2010/3/1

おっきいのとちっちゃいの  London Underground

ども。なんかすっかりiPhoneのアプリにハマってしまった管理人です(笑

ここんとこネタがなかったんで、更新せずにいてすいませんでした・・・。



さて、今日はロンドン地下鉄Piccadilly LineとMetropolitan Lineの西端、Uxbridgeのショッピングセンターに行ってきました。

地下鉄の終点・・・中心部から一時間とはいえど、あなどってはいけませんよ〜

車窓をぼんやり眺めてたら、

うおっ、牛がいる!!

一瞬目を疑いましたよ(笑

ロンドンの街がいかに狭いかが実感できますね。
京急の普通電車に品川から一時間揺られていたとして、たどり着くのは上大岡ですから(笑

上大岡に牛がうじゃうじゃいる訳ないですしね(笑



んで帰り道に、途中のRayners Lane駅で何枚か写真を撮ってきたんで、それを公開しやす。

クリックすると元のサイズで表示します
当駅どまりだったPiccadilly Lineが、引き上げ線で折り返しの準備をしているところ(左)と、それを追い越すMetropolitan Line(右)。
Picadilly Lineの運転士、新聞読んどる(笑

ちなみに、ここに来るPiccadilly Lineのうちの半分は当駅どまりです。


Metropolitan Lineはぐーたら日記初登場なんで、ちょっと解説をしやす(笑
Metropolitan Lineは、ロンドン中心部から北東部に伸びる路線で、どちらかというと近郊路線的なイメージが強いです。

その証拠として、使用車両であるA Stockは横2+3のボックスシート!!
イギリスでは最も大きい車両なんだそうです。(てかPiccadilly Lineとのサイズが違いすぎ・・・。この差は、地下区間の掘られ方の違いによるものです。)

ちなみにA Stockのデビューは1960年、且つ未だに全車現役という素晴らしい事態です(笑
ですがロンドンオリンピックに向けて、今年から新車に置き換えられるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
引き上げ線から出てくるPiccadilly Line。
これは1973年製ですが、何気に吊りかけ駆動です(笑

クリックすると元のサイズで表示します
いろいろアレですが、ちっちゃいもん同士(笑

クリックすると元のサイズで表示します
で、またこのアングルで撮って帰宅!!


今日は寒かったんで、手がかじかんであまりいい写真は撮れませんでした・・・。

1枚目と4枚目はトリミング済みですし(笑




では。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ