2010/3/6


E233の5000番台が試運転をしたみたいですね。

それにしてもこっちに来てから強く思うのは、

JR東の車両は、世界の中でも最先端をいってるんじゃないかということです。

管理人もイギリス以外の鉄道事情を知らないので、あまり知ったようなことを言うのはアレですが・・・。

鉄道発祥の地のイギリスでも、所詮クオリティーはこの程度か・・・と思ってしまったことが少なからずあります。


てゆーか、日本の鉄道のレベルが高すぎるんです(笑

E233みたいな超超超ハイテク車両が日常で、しかもそれがヲタから嫌われがちな傾向にあるだなんて、日本人はどんだけゼータクなんだよっ!!・・・と思ってみたり。

E259の乗車レポートを鉄道ジャーナルで読みましたが、あれはもう神の領域を越しましたね(さすがに言いすぎw

お得意の液晶モニターをフル活用した情報案内、高級感あふれる車両、鍵がかかる荷物置き場・・・

ガイジンサンに

Welcome to Japan!!

と言わんばかりのWonderful trainですよ、アレは。(ルー●柴??てか古いよ・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


・・・なんか文章がグダグダになってしまいましたが、結局何が言いたかったのかというと、

古い車両が消えるのは確かに残念だけどさ、それによって鉄道がいいもんになっていくんだったら、それは喜ばしいことじゃね?

・・・とゆーことです。


だからなんだよ・・・って突っ込まれたらおしまいですが(笑

では。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ