日本を識ろう

見習いマーク付きの未熟者、タマネギ愛国者の談話室。
受信するだけの側から、少しでも発信する側になれる事を夢見て。
モットーは「是々非々」。政治スタンスは「やや右翼」。

 
人気blogランキングに参加しています。
みだりにクリックなさらず、厳しい視点でのご評価をお願いします。


 主に支持する政治家は「麻生太郎・安倍晋三・江田憲司」。
 天皇家皇位継承問題については「男系万世一系の護持」「GHQ措置による旧皇族離脱の無効化」による解決を望む。
 直間税比率問題については「消費税に軽減税率設定&各種間接税の完全統合」を絶対条件とする立場。間接税多重取りを撲滅せよ。
 経済政策については「TPP参加不要」「インフレターゲットによる将来景気の刺激」「国内生産・雇用への支援増強」を。
 あと、いまや十分“先進国”となった「中国・韓国への“経済支援”」は仕分けすら生ぬるい。最低でも5割、可能なら全カットでGO。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
タイトルが、大変過激なものになってしまいましたが、それでも、こう言わざるを得ません。文芸春秋4月号に、高橋紘氏が「現代版壬申の乱への危惧」などと、皇太子殿下、秋篠宮親王殿下にたいし、お睦まじいご兄弟の間をうんぬんするような無礼極まりないタイトルをつけ、...
 王政というものの不思議な部分は、それが実に穏やかな政治体制であることだろうか。
 その逆に大統領制や議会制、共和制をとってるところに悲惨な国家が多いように見受けられるのは気のせいではないはずだ。
 大統領や議会が存在するから大丈夫、というわけでないのは...
道州制の諮問が出た。皇室典範改悪問題、ゆとり教育。アメリカ発の価値観で、なぜか共産党・社民党・朝日新聞が賛成しているものが有る。逆に、そこに本質があるような気がするのは、私だけだろうか?
「日本を壊そう・ガタガタにしよう」という目論見がそこにあり、強烈...
サンデープロジェクト12日の討論で、所 功教授が「たらちね」という枕詞を取り上げ、「日本はもともと母系社会で中国から男系社会制度を取り入れた」などと言い出したのには、やれやれと・・・がっくり力が抜けてしまいました。古代について誰よりも知っているという自...
突然だが、「明治以降の終身天皇制における一世一元制が、女系天皇を「必然」としている」、という話をしよう。
このことは(私の知る限り)まだ誰も論じていないが、女系天皇という皇統断絶への、隠れた重大要因だと私は見ている。これは官僚が秘かに考えていることであ...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ