貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

2013/6/8  20:24

嫌がらせメニュー  復讐

クリックすると元のサイズで表示します

嫌がらせ業務メニュー

@無言電話や電話に出たらすぐに切る。

(自動電話掛けソフトで24時間対応)

A家の塀に落書きをされる。

B注文しない商品が毎日届く代引きが毎日

C車や単車をパンクをさせる。又、部品等を壊す。

D郵便ポストに人糞を流し込む。(本人の写真を撮って送りつける)

E自宅の玄関先や敷地内にゴミを捨てる。

F注文しない商品が毎日届く代引きが毎日

G誹謗中傷の噂を広められる。

Hネットに誹謗中傷の書き込み

( 掲示板自動書き込みソフトで24時間対応)

I人糞・猫の死体を郵便で送りつける

Jガーデニングの花抜、鉢植を壊す

不幸の手紙郵送サービス

「これは、不幸の手紙です。
この手紙を8人に送らないと、私に災いが訪れるそうですので、申し訳ありませんがあなたに送らせていただきました。

3日以内に、同じ文面で8人に同様の手紙をお送り下さい。そうしなければ、あなたには、想像を絶する不幸が訪れることになります。昭和58年3月に、この手紙を止めた千葉県の田中博美さんが、原因不明の死を遂げました。他にも同様の不幸は、多々生じています。

私はあなたに、彼女と同じような不幸を体験してほしくありません。ですから、ぜひとも、この手紙を止めないでいただきたいとおもいます。
最後になりますが、あなたに不幸が訪れないことを、心より、お祈り申し上げます。」


かなりの損害と精神的苦痛に追い込まれます

貴方ができない嫌がらせ代行します

貴女は胸がスッキリバラ色の人生が迎えられます

職場でのいじめ・元恋人・隣近所の底意地悪い女


復讐


復讐と嫌がらせはまったく次元の違う問題です。

武士道にもある「仇を討つ」ということです。

復讐はあなたの手では絶対に行わないことです。

失敗をして一生後悔する危険性が高いからです。

どんなに用意周到に計画を練っても必ずどこかでミスをしているものです。

失敗するとこのあなたの人生を棒に振る可能性が高いからです。

日本に住んでいる限り自分では「復讐」をしないことです。

あなたの一生の大半を塀の中でクラス覚悟があれば自分で計画を立てて

実行するのもいいでしょう。

この世の中には「復讐」を仕事にしている人達がいます。

復讐はこの人達に依頼することです。

死体が上がらなければ困るのは「保険金殺人」。

復讐の問題解決はあなたの前から相手が「姿」を消してくれればすべて問題解決するはずです。

この仕事をしていると以外と多いのが殺しの依頼です。

一時的な感情でそうなるのは分かりますが殺したらそれで終わりです。

それよりか一生カタワか車椅子生活にしてやったほうがいいのではないでしようか?と私は思う。

殺すことはいつでも可能な世の中なんです。

でも後で後悔して一生悔いを残すことになるでしょう。

死刑囚も「執行前には自分のやったことに対して反省をする」

と本で読んだことがあります。

親が子を殺した、子が親を殺した、などとよく報道され極悪非道に思うものです。

これも一時的な感情で我を忘れての犯行が多いです。

ですからいくら頭にきても殺人だけは避けるべきです。

通り魔的な犯行は「精神病」で論外です。

現代人の心理状態

自分がよかったら人は悲しんだって死んだってどうでもいい、それを望んで実際に加害を延々と繰り返する人達が日本にはもうそこら中にはびこってるのです。

その人達はつながりを隠しながらしっかりつながっていてターゲット達を不幸に陥れようと必死に工作してるのです。
それは、特別な場所、特別な人に対してじゃなくて、ありふれた一般の日常生活の場、地域で一般人に対して行われてるのです。

常識を逸脱してる、人としての良心が欠落してる人間の渦の中で私達は生活をしています。一口に「いじめ」と言葉にするのは簡単だが、いじめられている本人にしてみれば、いじめは非常に現実的な脅威であり自身の存在を賭けた切実な問題です。

なぜ周囲が気づいてくれないのかと藁にもすがりたい気持ちがある一方、誰にもこのいじめを解決することはできないだろうという深い絶望感にさいなまれている人も多いように思います。

『悪口を言う・からかう・仲間外れ・無視・殴る・蹴る・物を隠したり汚したりする・言い掛かりをつけたり脅したりする・用事を言い付ける・嫌がること(恥ずかしいことなど)を強制する 』社会人も基本的には同様でしょう。

他人の欠点や短所をあげつらう奴がいます。
嫌だと思うし憎しみもわくでしょうが、そういうことを言う人って卑屈な精神、そしてちっちゃい人間なんです。

そういうことを言うときの表情は必ず歪んでいますし、もし顔が笑っていたとしても目には狂気じみたものが宿っていることにお気づきになるでしょう。
自分自身につらいことのある人がこういうことを言うんです。
自分よりもっとつらい人を作れば自分はつらくなくなると無意識的に働くからです。

たとえば家で親にいつもいじめられていたり、または全然可愛がってもらえなかったりするような人に多いです。
大人になっても、そういった自分の問題を他人に転嫁して解決しようとする人は現在は多いのです。ですから、本当はいじめをする人というのは実はとても可哀想な人だと思って間違いありません。

そんなことを言ったりするなんて後で自分が惨めになるだけに決まっているのですが、
でも、その場では気づかないのです。

≪ 立ち向かう  ≫

「立ち向かう」ことが一番の解決策
他人をいじめる人というのはいじめられる人の気持ちが全く理解できていないために、大したことはないだろうと軽い気持ちでやっています。

泣き寝入りは絶対にいけません。

人生のどこかでとても大きな勇気が必要とされる場面は多からず必ずあります。
そして「自分の火の粉を払い除けた」という経験は、間違いなく確かな自信となってあなたの以後の人生に大きな役割を果たすことになるのです。
人は相手にしなければいい、と無責任なことをいいますがそれでは問題解決しません。

助けを求める場合
言い掛かりをつけたり脅したり、肉体的暴力・金銭的被害・物質的被害を受けた場合、これはイジメではなく明らかな犯罪なので、警察が対処すべきと認識が必要です。
この場合の立ち向かうとは「助けを求める」ということです。

インチキ復讐屋の見分け方

グーグルなどで「復讐業者」を検索すると

ウェブ検索結果 約971,000件もヒットします。

復讐の依頼もピンキリだが、依頼が多いのが殺人とは前に書きました。
一昔前なら殺人依頼を引き受ける組織といえば、暴力団だったが、1000万単位の金が必要。

今は金額の安いチャイニーズマフィアなどに移行していったのです。
実際に300万前後で殺人を請け負う中国系刺客も存在しています。
背景には暴力団に依頼しても金だけとって何もしないから外国人です。

詐欺ならまだいいほうで、依頼者を脅して金を巻き上げていたのです。
今の時代暴力団をあいてにする人はいません。
詐欺師集団として国際的に有名です。

一般の人に殺人依頼のハードルを一気に低くしたのが、復讐代行業だったのです。
殺人依頼を受けても金だけ巻き上げて実行しない。
明らかな詐欺行為ですが、依頼した側も罪に問われるため、詐欺にあっても被害届けを出せないので蔓延っています。

詐欺師の手口は復讐する相手の人間関係から勤務先など詳しく聞きだします。
ここまでなら理解できますが、次は依頼者の情報まで事細かに聞き出します。
実際はお金さえもらえれば依頼者の名前も住所電話番号などは関係ないのです。
連絡先のフリーメールがあればそれで十分に事足ります。

それを聞き出すには裏があるからです。
報酬代としてお金をもらうと、次は依頼者を脅します。

「依頼の内容をあいてに喋るぞ、口止め料として100万払え」などといってきます。

仕方なく弱みもあるので支払いをしている被害者が多いのです。
詐欺師の手口は依頼者と喫茶店とかホテルのロビーで待ち合わせをして会うのです。
中には自宅まで「集金」に来る業者もいます。

この「復讐屋」は世界各国に存在していますが、依頼者と会う復讐業者はいません。
ヤバイ仕事を請け負うのに電話番号を教えたり名刺など渡すことは考えられません。
これは詐欺業者の手口ですから気をつけましょう。

業者がお会いしましょう・・・といってきたら詐欺業者です。

依頼者を安心させるために「電話番号」を教える業者も詐欺です。
本物の業者はお金の受け渡しでも細かく指示してきます。
殺人依頼でなくとも違法行為の依頼ですから業者の身元なんて絶対に教えません。

怨恨の疑いで警察から事情徴収された場合、喋る可能性が高いからです。

「自分は実行していないし、たいしたことにはならない」と自分流に解釈するからです。
逮捕される原因は常に「依頼者側」にあるのです。
ですから本物の業者は一切教えることはないのです。

それと詐欺業者は着手金として1万でも受け取りますが、本物の業者は全額前金か半金が着手金になります。

依頼者の名前も連絡先も聞いていない業者に仕事をさせて残金を踏み倒す依頼者も多いです。正直者は馬鹿を見る、ということでしようか…

そこで業者の返信メールには必ず何か付けているものです。
よく問い合わせにおたくは信用できますか? ということを聞いてくる方がいますか、
「いやじつわ詐欺です」と答える業者なんていません。

こんな質問は愚問です。
この仕事はお互いの信用関係で成立するもので、心配なら依頼しないことです。
業者の中でも得意とする事案と不向きな事案があります。
パソコン関係に凄いスキルのある業者に「殺人依頼」などは無理です。

その反対もあります。また、工作関係を得意にしている業者もいます。
そこで業者が何を得意にしているか見き分けることも必要です。
以上のことに気をつければ騙されることはありません。


クリックすると元のサイズで表示します


こちらの復讐は…

あなたの前から相手の姿を消して二度と現れないにします。
これで問題解決するはずです…

復讐専門 闇サイト

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ