貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

テレフォン人生相談 ご飯を作らない妻  親権問題

子供が1歳になるのに料理を作らない妻に腹を立て障子を蹴って脅したら子供を連れて出て行った。調停で話し合いをしましょう、と置手紙を残して…。



人生相談に電話をして相談するのも分かるが最終的には自分の判断になるが、料理もしない女房なんてこれは好い幸いと思い離婚したほうがいいのに、それを未練たらしく、男らしくない。

そんな女とはサッサと別れるべきだろう。

はっきり言うと、「浮気した女房に家に帰るようにしてほしい」こんな依頼は日常的に入る。
浮気した女房ならきっぱりと別れるべきで元に戻ってほしいという考えが狂っている。

男にはプライド、つまりメンツがある。
浮気を知らなければ仕方ないが、浮気したことを知ったら別れるべきだ。


男女では浮気に走る理由に差があるようですね。
妻が、夫に愛されていないという寂しさを満たすために浮気するパターンです。


▼結婚するまではいつもラブラブで喧嘩なんて無縁だったのに、
結婚してからは痴話げんかも増えてなんだか上手くいっていない。

▼夫は仕事が忙しくて家に帰ってくればぐーたらテレビを見ているだけ…
会話をする時間も作ってくれない。

▼家事をするのが当たり前だと思っている旦那。
感謝してくれとは思ってないけど、これじゃまるで家政婦みたい。

▼二人で出かけることが少なくなり、夜の営みも減ってしまった。
女性として見られなくなっているのかも…



女性はいくつになっても愛する人に女性として接してもらいたいもの。妻に愛してると言っていますか?

毎日家事をしてくれる感謝を伝えていますか?

旦那さんに必要とされていない・愛されていないと感じた女性はその寂しさをまぎらわせようと本意ではない浮気に走ることが多いようです。

それはあなたを愛していることの裏返しでもありますから、手遅れになる前に関係を修復しましょう。初心忘るべからず、恋人だった頃の気持ちを忘れず、妻を労わってあげて下さい。


2. 夫に愛想が尽きた・愛を感じなくなった

上記とは逆で、夫を愛せなくなったパターンがこちら。

▼子どもが出来てから夫に愛を感じなくなった。
子どものことは愛しているけど、夫はどうしてもダメ。

▼疲れている、という理由で夫に夜の営みを拒否された。
それが続くうちに夫婦仲が冷めてしまった。

▼姑とのいざこざを全く知らんぷり。
頼りがいの無い旦那に愛想が尽きてしまった…


子どもが出来てから夫への愛情が薄れるという話は定番ですよね。
だからと言って浮気をして良い理由にはなりませんが、夫にドキドキしなくなった分、他の男性に求めるようです。この場合には、自分から出会い系サイトに登録したり、男友達に連絡をして
浮気に発展することが多いです。


3. 気が付いたら好きになっていた

皮肉なもので、妻があなたを好きになったのと同様に人が恋に落ちるのに理由はありません。


▼夫への不満を聞いてもらっているうちに好きになった。

▼職場の同僚。
イケメンで仕事も出来て自然に好きになっていった。

▼初めはそんなつもりは全く無かったが、
旦那がいても良いからと向こうから猛アプローチを受けて…。


1、2のように夫婦関係に問題がある場合には、特に他の男性がよく見えてしまうことが
あります。きっぱりと断ることが出来ない性格の場合もありますが自分から
アプローチをかける女性も少なくないはず。


いかがでしょうか?
女性は性的欲求も無いとは言えませんが、精神的な空虚感や、安心感を求めたいという考えから浮気してしまうようです。



復讐代行します
0

 

裁判に正義はない  親権問題

トラブルの中で親権問題が以外と多いです。
離婚届には親権者を記載する欄があり、親権者の記載がない場合には、受け付けて くれません。つまり、先に 夫婦の離婚だけ受け付けてもらい、子の親権者指定は後で決めることはできないのです。


子どもを離婚後も夫婦の共同親権とすることもできません。必ず夫婦の一方が親権者となります。また、子が数人いる時は、それぞれの子について親権を決めなければなりません。 夫と妻に分けることもできます。

クリックすると元のサイズで表示します

親のエゴや離婚の際の意地の張合いなどで決めると騒動の原因になります。


離婚届を受け付けてもらいたいがために、とりあえずどちらかを親権者として記入しておいて、離婚が成立してからあらためて話し合おうと思っても、親権者は離婚届に記載したとうりに戸籍に記入されてしまいますので、後で変更するつもりであったとしても、親権者の変更は家庭裁判所の許可が必要で、簡単に変更できるものではないです。


これを知らないで適当に記入して離婚するので後からトラブルが起きます。


子どもが複数いる場合

一般的に、未成年の子どもが複数いる場合、特に子ども全員の年齢が低い場合、一方の親が全員の親権者になるのが原則です。親権を分けるのはやむを得ない事情があるとき、子どもがある程度の年齢に達している場合です。

子どもがある程度の年齢に達している場合、子どもの気持ちを汲み取ったうえで、親権を別々にすることが必ずしも不合理ではないと判断されることもあります。


クリックすると元のサイズで表示します

別居中の場合
別居しているときは、よほど親権者として不適切でない限り、子どもと生活をともにしている親が有利になります。


母親の妊娠中に離婚した場合

子どもが生まれる前に離婚した場合は、親権者になるのは母です。つまり、共同して親権を行使していた者が別れて、共同を止める場合にだけ、親権者をどちらかに決める必要が出てきます。出産後に協議によって親権者を父親に変更することも可能です。協議が調わない場合は、親権者指定の調停または親権者指定の審判を申し立てることになります。



子供の親権を後から夫が取り戻す場合,100パーセント無理です。
離婚にしても裁判で争そうとかなりの高確率で夫が不利になります。


女が泣きながら,夫の暴力で・・・
と訴えると,証拠もなく裁判官は女の味方に変心します。
根も葉もないことを法廷でまくし立てられ,依頼してくる人が多いです。


民事裁判とはそんなものです。
男も女も離婚となる汚いもので,嘘と誤魔化しの世界に早代わり。
だいたい,女の裁判官が多いし,結婚もしたことがない裁判官に担当されたら最悪です。
夫が殆ど負ける裁判の原因はそんなとこにあります。


離婚するときは,いつでも子供と会っていい,などと口約してもじっさいはそうならないケースが多いです。そこで親権で法廷で決着を,と思っても真実はとおらないし,暴力亭主,子供の虐待などのレッテルを貼られます。


虐待したこともないのに親権問題で虐待したと言われ,逆上して「女房を殺してくれ」という依頼も月に数件あります。ですから子供がいる場合は用意周到にしないと後悔することになります。

クリックすると元のサイズで表示します

親権問題でトラブルの方,ご相談ください。
不公平な裁判でも必ず勝てる必殺があります。

復讐代行します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ