕事をやめてしまうような人がたまにいるといいます。

過払い金で戻ってくる額は、最大でも数百万円程度とのこと。一生遊んで暮らせるほどの額でもないのに、手元にお金があると「ちょっとくらい休んでもいいかも」という計画性のなさでは、せっかく借金地獄から解放されても先が思いやられますね。



■3:コミュニケーション能力が低い人

借金問題の相談者のなかには、まともに会話のキャッチボールができない人も多いといいます。

たとえば、「お金を借りたのはいつごろですか?」と尋ねているのに、それには答えずにいきなり当時の上司の恨みつらみを話しだしたり、相手の話をさえぎって自分の言いたいことだけ一方的にはきだしたり……。

コミュニケーション能力が低い人は、仕事がうまくいかず、また困ったときに周囲の人の協力も得にくいことから金銭問題を抱えるリスクが高いのかもしれません。



■4:何でも他人のせいにする人

経営者で破産する人に多いのが、経営がうまくいかなかったことを世の中のせいにする人だといいます。

「リーマンショックのせいで売り上げが激減した」、「円高で貿易部門が不振に陥った」、「円安で原料高になった」など言い分を挙げるとキリがありませんが、結局は“経営者の見通しが甘かった”の一言に尽きるのではないでしょうか? 

景気の浮き沈みを織り込んだうえで健全経営を続けている企業だってごまんとあるのですから……。



■5:プライドの高過ぎる人

うさんくさい儲け話に乗せられて借金を抱えた人にはプライドの高過ぎる人が多いといいます。

「それって詐欺なんじゃないの?」と他人から指摘されても絶対に受け入れようとしませんし、「ひょっとして自分はだまされているのでは?」という疑念が一瞬よぎっても、「いや、自分は特別な人間だから失敗するはずがない」と思いこんで突っ走ってしまうのです。

スパッと己のまちがいを認めていれば損失は小さくて済んだのに、プライドが高ければ高いほど負け額がふくらんでしまいます。



あなたの身近にも上記5タイプに当てはまる人がいませんでしたか? また、自分自身に思い当たる点があれば、どうかお金で痛い経験をする前に悪い癖を改めるようにしましょう。


復讐代行します
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ