貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

 

夫からのから暴言 出て行かないと殺すと  血の制裁

こんな相談者

以前は殴られる事もしばしばありましたが、今は殆どが罵られることが多くなりました。 「お前が男だったら殺してやっていた」 とか 「娘がいなかったらお前を殺してやりたい」

などと 娘の前で大声で、顔をあと数センチでぶつかるような距離までものすごい般若のような顔を近づけて怒鳴ります。そんな生活が毎日続いています。最近は死んでくれないかと思うようになりました。

結論からいうと、この亭主と生活は出来ませんね。
離婚しても金銭的な請求も無理なケースです。

こんな男と結婚した責任は当然、貴方にあるわけですが、いまさら後悔しても手遅れです。


貴方がいちばん徳をする方法は夫に死んで貰うことです。
できれば、病死か交通事故です。

自宅で死ぬと司法解剖されます。
病院で死ぬと余程のことがないと病死になります。

あるものを仕掛け病死にすれば問題解決です。
葬儀もしないでそこら辺に骨は捨てればいいでしよう。

あまり欲をかいて生命保険は駄目ですよ。

労災とか事故の保険は確保できるでしよう。

クリックすると元のサイズで表示します
復讐代行します
0
タグ: カタワ 半殺し 懲役

 

闇金潰し  血の制裁

世の中にはあきれるほどの悪質金融業者がいて、貸金業登録業者であることを装い、ホームページ及びファックスにて融資の勧誘を行っている。申込みをすると、個人名義の口座に事務手数料を振込むように言われ、会社住所を訪問するも存在せず、連絡すると移転したと言われる。


事務手数料 50.000円〜融資金額り1割


振り込んでも融資はされず、「調査の結果貴方には融資不可能です」
などとふざけた返事をして事務手数料は没収


アリス信販
所在地東京都中央区京橋6-18-32 マルゼンビル3階
電話番号 03-6228-0747
詐称した登録番号等 東京都知事(2)18592
勧誘手段 DM

東和商工ファイナンス(株)
所在地 東京都千代田区神田須田町1-28 タイムビル

電話番号
03-6907-2142 03-3333-3333
FAX番号 03-6907-2143

詐称した登録番号等 東京都知事(5)18229
勧誘手段 FAX


この3社 被害内容・勧誘手口
実在する登録貸金業者の貸金業登録番号を詐称している。


しかし、闇金や悪質業者の数は非常に多いのが現状です。
ダイレクトメールやFAX、甘い宣伝文句で勧誘を募っている金融事業者にはくれぐれも注意が必要です。口コミや評判なども自作自演をしている可能性があります。


復讐依頼ではないが、経営者の身元を突き止めてほしい、という依頼で探し当てて自宅に乗り込んだら30代〜50代のサラリーマン風の1人と2名は元ヤクザ、現在はヤクザとはまったく関係なかったが、全国に同じ手口の闇金が500社はあると運営者が言っていた。


この手の依頼は結構多いが本来は警察に相談するべきでしょう。
3社は潰したが、名前を変えてどこかでやっているでしようね。


「ブラックでも即融資します」

この謳い文句のとこは振り込み詐欺と思って間違いない



復讐代行します
2
タグ: カタワ 半殺し 懲役

 

5月のひき逃げ 実は“待ち伏せ” 殺人未遂だった  血の制裁

今年5月、仙台市で男性がひき逃げされる事件がありました。その後の捜査で、元同僚の男が意図的にはねた疑いが強まり、警察は殺人未遂の疑いで男を逮捕しました。

 逮捕された仙台市の無職・芳賀信博容疑者(47)は今年5月、仙台市内の路上で、元同僚の44歳の男性を車ではね、殺害しようとした疑いが持たれています。男性は左足の骨を折る大けがをし、警察はひき逃げ事件として捜査していました。その後、防犯カメラに車で待ち伏せをする男の姿が確認されたため、殺人未遂事件に切り替えて調べを進めていたところ、3日夜に芳賀容疑者が自首したため、緊急逮捕しました。芳賀容疑者は「陰口を言われた」「殺すつもりはなかった」と供述しているということです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000054012.html




この関係の復讐で轢き逃げにする手口はよくないな
もっと別の方法がいくらでもあるのに。
殺すつもりはあったかも知れないが、死なないでまあ、良かった事件だ。
死んだら殺人罪になる。


しかし、カタワくらいにしたかった理由があるんだろうな
人から恨まれる奴も問題がある。


この世の中は嫌な奴が多すぎるが、自分でやっちゃだめだよ。
やるなら合法的に制裁する方法はいくらでもある。

自分でする場合は、「合法的」 これが鉄則!!


復讐代行します
0
タグ: カタワ 半殺し 懲役

 

偽善者には血の制裁  血の制裁

生きているとどうしても消したい奴っているものです。
でも消したところで問題は解決しません。


それよりも生き地獄を味あわせてやればいいんです。
ネットを使った嫌がらせも一時的には満足し気が晴れるでしょう。


でもそれは一時的です。


相手が一生後悔する、させるのが復讐です。
車椅子生活にさせたり、一家破滅させたり手段方法はいくらでもあります。


女なら二度と見られない顔にしてやる・・
男なら毒物を仕込み、一生病弱な身体にする。


依頼者が実行すればバレバレで逮捕される可能性は高い
しかし、見ず知らずの第三者なら繋がりがないので逮捕させる確立はゼロに近い。


事故に見せかける方法だっていくらでもあるわけです。
死んだとしても事故では捜査はされません。


包丁で刺し殺すだけが殺人じゃないのです。


クリックすると元のサイズで表示します


勤めている会社を辞めさせるなどは日常依頼されることです。
納得する制裁とはこういうことじゃないでしようか!



復讐代行します
0
タグ: カタワ 半殺し 懲役

 

正義のない裁判  血の制裁

     裁判に関する大原則


刑事裁判:
・法律(憲法、刑法=その社会最低限守らなくてはいけない原則
違反に対する社会的罰則の判断(実際にしたかどうかではない:真実は100%ではない。

・有罪:刑務所(禁固刑)、罰金(国に支払う)
・原則:「疑わしきは罰せず。ないことを証明しなくても良い」
「有罪の判決が出ても罪を犯したことを認める必要はない」



民事裁判:
・法律違反に対する、当事者迷惑に関する判断
・有罪:金銭配分による代償
・原則:「真実の追及の場はない」、迷惑に対する金銭的代償額を裁判所が決めるだけ(=結論ありき)
・つまり、民事訴訟では、まず金銭の配分を考えてから、それに見合うように、法律的文章を作るのが判決



「真実の追及の場はない」という基本すら捻じ曲げられている始末。
そもそも刑事裁判でさえ「有罪の判決が出ても罪を犯したことを認める必要はない」という原則がある。


このような裁判制度に対する大きな誤解を助長させているのは、売れればよいと思っているマスコミでしょう。刑事裁判ですら感情論で叩き潰されれば(置換冤罪のように)…。
政府・マスコミ・有既得利権者にはむかえば、下手すれば世の中から抹殺されます。


裁判所 ≠ 正義   判決 ≠ 真実
裁判で真実は明らかにされない。
裁判とは、自己責任で自己主張を戦わせる場。


注意)裁判を起こされても、裁判に行かなければその時点で負けです!注意です。


といっても、民事裁判で、本当に真実がハッキリするのでしょうか?
と疑問を投げかけている方は大勢います。マスコミをそういっています。


しかし、実際に裁判官に聞くと…
「民事訴訟では、まず金銭の配分を考えてから、それに見合うように、法律的文章を作るのが判決」「裁判の場は真実を明らかにする場所ではない」と断言してました。


「社会には正義がある。法律こそが正義の根拠だ!正義が犯される時、裁判所が真実を明らかにしてくれるはずだ!」
子供の頃から培った正義感とは、 社会、警察、法律、そして裁判所への信頼から来るものでした。といまだに思っている人達!!残念ですが、それは思い込みです。
 

裁判における自己責任
1)裁判官が「 真実」を発見してくれるわけではない
2)主張も証拠も 自己責任


争わなかったら、そのまま事実認定される可能性も高い。自己に有利な証拠を探し出し、自己責任で主張すべき。


つまり裁判官が、こういっています。

真実?なにそれ?

裁判所だよココ、解ってる?

YOU、さっさと証拠出して自己主張しちゃってYO!

自己責任だからね!

あっ!金銭の配分はもう大体決めてるから、そこんとこヨロシク!」

ということです。


今でも、ニュースを見ればいつでも耳にするでしょう。


『今後、裁判を通じて真実が解明されます。』といった、 事件や裁判のニュースなどで聞く決まり文句。マスコミが堂々と今もこの台詞(嘘)を垂れ流して、 勝手に裁判と真実を結びつけ、裁判の真の姿を包み隠し、裁判と正義の関係を演出しているのかもしれませんね。


真実を知りたいという思いから、(特に民事)裁判を起こすのはやめましょう。


仮に真実が明らかになればお互い納得できるなら、最初から訴訟など必要ありませんでしょうしね。


復讐代行します
0
タグ: カタワ 半殺し 懲役

 

決断の時  血の制裁

話し合いでもトラブルも紳士的に解決できればそれに越したことはありません。話しの分かる相手なら理論的に意見並べて言えば理解してくれるケースもあるでしょう。ところが、そうでない相手の場合です・・


例えば…
差別的憎悪表現の対策を検討している大阪市の橋下徹市長は20日、「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長と市役所で両者は怒号を飛ばして激しく応酬。


これっていつまでいっても平行線なわけです。つまり、桜井誠会長という人は人の立場も場所もわきまえないで一方的に屁理屈を通すタイプです。そんなタイプは本来は「気が弱い人」です。


相手が暴力で対抗できないと知ると、態度が変わるタイプです。いくら市長に罵倒を浴びせも危害はない、と知っているからです。


市長を遣り込めたという実績を作りたいだけです。
桜井誠の売名行為なわけです。


それなら理不尽なことが多い「ヤクザの事務所」で同じことが出来るかというとまず出来ない。人を見ているからで、差別が正しいと判断しているならやってこい、と言いたいわ。


クリックすると元のサイズで表示します

発端は朝鮮学校をめぐる次のような出来事であった。


在特会が大阪市内の朝鮮学校周辺で街頭宣伝活動によって授業が妨害されたとして、学校を運営する京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員ら9人に街宣活動の禁止と損害賠償を求めた訴訟したことがこの対談の始まりであった。

結果として裁判長は、学校の半径200メートル以内の街宣禁止と約1226万円の支払いを命じた一審京都地裁判決を支持し、在特会側の控訴を棄却した。当時の裁判長森宏司氏はこの街宣行動やその様子をインターネットで公開したことに対して「社会的な偏見や差別意識を増幅させる悪質な行為」と述べている。


世の中には二通りの人間がいます。
相手の立場を考えて筋を通すタイプと相手が何もできないと知ると高飛車に出て、暴力で反撃れると警察に「やられました」と被害届を出すタイプです。


揉め事の種を自分から蒔いて何かあると泣きつく奴が桜井誠会長のタイプです。
口論するにも口論の仕方があるのにその方法を知らないので非常識極まりない態度をします。


つまり、「自分は強いんだ」ということを見せつけようとして殴りかかる素振りのゼスチャーも使うわけです。


では、じっさいはどうなのか?
このタイプは何もできないはったれ勝負の人間の場合が多い。つまり人を殴ることもできない、それはヤバイと判断する卑怯者。


獣の素振りはするけどウサギだった、という人間モドキなわけです。どこでそんな卑怯な戦法を覚えたのか知らないが張子の虎はメッキが剥げる。


興奮してもそこは市長だから、「なにぉー」と立ち上がる程度でしょう。
あれがもし、自分なら〜


黙って近づき、1秒で顔面骨折かあばらの2、3本は折っているでしょう。
日本の法律では暴力を禁止しているので罵声を浴びせてケンカを売っても何も出来ないと信じているバカがいる。


ところが世の中は法律など関係なく通す人間もいる。
売られた喧嘩に後ろ姿は見せない、というタイプのことです。
まあ、これは生き方の問題だから良い悪いで判断したら法律ではご法度でしょう。


自分からは相手を怒らせることは絶対にしないが、売られた喧嘩は逃げない。
殺すまでのことはないが、カタワくらいにはするでしょう。


桜井誠会長の言う、「在日朝鮮人差別」
これは人間として許されることではない!


市長が立ち上がって怒るのは当然
それに対して批判する人もいるが、綺麗ごとは誰にでも都合よく言えるもの。


桜井誠はこれから先、態度や行動を改めないとまずいことになるでしょう。
もし,依頼が入れば受けますよ,こちらは・・


いじめにしても根は同じで反撃をしないとネチネチと先々続くことになる。
いじめの相手は何もできない、と付け上がっているからだ。


暴力を勧めるわけではないし、賛成もしないが、弱そうな人間をいじめる奴は正義の鉄拳も必要悪だということです。


復讐代行します
0
タグ: カタワ 半殺し 懲役



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ