貴方はいつまで我慢をしますか?   別れた夫、妻に復讐をしたい!   会社の上司を懲らしめたい!     騙した相手に制裁を!   散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!   相手にあなたに代わって復讐を致します   貴方は誰にも分からず制裁できます      

2010/11/17  16:46

復讐はプロに。。  復讐

クリックすると元のサイズで表示します

復讐はあなたの手では絶対に行わないことだ。

必ず失敗をして一生後悔する危険性が高いからだ。

どんなに用意周到に計画を練っても必ずどこかで失敗をしている。

日本に住んでいる限り自分では「復讐」をしないことだ。

「あなたの一生を塀の中で過ごす確立が高い」

こちらでは外国人をターゲットに向かわせます。

仕事はこの人達が帰る間際にしてくれますよ。

捕まっても依頼者の情報もこちらの情報も一切分かりません。

私、プロの仕事人です。

依頼した場合、この件は勿論、親しい方、友人にも話さないことです。

今日の友は明日の敵と考えるべきだからです。

ところで、復讐依頼で多いのが殺しの依頼です。

ただ、殺したらそれで終わりですよ。

一生車椅子生活にしてやったほうがいいのではないでしようか?

殺すことはいつでも可能です。

でも後で後悔して一生悔いを残すことになるかも知れません。

そこまでしなくても「復讐」は十分にできます。

腹が立っていちいち殺していたら周りの人がいなくなりますよ

この世に人間の皮を被った畜生以下の義理も恩もない人間がいる。

クリックすると元のサイズで表示します

あいつのせいで自分の人生が変わってしまった・・

あいつのせいでわたしは死にたい・・・

もう生きていくのが疲れた・・死ぬ・・・

そんな思いで苦しんでいないだろうか?

畜生には常識や人間性を説いても一切通用しない

こいつらには人の痛みを分からしてやるしかない

法律では裁けない人間の皮を被った'畜生'は成敗する!

このまま泣き寝入りし一人怨恨を引きずるのか

それとも復讐して揚々たる人生へと向かうのか

巧妙に仕組まれた罠。歪曲されたデマ

力無き者が声すら発する事ができぬまま、理不尽に陥れられるのが背連です。

怒り・哀しみその上に人間社会が成り立っているということだろう。

会社でいじめに遭い、手柄は横取りされ、卑劣な仕打ちを受けてまで我慢することはない。

それに見合った「復讐」をしないと一生後ろ向きの人生を送るようになる。

奪われたなら、奪い返し、 相手に復讐することが前向きな人生ではないだろうか。

怨念は現実に報復されてこそ解消される

もしあなたが不正と理不尽に泣き憎き相手を社会から抹消させたければ復讐するしかない。

そして今後二度と同じ様な思いを繰り返さないことだ。

「必ず貴方に代わって仇を討つ」

なたはこのまま泣き寝入りしたままでいいのか?

もしあなたがお望みならば、確実に、闇の仕置き人が復讐する

「なぜ私だけが、あいつだけは、絶対!」その悔しさ、悲しさ、忘れられますか?

「自分一人が我慢すれば…」あなたはそのまま先に進めますか?

「復讐したい!」それが本音なのでは?

クリックすると元のサイズで表示します

そんなあなたに闇の仕置き人が「復讐」してくれます。

復讐は絶対自身のためになる!これが私の信念…

「復讐からは何も生まれない」と人はいうが、私は言いたい!

復讐は、理不尽に負を与えられた者が次のステップに進む為の絶対不可欠な要素だ。

私の言っている復讐とはただの嫌がらせとは次元が全く違う問題。

人生を奪われたなら、相手の人生を奪ってやればいい。

それを「許す」だの、そんなのにはこだわらず心を綺麗にとか、

なんて綺麗言で偽善者のいうセリフだ。

復讐とは相手を徹底的に痛めつけ、再起不能にすることにあり、嫌がらせとは違う。

どのようなやり方であれ相手が立ち直れなくなってどん底に落ち始めて達成される。

怨念となった怒りに法律も卑怯もへったくれもないだろう!?

もっとも数年前までは、私も「復讐」からは何も得られない、と諦めの境地で思っていた。

ところがそれでは負けの人生になると気がついた。

我慢が正義と思っている奴が結局得をすることになる。

心が情がと言いながらその実「自分の」権利の押し付け合い

愛が助け合いがと言いながらその実「やってくれるのが当たり前」

共鳴しているように見えて実はただの群れの馴れ合い

一見それらしいことを言う者が実は一番卑怯な人間が多い。

一見それらしく見える者も実は一番そうでない

恨みや怒りはさっさと忘れるに越したことはないだろう。

しかし、忘れようと思っても、

怨念となって凝り固まってしまう状態に追い込まれたら「復讐」の

決断を下すしかないだろう。

死ぬまで怒りの炎は収まらないからだ。

詐欺師に騙され損をしようが

金銭的に陥れられ不当な借金を背負わされようが

レッテルを貼られ不当な評価を与えられようが

自分の努力で築いて来たものを奪われようが

自分自身を辱められようが

何も反撃しなければ「結局、損をするのはやられた側だけだ。」

しかも、一つの災いから、さまざまな不幸が連鎖する

借金苦を背負わされ家族離散になってしまった。

人間関係が崩壊し孤立無援に陥った。

精神病になり関わる者までノイローゼになってしまった。

やられた側は、これら全てを背負わなければならない。

一時恨みの炎が弱くなっても問題が解決しても、元通りになる事はまずない。

そして何より、心の傷はそう簡単には癒えないだろう。

法律も警察も結局の所、困った時には助けてくれないのが現実。

様々なニュースを見れば分る様に理不尽は国家レベルで変わらない

確実に言えるのは…

「正しくとも力弱きものが泣く世の中だ」ということだろう。

やられたら倍にしてやり返せ! 奪い返せ!

「現実というのは、正しくとも力弱きものが泣く世の中だ」

それで納得せざるをえないだから、「復讐からは何も生まれない」

という諦め言を自身に言い聞かせるしかない。

これが世の中の常識なのだろう

しかし、私の怒りは途絶えなかった

必ず不義不正に復讐し、絶対に報復する!

無論、復讐にかられないのが一番いいに決まっているが…

しかし、理不尽に襲われたのであれば、復讐の牙を剥いて当然だ

そして、その意志はやっと叶えらる

「復讐は当然の行為だ」

私がこのように断言できる理由は、絶対確実な復讐の為の「ルート」

がなければ復讐は中々難しい。

国籍問わずその道のプロの世界がこの世に存在している

もし、絶対安全に確実に復讐を遂げられる人脈、組織があれば、使うことだ。

敵から全ての運命を奪いさり復讐は終了する。

生かさず殺さずで社会的制裁を与えるか、闇に葬り去るか、

憎き敵の発狂寸前の無様な姿にすることが「復讐」だ 。

復讐の仕方は・・・

二度と再起復帰できないような復讐で私が思い知らせてやる

クリックすると元のサイズで表示します
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ