2017/7/13

SL釧路湿原号 DE10原色代走 釧路川鉄橋  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2017.2 CANON EOS1D-Mark4 + EF24-70mm F2.8L U


最終日。

未明出発でサルルン展望台へ急ぐ。

鹿の群れが暖を取っている。

真っ暗闇の中道なき道を進み、頂上に着いた頃には夜が明け始めていた。

綺麗な朝焼けである。これは雲が湧きそうだなぁ。

嫌な予感は的中し本番はマンダーラで終了、キハ54の風景写真だけが手元に残った。

今遠征の一番の山場。万全の体制で臨んだだけにショックは大きい。

銭湯でひと風呂浴びて仕切り直し。

釧路川鉄橋の保険ショットを済ませ帰路についた。

C11の故障はSLファンにとっては痛手だろう。

しかし不謹慎ながらEL・DL世代の我々にとって、

被写体が枯渇する中こういったネタは非常に有難い。

急な代走ということでヘッドマークが付かなかったのもかえって好印象であった。

C11が復活するかは別として、今後も北海道ならではのネタを期待して止まない。

  
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ