2010/6/30

TOQ-BOXの終焉  東急線

ワールドカップのパラグアイ戦をリアルタイムで観てました(時差に感謝)。

いやぁ〜、120分間ずっと奮闘してたのに、最後のPKのあれだけで勝負がついてしまうのは味気ないなぁ〜、と思いました。

それにしても、リアルタイムで観るPKは本当にドキドキもんですね・・・。
同情する訳じゃないですけど、駒野もよくやった!!
日本中(パラグアイの人たちもか・・・)が注目する中で、それだけで勝敗が決まるという重大なシュートを打つ・・・その時の緊張感は想像を絶するものがあると思いますよ。

なんかいい言葉が見つからないけど、なんか言葉をかけるとしたら

All right!!

という感じでしょうか?(ちょっと意味不明(笑))


でも試合の後に、駒野を慰めてる選手たちを見て感動しました!!

今回の試合(特にPK)は、選手達は勿論、日本中を一つにさせてくれたんじゃないでしょうか??(あ、海外に居る日本人もね。)

言葉は悪いですが、初めの方で点を入れられて負けるよりもよっぽどいい負け方だったんじゃないかと思います。

見ている人たちを一つにしてくれたし、そして何より、選手たちの今後に非常にいい影響をもたらしてくれるんじゃないかな!!

Englandの負け方を見てごらんよ!!(笑)




さて、以下いつも通りのヲタ話題。

TOQ-BOXの楽器塗装が剥がされた・・・だと!?
こりゃぁ旧1000の引退よりも衝撃的だ!!(笑

これからTOQ-BOXは、シャボンだけで行くということでしょうか??

個人的にシャボンよりも楽器の方が好きだったんですがね・・・。

TOQ-BOXを初めて見た時――幼稚園だった頃、横浜で祖母と横須賀線を待っていた時に、上の方のホームを、赤い帯を巻いた楽器塗装のカラフルな電車が通り過ぎて行った時の衝動・・・あれは忘れられません。

小さい頃の、鮮明に覚えている数少ない記憶のうちの一つです(笑

まぁ、当時使う機会が多かった鉄道路線といえば横浜線と京浜東北線と横須賀線程度で、東横線のことをほとんど知らなかったので、その分、その時受けたインパクトは大きかったですね。


因みに私、シャボンとは田園都市でも東横でもよく遭遇するのですが、何故か好きな方である楽器とは全然・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
9006Fが普通の色になって走るとは信じられません・・・。
こいつも大井町に転属する確率が出てきた訳ですね。

あぁ、5000系とか5050系とかでTOQ-BOXやらないかなぁ(笑

では。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ