2011/2/1

Metropolitan三昧  London Underground

こんにちは。そして遅れてしまいましたが明けましておめでとうございます。
ロンドンでの生活も残すところ一年となってしまいましたが、本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて本日は、一月に更新できなかった分溜まってしまった撮影記をUPしていこうと思います。

まずは12月12日分。この日はMetropolitan Lineの新車、S Stockを狙って出掛けたのですが、残念ながら来ず。まぁ、近々引退する在来車A Stockを沢山撮れたということで良しとしますかね。

クリックすると元のサイズで表示します
並走する快速(右)と各駅停車(左)。Preston Road駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
Pinner駅に進入する各駅停車。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りの車内でA Stockの内装を撮影。いい雰囲気です。

12月20日。
この日もMetropolitan Lineに出没。
Harrow-on-the-Hill駅近くの公道から撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
日没ギリギリの時間だったので、露出が足りてませんね・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは当区間で地下鉄と並走・線路の共有をしている、Chiltern RailwaysのClass 165。

クリックすると元のサイズで表示します
お目当ての列車もやってきました!
ロンドン地下鉄初の冷房搭載車です!ちなみにその冷房は三菱製だとか。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてこれまた運のいいことに、この数日前にあったS Stockの甲種輸送(こちらでは単純に"Delivery"というようです)に使用された機関車の返却回送がやってきました!


12月23日。
この日もMetropolitan Lineを訪れたのですが、今回の目的は数多くある支線の一つ、Chesham Branchの撮影。

このChesham Branchは、唯一線内の折り返し運行をしている支線だったのですが、昨年12月12日のダイヤ改正で、全列車が本線との直通運用となり、その線内運用は廃止されてしまいました。
最終日となった11日は生憎用事があり撮影に行けなかったのですが、数日後に朗報が。
なんと「雪で本線のダイヤが乱れているが、その支線への影響を最小限に留めるため、Chesham Branchは当分の間折り返し運行を行う」というのです。

ということで、廃止直後に奇跡の復活を果たした線内運用を撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
支線の終着・Chesham駅。地下鉄では最も郊外から遠いZone9に位置し、無人駅・列車は4両(本線直通によって8両に変更)が30分に1本という放置のされっぷりです。

以前訪れたEppingよりも僻地なのかと思いきや、駅の近くにはショッピングストリートがあり、クリスマス前なこともあってか賑わっていました。

そして撮影開始。
クリックすると元のサイズで表示します
駅から伸びている遊歩道からの撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
これがその遊歩道。
撮影中に、横にある森林を鹿が駆け抜けていきました。
・・・やはりそれなりに僻地なんですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
そして折り返し。

クリックすると元のサイズで表示します
Chesham駅です。当然のごとく(?)駅利用者数はロンドン地下鉄最少です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅名表。もうここに来ることはないかな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本線との接続駅、Chalfont & Lamiterに到着した列車。

・・・と、昨年の撮影分は以上です。

今度の記事では、年始に訪れたスペインの旅行記を書こうと思います。

それではまた今度。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ