2021/10/18

映画「リスペクト」いよいよ公開  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

アリサ・フランクリンの伝記映画「リスペクト」がいよいよ、11月5日より日本で公開になります。

僕は幸い試写会で見ることができましたが、期待以上の出来でした。アリサに少しでも興味のある人はぜひ見てほしい、そう思います。

色々見どころはありますが、主演ジェニファー・ハドソンが素晴らしい。まずはそこに尽きると思います。彼女のアリサ役は、本人が生前指名したのだそうです。容姿を見る限りアリサとは全く似ていない彼女をなぜ?と思ってしまいますが、実際映画を見ると不思議なほど違和感がないんです。それは、なんと言っても、ジェニファーの圧倒的な歌唱力によるところが大きいと思います。この映画は、他の映画であるような吹き替えではなく、アリサの歌は全てジェニファーが歌っています。それが圧巻なのですよね。うまいだけでなく、ここはアリサが乗り移ったのかと思ってしまうような歌声を披露しています。

アリサの服装や、時代、場所の再現も違和感がなく(実際どこまで正確かは一度見ただけなので検証はしておりませんが)、アリサの世界に引き込まれる思いがしました。

映画は、アリサが10歳の頃、1952年から始まり、コロンビアからのレコード・デビュー、アトランティックへの移籍を経て1970年代に入るまでの時代が描かれています。先に公開された「アメイジング・グレイス」(2019年)、そして「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」(2013年)にもつながるシーンが登場するので、これらの映画を先に見ておくと、一層楽しめるでしょう。

少女時代のアリサを演じたスカイ・ダコタ・ターナーもよかったです。

アリサ役は本人に似ていないのですが、マッスルショールズでのセッションのシーンで登場するロジャー・ホーキンズやスプーナー・オールダムなど本人じゃないかと思うほど似てる人もいましたね。ジェリー・ウェクスラーやリック・ホールも雰囲気ありました。

始めの方で、ダイナ・ワシントン役で登場するのがメアリー・J・ブライジであることもポイントでしょう。

一度ざっくりと見て、もう一度細かく舐めるように見たい、そんな映画かもしれません。

これ以上詳しいことはネタばれになるのであえて言いません。
とりあえず11月5日になったら映画館へGOです。後悔はしないと思います。

しかし、今年は「アメイジング・グレイス」に続き、この映画が公開されるというアリサ・ファンには願ってもない展開。盛り上がってまいりましょう!

10月25日発売のブルース&ソウル・レコーズ誌がこの映画を大々的に取り上げています。そちらもあわせてどうぞ。

----

映画『リスペクト』
撮影:リーズル・トミー
制作:ハービー・メイソン・Jr.
   スコット・バーンスタイン
   ジョナサン・グリックマン
   ステイシー・シェア
制作総指揮:ジェニファー・ハドソン
   リーズル・トミー
   スー・ベイドン=パウエル
   アーロン・L・ギルバート
   ジェイソン・クロス
原案:カーリー・クーリ
   トレイシー・スコット・ウィルソン
脚本:トレイシー・スコット・ウィルソン
出演:アレサ・フランクリン:ジェニファー・ハドソン
   C・L・フランクリン:フォレスト・ウィテカー
   テッド・ホワイト:マーロン・ウェイアンズ
   バーバラ・シガーズ・フランクリン:オードラ・マクドナルド
   ジェリー・ウェクスラー:マーク・マロン
   ジェームズ・クリーヴランド:タイタス・バージェス
   アーマ・フランクリン:セイコン・センブラ
   キャロリン・フランクリン:ヘイリー・キルゴア
   ジョン・ハモンド:テイト・ドノヴァン
   ダイナ・ワシントン:メアリー・J. ブライジ
   サム・クック:ケルヴィン・ヘアー
   クララ・ウォード:ヘザー・ヘッドリー
   スモーキー・ロビンソン:ロドリック・D・コリンズ、他
   アレサ・フランクリン(少女時代):スカイ・ダコタ・ターナー
原題:Respect/2021/アメリカ・カナダ/英語/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/146分
字幕翻訳:風間綾平
(C) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/respect/
11月5日(金) TOHOシネマズ日比谷、他で全国ロードショー

サウンドトラック日本盤:2021年11月3日(水)発売予定
価格:2,750円(税込)
解説・歌詞対訳つき / 高音質ブルースペックCD2(Blu-spec CD2)仕様

0

2021/6/14

RIP Roger Hawkins 1945-2021  R&B/ソウル

マッスルショールズ・リズム・セクション(通称:ザ・スワンパーズ)のドラマー、ロジャー・ホーキンズが亡くなりました。75歳でした。

彼とザ・スワンパーズは、リック・ホールのフェイム・スタジオのセッション・ミュージシャンとして頭角を現し、パーシー・スレッジ、ウィルソン・ピケット、アリサ・フランクリンなどのレコードのその演奏を刻みました。

1969年には、バンドはリック・ホールから離れ、自らのマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオを立ち上げます。このスタジオではロック、ポップ系のアーティストも多くレコーディングを行い、1970年代にかけてボズ・スキャッグス、ローリング・ストーンズ、ステープル・シンガーズ、ポール・サイモンなど多くのアーティストの名作がこのスタジオから生まれました。ロジャーの演奏はその多くで聴くことができます。

ロジャー・ホーキンズは、5月20日、アラバマ州シェフィードの自宅にてなくなったそうです。75歳でした。慢性閉塞性肺疾患を含む複数の疾患で闘病中だったそうです。彼が亡くなったことで、スワンパーズで存命なのはベースのデイヴィッド・フッド一人となってしまいました。(キーボードのバリー・ベケットは2009年に、ギターのジミー・ジョンソンは2019年に他界しています。)

ロジャーとスワンパーズの活躍については、2013年の映画「Muscle Shoals(邦題:黄金のメロディ マッスル・ショールズ)」を見ることをお勧めします。ロジャーもインタビューで多く語っていて非常に面白い映画です。ウィルソン・ピケットが初めてフェイム・スタジオでレコーディングした際のことを語っているシーンで、「ドラマーがファンキーで素晴らしかった」と語っているのが印象に残ります。ザ・スワンパーズは全員白人でしたが、彼らはR&Bのスターたちをも満足させるグルーヴを持っていたのです。

映画「Muscle Shoals」
https://black.ap.teacup.com/sumori/1464.html
※これを書いた時点では日本公開は未定でしたが、翌2014年に公開になりました。

セッション・ミュージシャン、そしてスタジオの経営者のひとりとして活躍したロジャー・ホーキンズ。いわゆる裏方的存在ではありましたが、その存在は大きな大きな足跡を残しています。RIP。


----

ウィルソン・ピケットをも唸らせたファンキーなドラミング
1

2021/3/14

アリサ・フランクリンの幻の映画、遂に公開  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

アリサ・フランクリンが1972年、ロサンゼルスの教会で行ったゴスペル・コンサートを記録した映画「アメイジング・グレイス」が49年の歳月を経て、遂に日本で劇場で公開になります。

このコンサートは、当時2枚組のLPとしてアトランティック・レコードからリリースされ、ダブル・プラチナ・ディスクを獲得するヒットとなりました。このレコードはグラミー賞も受賞しており、いまだ最も売れたゴスペルのライヴ・アルバムと言われています。

当初は、映画も1972年に公開する予定で巨匠、シドニー・ポラックの監督の下で撮影が行われましたが、お蔵入りになってしまいました。というのも、ポラックは映像と音声の同期に必須なカチンコを使うのを忘れてしまい、技術的問題から映画が完成することはなかったのです。

その後2007年になり、元アトランティックのプロデューサー、アラン・エリオットがこのフィルムをワーナー・ブラザーズから買い取り、最新のデジタル技術を駆使した映画の完成に向けて動き出しました。

そして遂に同期に成功し、2011年に一度は公開に向けて動き出したものの、当初のお蔵入りの扱いに不満を抱いていたアリサ本人から差し止めの訴訟を起こされ、公開できない状況に。アリサは、出来上がった映画は見て出来上がりには満足していたものの、法的な問題が残っていると主張し、遂に生前、公開を承諾することはありませんでした。

そんな状況が変わったのは皮肉にも2018年、アリサが膵臓ガンのため他界したことがきっかけでした。アリサの遺族と映画会社の交渉がまとまり、同年11月、ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭などで限定的に初公開されました。そして翌年4月、欧米各地で公開となったのです。

通常のコンサートとは異なる、教会という独特な雰囲気の中でのコンサートは、1972年1月12日、13日の2日間に渡り行われました。場所は、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会。あのゴスペル界を代表するシンガー、ジェイムズ・クリーヴランドの教会で、黒人層が多く住むサウスセントラル地区に位置しています。バンドにはバーナード・パーディ(ds.)、コーネル・デュプリー(gt.)、チャック・レイニー(b.)といった強力なメンツに加え、教会のクワイアーも参加し、信者を前にまさに圧巻というにふさわしいパフォーマンスをします。

アルバムで音に慣れ親しんでいた人も、映像で見る迫力に心を揺さぶられるはずです。

ジェイムズ・クリーヴランドとの共演、クララ・ウォードやアリサの父、C.L.フランクリンの登場など、見どころ満載の90分。コンサート2日目には観客の中にミック・ジャガーとチャーリー・ワッツの姿も。

僕は2019年に国際線の機内上映で初めて見る機会を得ました。その際、オンデマンドであることをいいことに、興奮して立て続けに繰り返し見てしまったのを覚えています。やっと、大きな画面でこの迫力を味わえるかと思うと今からワクワクします。

映画の中で、ジェイムズ・クリーヴランドは、このようなコンサートが実現したことを「夢が叶った」とコメントしています。日本の音楽ファンにとっては、大袈裟に言えば、この幻の映画が49年の歳月を経て劇場公開になることこそ、夢が叶ったといえるのではないでしょうか。

公開は、5月28日(金)から随時全国のシネマで。お見逃しなく!



----

映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』
撮影:シドニー・ポラック(『愛と哀しみの果て』)
映画化プロデューサー:アラン・エリオット
出演:アレサ・フランクリン
   ジェームズ・クリーブランド
   コーネル・デュプリー(ギター)
   チャック・レイニー(ベース)
   ケニー・ルーパー(オルガン)
   パンチョ・モラレス(パーカッション)
   バーナード・パーディー(ドラム)
   アレキサンダー・ハミルトン(聖歌隊指揮)、他
原題:Amazing Grace/2018/アメリカ/英語/カラー/90分/
字幕翻訳:風間綾平
2018©Amazing Grace Movie LLC
配給:ギャガ GAGA★ 
公式サイト:http://gaga.ne.jp/amazing-grace/
5月28日(金) Bunkamuraル・シネマ他全国公開

----

映画の公開に合わせて、「Amazing Grace」のアルバムもコンプリート・エディションという形で出し直されています。大幅に収録曲が増えています。日本盤の発売は5月12日予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/11/2

追悼Rance Allen 1948-2020  R&B/ソウル

ゴスペル・シンガーのランス・アレンが10月31日、入院中のオハイオ州シルヴァニアの病院、ハードランド・アット・プロメディカにて亡くなったそうです。71歳。彼の妻エレンとマネージャーのトビー・ジャクソンが連名で明らかにしました。

死因は明らかにされていませんが、病気治療を受けて回復に向かう中でのできごとだったようです。

ランス・アレンは、1948年、ミシガン州モンローの生まれ。そのモンローで兄弟のトーマス、スティーヴ、エサウ(のちに脱退)とともに1970年代に結成したランス・アレン・グループを率いて活動したことで知られます。その後彼らは拠点をオハイオ州トレドに移し、1972年スタックス傘下のゴスペル・トゥルース・レーベルからアルバム「The Rance Allen Group」でレコード・デビュー。1980年代以降もティスコット・レーベルなどから作品をリリースし続けました。代表曲としては"Ain’t No Need of Crying” (1975年)、”Miracle Worker” (1991年)などがあります。


ランス・アレン・グループはランスのパワフルな歌声とソウルフルなサウンドで、ゴスペル界をリードするグループとなりました。ノリノリでファンキーなところは、ゴスペルという音楽の概念を塗り替えたのではないかと思います。

また、ランスはトレドの教会の牧師もつとめていました。2011年にはチャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライスト(COGIC)の司教の座に就いています。

71歳とはまだ亡くなるには若すぎです。近年も作品をリリースし続けていただけに一層残念です。僕も本当に大好きなグループでした。一度生で見てみたかったです。

RIP。

0

2020/9/27

モータウンの歴史を振り返るドキュメンタリー映画登場  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

デトロイトの小さな家を拠点に出発し、歴史に残るヒットを量産したレコード・レーベル、モータウン。

「メイキング・オブ・モータウン」は、創設者のベリー・ゴーディと副社長を務めたスモーキー・ロビンソンに密着し、ミュージシャン、ソングライター、スタッフなどの貴重な証言と名曲の映像でその歴史を振り返るドキュメンタリー映画です。この映画が米国で公開された2019年は、モータウンがタムラ・レコードとして出発した年からちょうど60年という節目の年でもあります。

この映画の特徴は、モータウンがいかにして成功を手に入れたのか、ベリー・ゴーディの経営者としての手腕に焦点を当てているところでしょうか。
音楽映画ではありますが、ある意味経営哲学を学ぶためのビジネス・セミナーのようでもあります。イントロの数秒でリスナーの心をつかまなければならないと、細部まで徹底的に拘りヒットにつなげていくゴーディはすごいなと思いましたが、ヒット至上主義的なマインドは、僕にはついていけないとも感じました。

でも、改めてすごいレーベルだなと思わせる見ごたえのある内容です。
色々な人が登場しますが、なんと言ってもゴーディとスモーキー・ロビンソンが楽しそうで。二人とも凄いパワフルですよね。


----

2019年製作/112分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Hitsville: The Making of Motown
配給:ショウゲート
日本公開:2020年9月18日より
監督:ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
製作:レオ・パールマン
出演:ベリー・ゴーディ
スモーキー・ロビンソン
スティーヴィ・ワンダー
エディ・ホランド
ブライアン・ホランド
ラモント・ドジャー
メアリー・ウィルソン
マーサ・リーブス
ザ・ジャクソンズ
ニール・ヤング
ジョン・レジェンド
製作総指揮:ベリー・ゴーディ
スティーブ・バーネット
エチオピア・ハブターマリアム
デビッド・ブラックマン
ミシェル・ジュベリエーレ
マーティン・バンダイアー
オフィシャルサイト http://www.makingofmotown.com/

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ