2020/5/13

追悼リトル・リチャード 1932-2020  ロック

クリックすると元のサイズで表示します
Little Richard at Long Beach Blues Festival
Sept. 2, 1996, CSULB, Long Beach, CA
(c)Masahiro Sumori. All rights reserved.

リトル・リチャード(本名Richard Wayne Penniman)の訃報は5月9日、週末の夜に突然入ってきました。Twitterのタイムラインは瞬く間にその話題で溢れていました。彼は同日、テネシー州タラホーマの親族の家で亡くなりました。骨ガンで闘病中だったとのことです。87歳でした。

でも、正直僕にはあまり驚きも衝撃もありませんでした。2013年に引退宣言をしてからどうしているのか伝わってきていませんでしたし、相当高齢だったので、「あぁ、そうか」と比較的冷静に受け止められました

新作に至っては1992年の高中正義との共演盤を最後に30年近く何も出していなかったので、引退する前から現役感はあまりなかったですし。でもやはり寂しいですね。

彼を初めて聴いたのがいつ、何だったのか、全く覚えていません。多分、”Lucille"か"Tutti Frutti”あたり?、あるいはビートルズがやった”Kansas City”のカヴァーの方が先だったか、どっちだろう?普通好きなアーティストを初めて聴いたときのことは覚えているんですが、彼のようにあまりにも有名でどこにでも流れていると、そうもいかない。気が付いたら耳にして踊っていた、そんな感じですかね。中学生の頃だと思います。

一度だけ彼を見る機会がありました。1996年、毎年行っていたカリフォルニア州のロング・ビーチ・ブルース・フェスティバルで彼がヘッドライナーを務めたのでした。演奏はダラダラでそんなによいと言えるものではなかったですが、その存在感たるや強烈でした。ピアノも歌も、振る舞いもまさにリトル・リチャード。こんな人は他にいないです。

□■当時書いたライヴ・レポート■□

彼が登場したときの異様な熱気は忘れられません。ブルース・フェスの出演者って普通、B.B.キングだろうとボビー・ブランドだろうと、どんな大物が出てきても、ブルースマンなんて知らない人は知らないじゃないですか。でも、アメリカでリトル・リチャードを知らない人はまずいない。あの熱気はそれを如実に示していました。”We love you Richard!”とあちこちから熱烈なリチャード・コールが起こる中、ふざけながら”Shut up!”と客に吐き捨てさらに盛り上がる、そんな感じ。

この日のセットは、彼が50年代に一緒にやっていたグレイディ・ゲインズと彼のバンド、テキサス・アップセッターズだったこともあり、リチャードはすごくノリノリだったのも印象に残っています。リチャードの前でグランドピアノに乗ってサックスをブロウしている有名な映像(1956年の映画「Don't Knock The Rock」)がありますが、その男がグレイディ・ゲインズです。このときも、同じ勢いでブロウしまくっていました。

グレイディも暴れる「Don't Knock The Rock」より


確か90年代の始めくらいだったと思いますが、リチャードの来日が決定したことがありました。新聞に広告が出たときは「おお!」と思いましたが、結局中止になりました。チケットが1万円くらいとあまりに高く、会場も日本武道館と大きかったので、そもそもの設定が無理があったのかも知れません。あまり宣伝もしていなかったようなので、多分売れなかったのでしょう。これ以降来日の話が出ることはなかったと思います。

彼のカバーをしたアーティストは数えきれないほどいますが、ひとつ印象に残っているのはフェントン・ロビンソンがやった”Directly from My Heart to You”です。これは本当に名演ですが、僕はオリジナルよりもこちらを先に知りました。



リチャードはジョージア州出身ですが、彼の黄金期、1950年代のスペシャルティ録音の多くはニューオーリンズのJ&Mスタジオで収録されています。参加したミュージシャンもリー・アレン(sax)やアール・パーマー(ds.)ら地元ミュージシャンなので、ニューオーリンズ感いっぱい。ピアノの相当部分はリチャード本人ではなくヒューイ・スミスあるいはエドワード・フランクが弾いていたと言われていますが、なぜリチャードを差し置いて彼らが呼ばれたんでしょうね。リチャードにはシャウトの方に専念してほしかったから?本人のプレイは気まぐれすぎたから?色々想像すると面白いです。

リチャードが亡くなり、50年代のロックンロール黄金期を彩ったスターで存命なのはジェリー・リー・ルイスとロイド・プライスくらいになってしまいました。50’sもそれだけ昔の話になってしまったんですね。
6

2019/10/28

追悼ポール・バレア 1948-2019  ロック

クリックすると元のサイズで表示します
Paul Barrere at New Orleans Jazz & Heritage Festival
May 5, 2006
Photo (c)Masahiro Sumori.

リトル・フィートのギタリスト、ポール・バレアが亡くなってしまいました。10月26日、ロサンゼルスのUCLA病院で息を引き取ったそうです。以前から肝臓を患っており、その合併症ということのようです。71歳でした。

悲しいというより驚いて唖然としました。というのもほんの2か月ほど前の8月から9月にかけてザ・ウェイト・バンドのゲストという形で久々に来日し、その姿を見たばかりだったから。そのときのバレアは、以前とは別人のようにやつれ、弱々しい印象でしたが、それでもギターはいい音で鳴っていましたし、逆に今だからの枯れた味わいがありました。

今後どれだけ活動が続けられるのだろう?と心配はしておりましたが、まさかこんなに早く終わりがきてしまうとは。

僕がリトル・フィートを初めて聴いたのは大学生の頃、多分再結成されるよりちょっと前くらいだったと思います。なので、ローウェル・ジョージ入りのフィートは完全に後追いでした。

彼らが解散しローウェルが亡くなった1979年、僕は中学生でロサンゼルスに住んでいて、ロックにはまり始めていた頃でした。しかし、当時は彼らのことは全く知りませんでした。リトル・フィートってLAのロック系のラジオ局で、滅多にかからないんですよ。地元なのにねぇ。ライ・クーダーなんかもそうですが、メジャー・レーベルから作品をリリースしていたとは言え、ちょっとマニアックでメインストリームからは外れた存在だったのでしょうね。ラジオでかかってくれていれば、もっと早くはまったかもしれません。

僕が最初にはまった作品がバレア加入前の「Sailin' Shoes」でした(これは今でも一番好きな作品です)。バレアが加入してからのフィートはだいぶサウンドが変わっていったこともあり、フィートを知った当初は彼に対してあまりいい印象がなかったのが率直なところでした。でも、再結成フィートの1作目「Let It Roll」を聴いて考えが変わりました。「カッコいいじゃん。しっかりフィートしてるじゃん」と思ったんですよね。

そして1989年、再結成フィートの来日公演を見に行き、その思いは一層強くなったのでした。彼らのサウンドは時とともに変化した部分もありますが、コアな部分ではバレア加入以前から一貫している気がします。そして、再結成後のフィートにおいては、そのサウンドの中心を担ってきたのがバレアだったと思うのです。

フィートはあまり来日回数は多くなかったですが、僕は再結成後の来日ツアーはどれも見に行っていますし、米国でも何度か見ました。先日の公演はフィートではなかったとは言え、実に7年ぶりの来日でした。

10月7日からはリトル・フィート50周年記念ツアーが再開される予定でしたが、直前になってポールは体調不良から不参加を表明していました。

そんな厳しい健康状況をおして、最後にもう一度来てくれて本当に感謝です。The Weight Bandと一緒にプレイした"Willin'"、感無量でした。

フィートの活動が停止していた1980年代のザ・ブルース・バスターズの2枚のアルバムも結構好きでした。あのバンドも結構フィートっぽい音になっていた、というかあれがポールのサウンドだったのでしょうね。

---

■The Weight Band来日公演レポート (2019.9.1、ビルボードライブ東京公演)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1858.html

クリックすると元のサイズで表示します
再結成後の最初の来日公演(1989年)チケット
3

2019/9/14

The Weight Band来日公演レポート  ロック

ザ・ウェイト・バンド。再結成後のザ・バンドを支えたギタリスト、ジム・ウィーダーが中心となって結成されたザ・バンドへのトリビュート・バンドです。彼らが来日をしたので見に行きました。

ザ・バンドの主要メンバーが他界し、活動休止から20年も経った今、トリビュート・バンドの来日と言われても正直全然ピンとこなかったのが率直なところです。見に行こうと思ったのは、ゲストにリトル・フィートのポール・バレアとフレッド・タケットがゲスト出演するからでした。

という訳で当初主役にあまり興味がなかったのですが、彼らのCDを聴いて、がぜん楽しみになって来ました。そのCD「The World Gone Mad」はザ・バンドの精神をしっかりと引き継いだサウンドを展開しつつも、主にオリジナルの新曲で構成されていて、演奏力はもちろん、曲のクオリティもかなり高いものだったのです。これ、かなりお勧めです。

一方、ポール&フレッドは、2012年のリトル・フィートの来日以来、久しぶりの来日でした。2015年には2人での来日が一度は決まったものの、ポールの体調不良のためキャンセルに。ポールは近年C型肝炎、肝臓ガンで活動の制限を余儀なくされてきたので、正直もう来日は無理だと思っていました。来てくれただけでありがとうなのです。

無理やり2組を1つにくっつけた感もあるこの公演。まずは、ポール&フレッドが登場。2人ともストラト系のエレキを持ち、フィートの”Down On The Farm”からスタートしました。ポールは見た目はやはりやつれた感じがしましたが、スライド・ギターの音もよく、まだまだ演奏はいけます。ヴォーカルにはかつての力強さはないものの、ブルージーな味わいを出していました。

ローウェル・ジョージのソロ・アルバムに収録された”Honest Man”(のちにフィートとしてもローウェル追悼アルバムで演奏)は、フレッドがリード・ヴォーカルを取りました。彼は、演奏する前に、この曲を書いた際のエピソードを紹介。アーカンソーの墓地を散歩していて”John Smith, Honest Man”という墓標を見つけ、LAに帰ってローウェルにそのことを話したら、彼は翌日には歌詞を書いていたそうです。ホーン・セクションの入ったファンキーなイメージの強いこの曲ですが、2人だけでやってもオリジナル・バージョンの雰囲気とさほど変わりませんでした。そこは流石です。

"Sailin’ Shoes”はザ・ウェイト・バンドのブライアン・ミッチェルがアコーディオンで加わり、渋いアコースティックなサウンドで決めました。続いてバンド全員が出てきてフィートの”Willin’”へ。やはりフィートと言えばこれですよね。

ここまで開始後30分あまり、もうこんな山場が来てしまっていいものでしょうか。ジーンと来てしまいました。

しかしフレッドは変わらないですね。30年くらい前と全く同じではないかと思うほど元気です。

ポール&フレッドはステージをいったん降り、ザ・ウェイト・バンドの部へ。ザ・バンドの曲を中心とした選曲に彼らのCD収録曲も織り交ぜながらの展開。ザ・バンドの曲ではリックが歌った曲はベースの人が歌い、リヴォンが歌った曲はドラマーが歌うなど、完全に役割作りができているのが律儀だなと思いました。キャラとしては別に似ているわけでも、モノマネをしているわけでもないんですが。

ザ・バンドではリード・ヴォーカルを取らなかったロビー役(ジム・ウィーダー)とガース役(マット・ザイナー)も別の曲で歌いました。全員がリード・ヴォーカルを取るってなかなかないですよね。

ブライアンが途中、「ニューオーリンズのピアニストたち、特にマック・レベナック(ドクター・ジョン)に捧げる」と言ってプレイした”Such A Night”。これは意外でしたが、いいドクター・ジョン追悼だったのではないでしょうか。

アンコールではバンドの面々と一緒にポール&フレッドも再び登場。”Dixie Chicken”のイントロが流れると客席も大いに沸きました。そして、"The Weight"に突入。1番の歌詞を歌ったのはなんとポール!2番以降はバンドの面々が順番に歌いましたが、ポールが入ったため、歌の役回りはザ・バンドとは異なっていました。

当然、この曲でフィナーレと思いましたが、曲が終わるとウィーダーが「もう1曲聴きたい?」と客席に問いかけ、透かさず、"I Shall Be Released"へ。他の公演では"The Weight"で締めていたようなので、これは最終公演ゆえのおまけだったのでしょう。

「ビッグ・ピンク」収録のしっとりとした雰囲気だとラストにはどうかな?という感じもありますが、ここではバンドの面々が"The Weight"同様交代で歌い、より明るくプレイしてくれました。思わぬサプライズでした。

終わってみれば公演時間110分という二部制のこの会場では異例の長さ。間違いなく、僕がここで見た公演の中では最長記録です。

1983年のザ・バンドの初来日公演を思い出しながら楽しませてもらいました。

----

THE WEIGHT BAND
with special guests: Paul Barrere and Fred Tackett
Sun., September 1, 2019 (2nd set)
Billboard Live Tokyo
19:30-21:20 (encore 20:55- )

=Paul Barrere & Fred Tackett=
1. Down on the Farm (Barrere-vo)
2. Candyman Blues (Barrere-vo)
3. Honest Man (Tackett-vo)
4. Sailin’ Shoes (Barrere-vo) with Brian Mitchell on accordion

=Paul Barrere & Fred Tackett with the Weight Band=
5. Willin’ (Barrere-vo)

=The Weight Band=
6. Stage Fright (Rogers-vo)
7. Common Man (Bram-vo)
8. Such A Night (Mitchell-vo)
9. Tears of Rage (Zeiner-vo)
10. World Gone Mad (Weider-vo)
11. Deal (Mitchell-vo)
12. Up on Cripple Creek (Bram-vo)
13. Chest Fever (Zeiner-vo)

-encore-
=Paul Barrere & Fred Tackett with the Weight Band=
14. Dixie Chicken (Barrere-vo)
15. The Weight (Barrere, Mitchell, Zeiner, Rogers, and Bram-vo)
16. I Shall Be Released (Mitchell, Zeiner, Rogers, and Bram-vo)

[Personnel]
Jim Weider - guitars, mandolin, vocals
Brian Mitchell - keyboards, organ, accordion, vocals
Matt Zeiner - keyboards, organ, vocals
Albert Rogers - bass, vocals
Michael Bram - drums, vocals
Paul Barrere - guitars, vocals
Fred Tackett - guitars, mandolin, vocals

【来日公演日程】
8月29日(木)ビルボードライブ大阪 1st Stage 18:30 / 2nd Stage 21:30
8月31日(土)ビルボードライブ東京 1st Stage 16:30 / 2nd Stage 19:30
9月1日(日)ビルボードライブ東京 1st Stage 16:30 / 2nd Stage 19:30
2

2019/6/18

Tedeschi Trucks Band来日公演レポート (2019)  ロック

クリックすると元のサイズで表示します

2019年、テデスキ・トラックス・バンドの来日ツアー、東京ドームシティー・ホールでの最終公演 (2019/6/16)をみました。

クリックすると元のサイズで表示します

彼らを見るのは3年ぶりでしたが、やはりデレク・トラックスのプレイは圧巻でした。しかし、これだけの大人数のバンドで度々来日している彼らは偉いと思います。この半分でも十分バンドとしては成り立つわけですが、音の厚みは、この編成だからこそ出せるもの。

コフィ・バーブリッジの後任、ゲイブ・ディクソンは前半は控えめに感じましたが、中盤でソロをとってから、後半ではBound for GloryやMidnight In Harlemなどで大いに活躍。コフィが亡くなってしまったのは残念ですが、バンドとしては後退した印象はありませんでした。

毎日セットリストを変更してくる彼ら。この日のセットでは新譜のタイトル曲からスタートしつつ、新旧織り交ぜた選曲を堪能しました。前日までやっていなかったAngel from Montgomeryを「父が好きだったこの曲を父の日にやる」とスーザンが言ってやってくれました。

圧巻は、アンコールのWith A Little Help from My Friends(ジョー・コッカー・バージョン)。スーザンのヴォーカルはこの日一番の力の入りようでした。思えば、3年前、東京とニューオーリンズで見た際もこの曲が締めだったのでした。

一方、マイク・マティソンは、最終日のせいか、かなり声が疲れていたんじゃないかなぁ。もともとハスキーな声の人ではありますが、それにしても声が潰れていて聴き苦しい感じでした。そのせいか、過去の公演より存在感を感じなかったのはちょっと残念。

Midnight in Harlemは、満月を映し出す演出もあり、非常に美しかった。最後に月が沈んでいくのもにくい!

クリックすると元のサイズで表示します


次回は、3年も待たせないでね。

----

Tedeschi Trucks Band
Sun., June 16, 2019
Tokyo Dome City Hall
16:00-18:10

[Setlist]
1. Signs, High Times
2. Part of Me
3. Right on Time
4. When Will I Begin?
5. Keep on Growing
6. Key To the Highway
7. Swamp Raga
8. Midnight in Harlem
9. I Want More
10. Leaving Trunk
11. Volunteered Slavery
12. Hard Case
15. Angel from Montgomery
14. Sugaree
15. Bound for Glory
〜Encore〜
16. Made Up Mind
17. With A Little Help from My Friends

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/6/5

Wild Chillun、レコ発ライヴ@高円寺JIROKICHI  ロック

クリックすると元のサイズで表示します

富山の木こりブルースマンとして人気を博すW.C.カラスが、2016年にギタリスト/シンガーのChihanaと結成したロック・バンド、Wild Chillun (通称ワイチル)。これまでも、両者のソロ公演と並行してライヴ活動を行っていましたが、2019年に入ってファースト・アルバム「Rock And Roll Fantasy」(P-ヴァイン)をリリース。春先からリリースに合わせたツアーを開始しました。東京では5月17日(金)、高円寺のJIROKICHIでゲストにKOTEZを入れて、レコ発ライヴを敢行しました。

クリックすると元のサイズで表示します

僕はこれまで両者を個別に見たことはありましたが、実はワイチルを見るのはこのときが初めて。ショーマンシップ溢れる、ギンギンのロックンロール・ショーでした。レコ発ライヴだけあって、新譜の曲は全曲披露。それに加え、カラス、Chihanaのソロ・レパートリーもやりました。”軍手の煮びたし”、”うどん屋で泣いた”など、カラスのレパートリーも、このバンドでやると新しい息吹が込められ、はち切れんばかりのパワーで溢れていました。ワイチルの新譜にもカラスのソロ・ナンバーのリメイクが4曲入っていますが、それらと同様に生まれ変わっていたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

豹柄の衣装に身を包んだカラスはピコ太郎かと見間違いましたが(あっ、そんなことはない?w)、ギターを置きスタンドアップ・シンガー的に歌い出すと、まるでソウル・ショー。先にカラスがTwitterにカラオケで狂ったように熱唱する”Piece of My Heart”の動画をあげていて、ただのおふざけかと思っていましたが、この日しっかり熱唱していましたw。

先日亡くなった遠藤ミチロウの"Just Like A Boy"を歌った際は、生前カラスが何度もミチロウさんに会っていたのに全然覚えてもらえなかったという逸話も披露。ミチロウさんの共演者でもあった岡本雅彦さんが「今度カラスとバンドを始めたんですよ」と言ったら、ミチロウさんは「???」だったとかw。「CDも渡したんだけど、聴いてもらえてないでしょうね」とお客さんの笑いを取っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲスト扱いのKotezも3曲目から早々に登場し、最後まで一緒に演奏していました。もはやゲストというより、レギュラー・メンバーのようでしたが、それは彼がワイチルが繰り出す曲に違和感なく溶け込んだプレイを展開していたからこそ。”うどん屋で泣いた”で梅津和時(sax)がプレイしていた旋律をハーモニカでやったのもよかったです。登場して最初の2曲は、Kotezがヴォーカルを取るリトル・ウォルター、スリム・ハーポのブルースで、ゲストとしての存在感もばっちり。

またこの数日後が誕生日だったカラスのために、ケーキを用意してみんなでハッピー・バースデイを歌う一幕も。

クリックすると元のサイズで表示します

賑やかにパワフルな演奏を展開したワイチルでしたが、決して奇をてらったことはやっていない。根底にあるのはシンプルで踊れるロックンロールです。これまでカラス、Chihanaを聴いてきたファンならば、違和感なく受け入れられるのではないでしょうか。

この日のJIROKICHI超満員で、レコ発ライヴだけあって終演後もサイン会で大賑わいでした。

今後、ワイチルはJIROKICHIでのライヴをゲストを入れた形で定例化するそうです。今後の予定は、6月15日(土)、ゲスト:リクオ(pf.)、7月26日(金)はゲストにうつみようこ(vo, g)を迎えて行うそうです。これも面白そうな取り合わせですね。

----

Wild Chillun
Rock And Roll Fantasyレコ発ライヴ
高円寺Jirokichi
Friday, May 17, 2019

1st set (19:35-20:18)
1. 獄つなぎのアニマル
2. Miles Away
3. I Just Keep Lovin’ Her (Kotez-vocals)
4. Raining In My Heart (Kotez-vocals)
5. ビターな気分で踊ろうぜ
6. 不眠の犬
7. Ace
8. 逆説のBlues

2nd set (20:43-21:50)
9. うどん屋で泣いた
10. バナナ
(Happy Birthday)
11. What Is Heaven?
12. Piece of My Heart
13. Just Like A Boy
14. Asphalt
15. 軍手の煮びたし
16. Rock & Roll Fantasy
-encore-
17. 今日も何とか切り抜けられた
18. Marvelous

[Personnel]
W.C.カラス - vocals, guitars
Chihana - guitars, vocals
岡本雅彦 - bass
宮坂哲生 - drums
with special guest:
Kotez - harmonica, vocals

【公式サイト】
WILD CHILLUN https://www.facebook.com/wildchillun/
W.C.カラス https://www.wckarasu.com/
Chihana http://www.chihana.org/

クリックすると元のサイズで表示します
𝐖𝐈𝐋𝐃 𝐂𝐇𝐈𝐋𝐋𝐔𝐍 𝐃𝐞𝐛𝐮𝐭 𝐚𝐥𝐛𝐮𝐦 "𝐑𝐨𝐜𝐤&𝐑𝐨𝐥𝐥 𝐅𝐚𝐧𝐭𝐚𝐬𝐲"
𝟐𝟎𝟏𝟗.𝟎𝟒.𝟐𝟒 𝐎𝐔𝐓

1.Rock&Roll Fantasy
2.獄つなぎのアニマル
3.Miles Away
4.What Is Heaven?
5.不眠の犬
6.ビターな気分で踊ろうぜ
7.Asphalt
8.逆説のBlues
9.今日も何とか切り抜けられた
10.Marvelous

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ