2016/10/31

大井川鐡道E101 長距離鈍行列車 福用カーブ  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.10 CANON EOS1D-Mark4 + EF70-200mm F2.8L IS U


先ほどの鉄橋にて南海の旧型車、そして本番のE101鈍行を撮影。

決まった! と思いきや、乗客の顔出し&悪戯により終了。

気持ちを切り替え福用のカーブへと急ぐ。

事前情報では旧客5Bと聞いていたが、直前で1両減車されていた。

これならギリギリ編成全て収まる予感。

前走りの南海でパンタの位置を確認し急いでポジもセット。

間髪入れずに踏切が鳴り始める。

最後尾の青スハフが抜けるタイミングを見計らってシャッターを切った。


冒頭の件について苦言
0

2016/10/28

大井川鐡道 元近鉄特急車 鉄橋面縦  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.10 CANON EOS1VHS + EF300mm F2.8L IS RVP100


この日は静シスさんと夏以来の再会。

氏のホームグラウンドである大井川へ足を運んだ。

私自身この地を訪れるのは約5年ぶりとなる。(前回の撮影記はこちら

あの頃は社会人1年目、日々の仕事をこなすので精一杯だった。

カメラもレンズもヘッポコ。撮影地もありきたりな場所を選んでしまっていた。

そんな心残りもあり今の機材で本気撮りしたいと思っていたところ、

E101牽引の団臨が走るという情報が入ってきた。

このご時世、茶色いデッキ付きの釜が旅客列車の先頭に立つのは

全国的に見ても非常に珍しい。

ぜひ厳つい顔面を長玉でぶち抜いてやろうではないか。

目を付けたのは鉄橋横の緩やかなカーブ。

他の撮影者が後方で待機する中、一人ポール横に陣取った。

練習の普電が毎時1本ペースでやってくる。

まず手始めに近鉄特急をゲットした。

  
0

2016/10/24

留萌本線キハ54 国道オーバークロス  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.9 PENTAX67TTL+smc-PENTAX-M☆67 300mm F4 RVP50(+1)


行程4日目。

午後には帰京となるこの日、西の方から徐々に湿った空気が流れ込んできた。

台風は関東圏に接近中、果たして飛行機は予定通り飛ぶのか…?

こんな事もあろうかと翌日も休暇を取っておいたが、できれば夜までに家に着きたい。

セッティングの最中「条件付き運航」の案内メールが。とりあえず飛ぶのか。

ダイブアウトしたとしても新千歳。となれば実質これが廃線区間最後の撮影になる。

遠方はやや霞むが、凝縮感のあるこの構図はやはり押さえておきたい。

デジは縦、ポジは横に。万感の想いを込めてシャッターを切った。

せっかくなのでここはポジで締めさせて頂こう。

増毛の街に別れを告げ空港へ向かう。

案の定帰りの飛行機は揺れに揺れ、ヘロヘロ状態で家路についたのだった。

確かに私は廃線と聞いてにわかにやって来た葬式だ。

ただそれがきっかけでギリギリの時期に数カットでも良い絵が撮れたのは幸運である。

画像を編集しながらまた訪れたいという欲求がふつふつと湧いてくる。

しかし来年稲が実る頃には、もうこの地に列車が走る事は無い。

  
0

2016/10/21

留萌本線キハ54 牧場俯瞰  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.9 CANON EOS1D-Mark4 + EF24-70mm F2.8L U


朝の撮影を終え、時間潰しがてら浜辺でハンバーガーを頬張る。

それでも暇を持て余してしまい撮影地に隣接する牧場へ。

ソフトクリームを注文。食べ終わる頃には雲も幾分抜けてきた。

道端の斜面を凝視すると、僅かに草が踏み倒された跡を発見。

諸先輩方には到底及ばないが、テツ道を嗅ぎ分ける能力が徐々に鍛えられてきたようだ。

こういう分かりにくい道の先には必ずと言っていいほど良好な景色が待っている。

今回も期待を裏切らない一枚を手にすることができた。

 
1

2016/10/17

留萌本線キハ54 ゴルフ場俯瞰  撮影記録

クリックすると元のサイズで表示します

2016.9 CANON EOS1D-Mark4 + EF70-200mm F2.8L IS U


3日目もロケハンからスタート。

撮れそうな場所を手あたり次第に当たっていく。

阿分トンネルを過ぎた辺りで小高い丘が目に付いた。

林道を進むと広大な大地と海を一望できるスポットを発見。

こういう風景には単行のキハがよく似合う。

前日に続き幸先の良いスタートとなった。

  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ