2010/11/22

一時帰国 2010秋 その2  京急線

10月26日
この日は文化祭の代休だったため、横浜急行氏、ただメカしとほぼ一日中鉄してました。


待ち合わせ場所に到着したのが集合時間ギリギリだったので、いきなり二人に怒られるかも・・・と思ったら、まさかの二人とも遅刻 笑

とりあえず6連のエアポート急行である83Dを撮影すべく、京急鶴見へ。
それにしても、いつの間にか鶴見東口がかなり開発されてて驚きました・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
最近電気連結器が撤去されたとかで話題になってますね。

クリックすると元のサイズで表示します
これは大師線関連の回送でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
銀1000の特急。カッコいい!!

クリックすると元のサイズで表示します
4連の1500形も本線の普通電車で活躍。

クリックすると元のサイズで表示します
新1000形初期車の回送。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ京急は12連だね!!

クリックすると元のサイズで表示します
そしてお目当て登場。界磁チョッパ車でしたが、これも徐々に減って行くのでしょうね。


この後は、京成などからの直通車を撮影すべく平和島へ。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか流したら成功しました 笑 
800形。

クリックすると元のサイズで表示します
C-Flyerも登場。

クリックすると元のサイズで表示します
京成3050形。初撮影です。

そして前回の一時帰国の際、平日の夕方に行ってしまったため、付近の某女子校の下校時間と見事に重なり大変な思いをした北品川へ。
今回は昼間でのリベンジです。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱこのアングルいいなー。都営5300形。

クリックすると元のサイズで表示します
新1000形普通と3050形エアポート快特。

クリックすると元のサイズで表示します
あきたこまちラッピングの2100形。

クリックすると元のサイズで表示します
C-Flyer再び登場。

クリックすると元のサイズで表示します
銀1000形の最新編成。

クリックすると元のサイズで表示します
京成3500形のエアポート快特。
羽田国際線ターミナル駅のホームドア云々で、一時期直通運用撤退が騒がれていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
2100形快特と1500形普通。

クリックすると元のサイズで表示します
800形の普通。

と、ここらで、チラホラと例の某女子校の生徒の姿が・・・。
はい、まさかの午前授業のようで。。 笑

本当はもうちょっと居たかったですが、こんな状況の中で撮影を続けるほどの勇気は私達にはないので、とりあえず品川で昼食をとってから東急へ行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します
電車を待っている間にこれが来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、この電車で横浜へ。

この後東横線の菊名〜妙蓮寺間に行くも、ススキがかなり伸びていたので撮影を断念。

おまけに雨も降ってきたので、ホーム端まで屋根のある自由が丘で大井町線を撮っていると・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
5119Fの出場回送が登場。これは嬉しい収穫!!

そして多摩川へ先回り。

クリックすると元のサイズで表示します
出場回送などの撮影はこれが初めてだったので、正直かなり嬉しかったです。

そして多摩川線のホームに降りてみると・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
何故だかは分かりませんが試運転列車がやってきました。
これまた嬉しい収穫。

この後追っかけて見たのですが、どうやら雪が谷大塚の車庫に入ってしまったようだったので断念。

そして解散し、私は親戚との食事へ向かい、他の二人は帰路へ就きました。



この日のスケジュールですが、今思い返してみるとかなり無駄があったような・・・。
横浜⇒鶴見⇒平和島⇒北品川⇒品川⇒横浜⇒菊名⇒自由が丘⇒多摩川⇒蒲田⇒多摩川⇒横浜

・・・です。さらに私はこの後、食事のため大井町に行きましたから、一体何回横浜と都内を往復したんだよっ!っていう話です。。

かなり時間と金を無駄にした気がします 笑



さてさて、今回は突然決まった一時帰国で学校の文化祭にも訪問させてもらった訳ですが、皆さん何の隔てもなく接していただき、また、今回の撮影など私のために色々してくださり、本当にありがたかったです。本当に感謝しています。


とりあえず今回の一時帰国の報告は以上です。
つぎの記事は、今日(11月21日)に行ったロンドン地下鉄の撮影記になると思います。

ではまた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ